研究者
J-GLOBAL ID:201801017683691028   更新日: 2019年11月29日

宮口 英樹

ミヤグチ ヒデキ | Miyaguchi Hideki
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2005 - 認知症高齢者の生活リスクと不安・心配を軽減するリスク・コミュニケーション評価法の開発
  • 2010 - イメージを活用した新たなパーキンソン病体操の開発-日常生活活動における効果検証を中心に-
  • 2010 - 2012 運動イメージによる運動機能改善効果-大脳皮質脳活動バイオフィードバックの応用
  • 2003 - 2005 慢性期脳障害における回復機序の脳機能モニタリングによる解明と治療への応用
  • 1999 - 2001 在宅片麻痺患者・家族の不安の意識に注目した生活環境評価に関する研究
全件表示
論文 (56件):
  • t.tsuji y.tanaka m.kaneko 宮口 英樹. A Bio-mimetic Rehabilitation Aid for Reaching Movements Using Time Base Generator. International Journal of Machine Intelligence and Robotic Control. 2000. 2. 4. 141-149
  • 宮前 珠子 藤原瑞穂 宮口 英樹 堀 瑞穂. 作業療法理論の成り立ちと特性. 作業療法ジャーナル. 2003. 37. 7. 686-690
  • tatuya abe 宮口 英樹. Human Impedance Perception through Sensory-Motor Integration. J. Robotics and Mechatronics. 2003. 15. 2. 192-199
  • 白井 はる奈 藤原瑞穂 宮前 珠子. 重度認知症高齢者の笑い・笑顔表出に関する探索的研究. 作業療法. 2005. 24. 3. 253-261
  • 宮口 英樹. Analysis of human perception ability for robot impedance. Preprints of the 16th IFAC World Congress. 2005. We-M10-TO/4
もっと見る
書籍 (12件):
  • 認知運動療法入門
    協同医書出版社 2002
  • 高齢期の心を活かすー衣・食・住・遊・眠・美と認知症・介護予防-
    ゆまに書房 2006
  • 基礎作業学
    医学書院 2007
  • 標準作業療法学;基礎作業学(身体機能分野)、135-143
    医学書院 2007 ISBN:9784260002288
  • 日常生活活動 作業療法全書(改定第3版)
    協同医書出版 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 認知運動療法について
    (宮崎県作業療法士会学術研修会 2007)
  • ADL-focused Occupational-based NeurobehavioralEvaluation
    (社団法人 石川県作業療法士会 達人作業療法研修会 2012)
  • Discrepancies between objective assessment by OT and subjective self-evaluation by children onthe children’s athletic fluency
    (2014)
  • What should be communicated to students during skill training?
    (2014)
  • An Exploratory Study of Occupational Therapy for Acute Stroke Patients with ImpairedConsciousness
    (2014)
もっと見る
委員歴 (1件):
  • 2014/04 - 日本作業療法士協会 学会運営委員会委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る