研究者
J-GLOBAL ID:201801017769883280   更新日: 2024年03月28日

美甘 章仁

ミカモ アキヒト | Akihito Mikamo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 心臓血管外科学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2022 - 2025 大伏在静脈グラフトに長期開存をもたらす、周囲脂肪組織の血管保護作用に関する研究
  • 2021 - 2024 血管新生因子を搭載した人工型エクソソームによる、難治性心疾患の新規治療法の開発
  • 2019 - 2022 心筋幹細胞移植による心機能再生メカニズム解明とcell-free再生治療法の開発
  • 2018 - 2021 低酸素刺激を併用した心筋幹細胞シート移植による重症心不全治療法の開発
  • 2015 - 2018 機能賦活化した心筋幹細胞シートによる重症心不全治療
全件表示
論文 (163件):
  • Toshiki Yokoyama, Ryo Suzuki, Hiroshi Kurazumi, Akira Tanaka, Hiroo Kawano, Akihito Mikamo, Eiji Ikeda, Kimikazu Hamano. Open surgical treatment for aortic arch and coronary artery aneurysms associated with immunoglobulin G4-related disease: a case report. General Thoracic and Cardiovascular Surgery Cases. 2023. 2. 1
  • Hiroshi Kurazumi, Ryo Suzuki, Shigeru Ikenaga, Hiroshi Ito, Akihito Mikamo, Hidenori Ghora, Kimikazu Hamano. Early and Late Surgical Outcomes after Geometrical Infarct Exclusion for Post-Infarct Ventricular Septal Perforation. Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia. 2023
  • 鈴木 亮, 美甘 章仁, 横山 俊貴, 松永 一真, 藏澄 宏之, 白澤 文吾, 濱野 公一. 経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)施行時の術前栄養状態(PNI)は長期予後に影響する. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2023. 123回. SF-3
  • 縄田 良祐, 鈴木 亮, 横山 俊貴, 坪根 咲里依, 松野 祐太朗, 蔵澄 宏之, 白澤 文吾, 美甘 章仁, 濱野 公一. 胸部大動脈瘤肺内穿破に対するin-situ reconstructionと肺葉切除後膿胸にUrokinaseおよび抗生剤胸腔内注入が有効であった1例. 日本心臓血管外科学会雑誌. 2023. 52. 2. 118-122
  • Hiroshi Kurazumi, Ryo Suzuki, Akihito Mikamo, Kimikazu Hamano. Reply from authors: The perivascular adipose tissue is a versatile "jacket" that the saphenous vein wears inherently. JTCVS techniques. 2022. 16. 107-108
もっと見る
MISC (135件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • Bilateral axillary perfusion for type A acute aortic dissection
    (Interactive CardioVascular and Thoracic Surgery 6(Supplment 1) 2007)
経歴 (2件):
  • 2012/10 - 現在 山口大学大学院 医学系研究科 器官病態外科学 准教授
  • 2010/05/18 - 2012/10/02 山口大学 医学部附属病院 大学院担当講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る