研究者
J-GLOBAL ID:201801017644179190   更新日: 2020年08月31日

加藤 泰彦

カトウ ヤスヒコ | Kato Yasuhiko
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.bio.eng.osaka-u.ac.jp/ez/
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  生態学、環境学 ,  形態、構造
研究キーワード (8件): 共生菌 ,  脱皮ホルモン ,  幼若ホルモン ,  性決定 ,  ノンコーディングRNA ,  ゲノム工学 ,  ミジンコ ,  環境適応
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2021 環境に応答して胚発生の司令塔オーガナイザーをオス化するシンギュラリティ細胞の同定
  • 2018 - 2020 環境応答により雌雄を産み分けるミジンコの性スペクトラム
  • 2017 - 2019 ミジンコの性決定を制御する長鎖ノンコーディングRNAの作動装置の解明
  • 2015 - 2017 ミジンコの性決定を制御する長鎖ノンコーディングRNAの機能解析
  • 2014 - 2016 環境による性決定遺伝子の発現調節メカニズムの解明-甲殻類ミジンコをモデルとして-
全件表示
論文 (14件):
  • Cabalzar AP, Fields PD, Kato Y, Watanabe H, Ebert D. Parasite-mediated Selection in a Natural Metapopulation of Daphnia Magna. Molecular Ecology. 2019. 28. 21. 4770-4785
  • Marin Ogawa, Atsuko Uyeda, Kazuo Harada, Yu Sato, Yasuhiko Kato, Hajime Watanabe, Kohsuke Honda, Tomoaki Matsuura. Class III Polyphosphate Kinase 2 Enzymes Catalyze the Pyrophosphorylation of Adenosine-5′-Monophosphate. ChemBioChem. 2019
  • Okamura K, Matsushita S, Kato Y, Watanabe H, Matsui A, Oka T, Matsuura T. In vitro synthesis of the human calcium transporter Letm1 within cell-sized liposomes and investigation of its lipid dependency. Journal of Bioscience and Bioengineering. 2019. 127. 5. 544-548
  • 加藤泰彦, 渡邉肇. 甲殻類ミジンコの性決定. 昆虫と自然. 2019. 54. 5. 4-7
  • Ismail NIB, Kato Y, Matsuura T, Watanabe H. Generation of white-eyed Daphnia magna mutants lacking scarlet function. 2018. 13. e0205609
もっと見る
MISC (1件):
  • KATO Yasuhiko, KOBAYASHI Kaoru, ODA Shigeto, TATARAZAKO Norihisa, WATANABE Hajime, IGUCHI Taisen. CLONING AND CHARACTERIZATION OF THE ECDYSONE RECEPTOR AND ULTRASPIRACLE PROTEIN FROM THE WATER FLEA, Daphnia magna. Proceedings of the Japan Society for Comparative Endocrinology. 2007. 22. 85-85
書籍 (3件):
  • Genome Editing and Engineering
    Cambridge University Press 2018 ISBN:9781316756300
  • General, Applied and Systems Toxicology
    John Wiley & Sons, Ltd. 2011 ISBN:9780470744307
  • 脱皮と変態の生物学
    東海大学出版会 2011 ISBN:9784486019046
講演・口頭発表等 (101件):
  • A 5 ́ UTR-overlapping lncRNA activates the male-determining gene doublesex1 in the Crustacean Daphnia magna
    (JAJ RNA 2018 2018)
  • オオミジンコの遺伝子操作法の開発と応用
    (東京薬科大学生命科学部25周年記念シンポジウム 2018)
  • オオミジンコにおける内分泌かく乱物質検出のためのGAL4/UASシステムの確立
    (第70回日本生物工学会大会 2018)
  • Visualization of ecdysteroid activities using genetically encoded reporter gene in Daphnia magna
    (第70回日本生物工学会大会 2018)
  • A 5 ́ UTR-overlapping LncRNA Activates the Male-determining Gene doublesex1 in the Crustacean Daphnia magna
    (第 20 回 日本 RNA 学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2005 東京薬科大学 大学院生命科学研究科
  • 1996 - 2000 東京薬科大学 生命科学部 環境生命科学科
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (東京薬科大学)
経歴 (5件):
  • 2020/05 - 現在 大阪大学 大学院工学研究科 講師
  • 2012/07 - 2020/04 大阪大学 助教
  • 2012/04 - 2012/06 大阪大学 特任研究員
  • 2009/04 - 2012/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2005/04 - 2009/03 自然科学研究機構 研究員
受賞 (1件):
  • 2016/12 - 第39回日本分子生物学会年会優秀ポスター賞
所属学会 (4件):
日本生物工学会 ,  日本動物学会 ,  日本RNA学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る