研究者
J-GLOBAL ID:201801017640631714   更新日: 2020年09月01日

中村 英樹

Nakamura Hideki
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 膠原病、アレルギー内科学
研究キーワード (3件): 油彩画 ,  HTLV-1 ,  シェーグレン症候群
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2022 HTLV-1のシェーグレン症候群病態形成への直接的関与
  • 2019 - 2021 科研費(基盤C)
  • 2016 - 2020 膠原病患者の外来におけるセルフマネジメントの現状及び介入効果の多角的検討
  • 2016 - 2019 シェーグレン症候群におけるHTLV-Iの作用点と分子機序を解明する多角的研究
  • 2015 - 2019 CTLA-4-Igの新たな作用を解析し次世代の治療標的の探索に繋げる基盤研究
全件表示
論文 (305件):
もっと見る
MISC (609件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • HTLV-1関連脊髄症(HAM)診療ガイドライン2019
    南江堂 2019
  • シェーグレン症候群の診断と治療マニュアル 改訂第3版
    診断と治療社 2018
  • リウマチ診療のための関節エコー活用ガイド
    診断と治療社 2015
講演・口頭発表等 (14件):
  • HTLV-1のシェーグレン症候群唾液腺上皮細胞への初期感染様式の検討
    (第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 2019)
  • 長崎市とその近郊におけるリウマチ医療連携について
    (静岡県西部地区膠原病治療談話会 2018)
  • シェーグレン症候群の治療:オーバービュー
    (第27回任本シェーグレン症候群学会学術集会 2018)
  • HTLV-1の唾液腺上皮細胞への初期感染様式の検討
    (第27回日本シェーグレン症候群学会 2018)
  • シェーグレン症候群唾液腺におけるHBZおよびtax発現について
    (第26回日本シェーグレン症候群学会学術集会 2017)
もっと見る
Works (4件):
  • 23回国際公募アート未来展絵画部門アート未来準大賞「試験場跡2018」
    中村英樹 2018 - 2018
  • 第62回県展洋画部門長崎新聞社賞「時の流れ」
    中村英樹 2017 - 2017
  • 第60回記念県展洋画部門長崎県町村会長賞「遺構、移ろう時」
    中村英樹 2015 - 2015
  • 第19回国際公募アート未来展絵画部門特選「碧い壁面」
    中村英樹 2014 - 2014
学歴 (1件):
  • - 現在 長崎大学
経歴 (1件):
  • - 現在 長崎大学 リウマチ膠原病内科 講師
委員歴 (6件):
  • 2018/03 - 現在 Clinical and Experimental Rheumatolology, Sjogren's syndrome, annual supplement editorial board
  • - 現在 日本神経学会HTLV-1関連脊髄症(HAM)診療ガイドライン作成委員会委員
  • - 現在 JCR International Scientific Committee
  • - 現在 九州リウマチ学会 運営委員
  • - 現在 日本リウマチ学会 評議委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2013/09 - 日本シェーグレン症候群学会 平成25年度(第5回)日本シェーグレン症候群学会賞
所属学会 (9件):
米国リウマチ学会 ,  日本免疫学会 ,  日本医療マネジメント学会 ,  日本臨床リウマチ学会 ,  日本臨床免疫学会 ,  日本HTLV-1学会 ,  日本シェーグレン症候群学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る