研究者
J-GLOBAL ID:201801017509572630   更新日: 2022年04月21日

森 恵子

モリ ケイコ | Mori Keiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.okayama-u.ac.jp/user/keimori
研究分野 (1件): 臨床看護学
研究キーワード (20件): クリティカルケア看護 ,  周手術期看護 ,  がん看護 ,  食道がん ,  がんリハビリテーション ,  質的研究 ,  災害看護 ,  移植看護 ,  アピアランスケア(脱毛) ,  成人看護 ,  Critical care nursing ,  Perioperative nursing ,  Oncology nursing ,  Esophageal cancer ,  Cancer rehabilitation ,  Qualitative research ,  Disaster nursing ,  Transplant nursing ,  appearance care( chemotherapy induced alopecia ) ,  Adult care nursing
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2021 - 2025 食道切除後術患者のサルコペニア予防を目的としたモバイルヘルスプログラムの開発
  • 2021 - 2025 レジリエンス促進支援を必要とする早期乳がん患者の特徴の解明
  • 2018 - 2023 胸部食道がん術後長期サバイバーに対する日常生活支援看護モデルの構築
  • 2022 - 2023 食道切除術を受ける食道がん患者のQOL関連要因~抑うつとSense of Coherenceとの関連
  • 2020 - 2023 災害時における在日外国人のセルフリスクアセスメント
全件表示
論文 (24件):
もっと見る
MISC (10件):
もっと見る
書籍 (10件):
  • 緩和・ターミナルケア看護論第2版
    ヌーベル・ヒロカワ 2011
  • がん化学療法・バイオセラピー看護実践ガイドライン
    医学書院 2009
  • がん看護コアカリキュラム
    医学書院 2007
  • シリーズ・基礎からの社会福祉5介護福祉概論
    ミネルヴァ書房 2005
  • 周手術期看護論
    ヌーベル・ヒロカワ 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (89件):
  • The “actual feeling of recovery” experienced at discharge by patients who have undergone gastrectomy for stomach cancer
    (EAFONS 2022:25th East Asian Forum of Nursing Scholars Conference 2022)
  • Perioperative physical activity and motivation for exercise among esophageal cancer patients
    (EAFONS 2022:25th East Asian Forum of Nursing Scholars Conference 2022)
  • 周術期食道癌患者の身体活動量に関連する因子の検討
    (第36回日本がん看護学術集会 2022)
  • 食道切除術を受けた患者の退院時における食行動への認識
    (第36回日本がん看護学術集会 2022)
  • 食道癌周術期における術前活動量の術後経過に対する影響
    (日本食道学会学術集会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2006 - 2012 岡山大学大学院 保健学研究科
  • 1983 - 1986 岡山大学医学部附属看護学校
学位 (1件):
  • 博士保健学 (岡山大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 岡山大学 学術研究院保健学域 教授
  • 2013 - 2020/03 浜松医科大学 医学部看護学科(急性・重症患者看護専門看護師コース専任教員) 教授
  • 2009/04 - 2013/03 徳島大学 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(がん看護専門看護師コース専任教員) 准教授
  • 2006/04 - 2009/03 浜松医科大学 医学部看護学科(急性・重症患者看護専門看護師コース専任教員) 講師
  • 1999/04 - 2006/03 岡山大学 医学部保健学科 助手
全件表示
受賞 (1件):
  • 2004/11 - 日本ME学会 第18回日本ME学会研究奨励賞 食道癌手術前後の嚥下機能変化におけるインピーダンス咽頭図(IPG)の有効性の検討
所属学会 (6件):
日本救急看護学会 ,  日本クリティカルケア看護学会 ,  日本看護学教育学会 ,  日本看護研究学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本がん看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る