研究者
J-GLOBAL ID:201801017829078196   更新日: 2020年07月06日

西村 嘉人

NISHIMURA Yoshito
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://www.nishimu-lab.com/
研究分野 (2件): 言語学 ,  外国語教育
研究キーワード (5件): 応用言語学 ,  第二言語習得 ,  学習者コーパス ,  ライティング ,  英語教育
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2020 英文ライティングにおける「複雑さ・正確さ・流暢さ」の発達に関する縦断的研究
論文 (8件):
  • Nishimura, Y. Longitudinal network structure changes of linguistic features in L2 writing development: An exploratory study employing complex dynamic systems theory. Unpublished doctoral dissertation. 2020. 1-391
  • Tamura, Y, Fukuta, J, Nishimura, Y, Harada, Y, Hara, K, Kato, D. Japanese EFL learners' sentence processing of conceptual plurality: An analysis focusing on reciprocal verbs. Applied Psycholinguistics. 2019. 40. 1. 59-91
  • Nishimura, Y, Kawaguchi, Y, Abe, D. The relationship between complexity and fluency in L2 writing: An approach using network analysis. Language Education & Technology. 2018. 55. 171-198
  • Nishimura, Y, Tamura, Y, Fukuta, J. Network structures in L2 oral performance: A learner corpus study. ARELE: Annual Review of English Language Education in Japan. 2018. 29. 113-129
  • Nishimura, Y. Reconsidering construct measurement: Complexity, accuracy, and fluency as latent variables. Journal of the Chubu English Language Education Society. 2018. 47. 281-288
もっと見る
MISC (4件):
  • Sugiura, M, Nishimura, Y & Abe, D. Distinguishing L1 and L2 using three linguistic aspects: A logistic regression model study. Proceedings of the 4th Asia Pacific Corpus Linguistic Conference (APCLC 2018). 2018. 399-403
  • Nishimura, Y. The choice of syntactic complexity measures in L2 writing: Perspectives on construct validity. 2015年度外国語教育基礎研究部会報告論集. 2016. 1-12
  • 石井雄隆, 石井卓巳, 川口勇作, 阿部大輔, 西村嘉人, 草薙邦広. Writing MaetriXを用いた言語資源の構築と英語学習者のライティング・プロセスの解明. 外国語教育メディア学会第55回全国研究大会予稿集. 2015. 190-193
  • Tamura, Y, Fukuta, J, Nishimura, Y, Kato, D. Coordinated NPs agree with singular or plural in there-constructions? A comparison between NS and NNS in a self-paced reading task. JSLS 2015 Conference Handbook. 2015. 152-153
講演・口頭発表等 (25件):
  • Which linguistic features contribute to essay ratings and when? A preliminary study employing ordinal logistic regression analysis.
    (International Conference on Foreign Language Education & Technology (FLEAT VII). 2019)
  • エッセイライティングの自動評定と統語的複雑さの関係-ネットワーク分析による検討-
    (外国語教育メディア学会第58回全国研究大会. 2018)
  • ライティング自動評価システムを活用したライティング指導-縦断的学習者コーパスの構築に向けて-
    (外国語教育メディア学会第58回全国研究大会. 2018)
  • Linguistic traces of L2 processing difficulties found in learner corpus data: A quest for discriminant function between L1 and L2.
    (The 39th annual conference of the International Computer Archives of Modern and Medieval English (ICAME39). 2018)
  • 認知的アプローチに基づくパフォーマンス指標解釈の問題点-存在論的アプローチによる批判的検討-
    (外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会第5回年次例会. 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2020 名古屋大学 大学院国際開発研究科 博士後期課程
  • 2014 - 2016 名古屋大学 大学院国際開発研究科 博士前期課程
  • 2009 - 2014 東洋大学 文学部 英米文学科
学位 (3件):
  • 博士(学術) (名古屋大学)
  • 修士(学術) (名古屋大学)
  • 学士(文学) (東洋大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 松山大学 講師
  • 2018/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2016/04 - 2020/03 愛知工科大学自動車短期大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 2018/03 皇學館大学 非常勤講師
委員歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会 報告論集編集委員長
  • 2017/04 - 2019/03 外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会 部会長
所属学会 (4件):
外国語教育メディア学会 ,  中部地区英語教育学会 ,  全国英語教育学会 ,  英語コーパス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る