研究者
J-GLOBAL ID:201801017369359566   更新日: 2020年09月01日

青木 淳哉

アオキジュンヤ | Aoki Junya
所属機関・部署:
研究分野 (5件): 放射線科学 ,  救急医学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経内科学
研究キーワード (5件): MRI画像 ,  超音波検査 ,  カテーテル治療 ,  急性期脳梗塞治療 ,  脳神経内科
論文 (128件):
  • Junya Aoki, Kentaro Suzuki, Takuya Kanamaru, Akihito Kutsuna, Takehiro Katano, Yohei Takayama, Yuji Nishi, Yuho Takeshi, Toru Nakagami, Shinichiro Numao, et al. Association between initial NIHSS score and recanalization rate after endovascular thrombectomy. Journal of the neurological sciences. 2019. 403. 127-132
  • Junya Aoki, Yasuyuki Iguchi, Takao Urabe, Hiroshi Yamagami, Kenichi Todo, Shigeru Fujimoto, Koji Idomari, Nobuyuki Kaneko, Takeshi Iwanaga, Tadashi Terasaki, et al. Acute Aspirin Plus Cilostazol Dual Therapy for Noncardioembolic Stroke Patients Within 48 Hours of Symptom Onset. Journal of the American Heart Association. 2019. 8. 15. e012652
  • Yuki Sakamoto, Seiji Okubo, Chikako Nito, Yasuhiro Nishiyama, Satoshi Suda, Noriko Matsumoto, Junya Aoki, Takashi Shimoyama, Takuya Kanamaru, Kanako Muraga, et al. Ischemic stroke during anticoagulant interruption by healthcare professionals in stroke patients with atrial fibrillation. Journal of the neurological sciences. 2019. 400. 113-118
  • Yuki Sakamoto, Chikako Nito, Yasuhiro Nishiyama, Satoshi Suda, Noriko Matsumoto, Junya Aoki, Takashi Shimoyama, Takuya Kanamaru, Kentaro Suzuki, Yuki Go, et al. Accurate etiology diagnosis in patients with stroke and atrial fibrillation: A role for brain natriuretic peptide. Journal of the neurological sciences. 2019. 400. 153-157
  • Satoshi Suda, Junya Aoki, Takashi Shimoyama, Takuya Kanamaru, Kanako Muraga, Kentaro Suzuki, Yuki Sakamoto, Akihito Kutsuna, Takuya Nishimura, Noriko Matsumoto, et al. Characteristics of Acute Spontaneous Intracerebral Hemorrhage in Patients Receiving Oral Anticoagulants. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association. 2019. 28. 4. 1007-1014
もっと見る
書籍 (23件):
  • 急性期血行再建術1 血栓溶解療法 日本医大式 脳卒中ポケットマニュアル. p.126-128, 2018
    2018
  • 脳梗塞超急性期に対する治療 rt-PA.日獨医報.62:p.29-41, 2017
    2017
  • 血栓溶解療法.必携脳卒中ハンドブック改訂第3版. p.229-238, 2017
    2017
  • 脳血管障害発症直後の医療連携.救急搬送システム.日本医師会生涯教育シリーズ92. 146:p.59-61, 2017
    2017
  • DWI-FLAIR mismatch(Negative-FLAIR).分子脳血管病. 16:p.65-69, 2017
    2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • 急性期のTime Clock・組織予後と画像診断. 第44回日本脳卒中学会学術集会, 横浜:2019
    (2019)
  • rtPA静注療法.第42回日本脳卒中学会学術集会;大阪;2017.
    (2017)
  • 脳血管障害における画像検査.第34回日本画像医学会;東京;2015.
    (2015)
  • 発症からtPA療法までの時間は発症5年後の転帰に関連する独立した因子である,第2回心脳血管学会総会;徳島;2015.
    (2015)
  • rt-PAを用いた血栓溶解療法におけるMR検査と超音波検査,第16回日本栓子検出と治療学会;名古屋;2013
    (2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 川崎医科大学大学院生理系神経病態生理学II修了
  • 2003 - 福島県立医科大学医学部卒業
  • 1996 - 私立聖光学院高等学校(神奈川)卒業
学位 (1件):
  • 医学博士 (川崎医科大学)
経歴 (11件):
  • 2014/07 - 日本医科大学付属病院神経・脳血管内科
  • 2011/04 - 川崎医科大学附属病院脳卒中科
  • 2010/05 - 米国クリーブランドクリニック脳卒中センター
  • 2007/04 - 川崎医科大学附属病院脳卒中科
  • 2006/04 - 福島県立医科大学医学部附属病院神経内科
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2017/07 - 現在 日本脳神経超音波学会会員 評議員・査読委員
受賞 (2件):
  • 2015/05 - 日本神経学会 Excellent Teacher表彰
  • 2013/12 - 岡山県医師会 学術奨励賞
所属学会 (2件):
American Heart Association/American Stroke Association ,  日本神経治療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る