研究者
J-GLOBAL ID:201801017627476637   更新日: 2021年07月31日

池田 考司

イケダ コウジ | Ikeda koji
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (8件): シティズンシップ教育 ,  生活綴方 ,  授業研究 ,  主権者教育 ,  教師教育 ,  交通教育 ,  社会科教育 ,  臨床教育学
論文 (34件):
  • 池田考司. 高校の多様化推進とオンライン化. 教育. 2021. 900. 44-51
  • 池田考司. 若者が語るネットの果たす役割. 教育. 2020. 897. 80-85
  • 池田考司. 新学習指導要領小学校社会を検討する. 民主主義教育21. 2020. 14. 137-143
  • 髙橋亜希子・池田考司. 高校の授業における生徒の自己表現と仲間づくり-教育困難校の「声の小さな生徒」への支援の試み-. 臨床教育学研究. 2020. 8
  • 池田考司. 高校生の道徳性の発達と授業-授業実践のふり返りから-. 北海道私立大学・短期大学教職課程研究連絡協議会会報. 2020. 39. 10-15
もっと見る
書籍 (15件):
  • 「公共」で主権者を育てる教育を
    同時代社 2021
  • もっと!少人数学級-豊かな学びを実現するためのアイデア-
    旬報社 2021
  • 感染症を学校でどう教えるか-コロナ禍の学びを育む社会科授業プラン-
    明石書店 2020
  • 未来の市民を育む「公共」の授業
    大月書店 2020
  • 憲法・人権の課題と新学習指導要領批判
    同時代社 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 交通教育の再検討-SDGs、地域公共交通という観点から-
    (日本カリキュラム学会第32回琉球大学Web大会 2021)
  • 自主サークルにおける非プログラム的な教師の成長
    (日本教育政策学会第26回大会 2019)
  • 格差社会の中での高校教育の役割-複数の「教育困難校」事例から-
    (日本教育学会第77回大会 2018)
  • 地域高校における困難を抱える生徒への発達支援の試み
    (日本教育方法学会第53回大会 2017)
  • 困難を抱える地域高校での発達支援の試み
    (日本教育方法学会第51回大会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2002 北海道大学 教育学研究科修士課程
  • 1981 - 1985 明治大学 政治学科
学位 (1件):
  • 教育学修士 (北海道大学大学院)
委員歴 (8件):
  • 2020/11 - 現在 日本臨床教育学会 副会長
  • 2020/10 - 現在 日本教育政策学会 年報編集委員
  • 2018/10 - 現在 日本臨床教育学会 理事
  • 2014/08 - 現在 教育科学研究会 副委員長
  • 2012/07 - 現在 北海道臨床教育学会 理事
全件表示
所属学会 (14件):
日本教育政策学会 ,  全国民主主義教育研究会 ,  教育科学研究会 ,  北海道教育学会 ,  北海道臨床教育学会 ,  日本生活指導学会 ,  日本教師教育学会 ,  日本社会科教育学会 ,  日本カリキュラム学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本教育学会 ,  日本臨床教育学会 ,  社会文化学会 ,  大学評価学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る