研究者
J-GLOBAL ID:201801017721888817   更新日: 2021年04月06日

山吹 一大

ヤマブキ カズヒロ | Yamabuki Kazuhiro
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 高分子化学 ,  エネルギー化学
研究キーワード (1件): 高分子化学、超分子化学、電気化学
論文 (35件):
  • Fuga Kataoka, Tomoya Ishida, Kenji Nagita, Vijay Kumbhar, Kazuhiro Yamabuki, Masaharu Nakayama. Cobalt-Doped Layered MnO2 Thin Film Electrochemically Grown on Nitrogen-Doped Carbon Cloth for Aqueous Zinc-Ion Batteries. APPLIED ENERGY MATERIALS. 2020. 3. 5. 4720-4726
  • A. Aziz, N. Yoshimoto, K. Yamabuki, Y. Tominaga. Ion-conductive, thermal and electrochemical properties of poly(ethylene carbonate)-Mg electrolytes with glyme solution. Chemistry Letters. 2018. 47. 1258-1261
  • 山吹一大, 板岡加成恵, 新地崇大, 吉本信子, 上野和英, 堤 宏守. Soluble sulfur-​based copolymers prepared from elemental sulfur and alkenyl alcohol as positive active material for lithium-​sulfur batteries. Polymer. 2017. 117. 225-230
  • In-Tae Kim, Kazuhiro Yamabuki, Michinori Sumimoto, Hiromori Tsutsumi, Masayuki Morita, Nobuko Yoshimoto. Characteristics of tetrahydrofuran-?based electrolytes with magnesium alkoxide additives for rechargeable magnesium batteries. Journal of Power Sources. 2016. 323. 51-56
  • 山吹一大, 板岡加成恵, 吉本信子, In-Tae KIM, 堤 宏守. 次世代材料を用いたマグネシウム-硫黄二次電池実現の試み. 加工技術. 2016. 51. 7. 408-415
もっと見る
MISC (2件):
  • Tsutomu Oishi, Motohisa Azechi, Taisuke Shimogouchi, Kazuhiro Yamabuki, Kenjiro Onimura. Asymmetric polymerizations of (S)-N-maleoyl-L-phenylalanine derivatives bearing allyl groups and chiral recognition abilities of their polymers. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2011. 241
  • Tsutomu Oishi, Kazuhiro Yamabuki, Kenjiro Onimura. Asymmetric polymerization of maleimide bearing amino acid derivative and optical resolution ability of their polymers. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2009. 237
講演・口頭発表等 (70件):
  • 18および24員環構造を有する二元系クラウンエーテル化合物の合成とその挙動調査
    (第 35 回中国四国地区高分子若手研究会 2020)
  • 包接構造を利用したリサイクル可能なカーボンナノチューブ複合材料の開発
    (第 35 回中国四国地区高分子若手研究会 2020)
  • 逆加硫法を用いたクラウンエーテル修飾硫黄ポリマーの合成
    (第 35 回中国四国地区高分子若手研究会 2020)
  • BOC基をストッパーとした[2]rotaxaneの合成とメタセシス重合
    (第 35 回中国四国地区高分子若手研究会 2020)
  • クラウンエーテル/二級アンモニウム塩と二官能性芳香族ストッパーを用いたポリ[2]ロタキサンの合成
    (第 35 回中国四国地区高分子若手研究会 2020)
もっと見る
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 山口大学 大学院創成科学研究科物質工学系専攻 講師
  • 2016/04 - 2018/03 山口大学 大学院創成科学研究科物質工学系専攻 助教
  • 2010/05/18 - 2016/04/11 山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当助教
  • 2010/02/24 - 2010/05/17 山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当助教
受賞 (2件):
  • 2014/05 - 社団法人高分子学会 高分子研究奨励賞受賞者(2013年度) 新規包接高分子の合成と二次電池材料への応用
  • 2008/11 - 高分子学会 第17回ポリマー材料フォーラム優秀発表賞
所属学会 (2件):
公益社団法人電気化学会 ,  公益社団法人高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る