研究者
J-GLOBAL ID:201801017901837960   更新日: 2020年04月21日

清川 拓馬

キヨカワ タクマ | Kiyokawa Takuma
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
  • 千葉大学  大学院融合理工学府 
  • 石栄建物株式会社  介護研修担当   顧問
  • 一般財団法人健康医学協会  事務局産業保健部保健指導室   保健師
  • NPO法人生体機能探査推進機構  副理事長·事務局長
研究分野 (4件): 経営学 ,  生命、健康、医療情報学 ,  生体医工学 ,  基礎看護学
論文 (5件):
  • 香川 将大, 清川 拓馬, 木下 博恵, 根本 清次. 合図からの歩行開始に着目した歩行測定方法についての研究. 日本看護技術学会誌. 2019. 18. 115-122
  • 木下 博恵, 清川 拓馬, 根本 清次. 精油吸入による体性感覚及び認知機能への影響. 日本味と匂学会誌. 2019. 第53回大会Proceeding集. S81-S84
  • 清川 拓馬. 特定保健指導の指導効果に及ぼす要因の検討-メール支援の送受信間隔と腹囲・体重に注目した分析-. journal of Biofunctional Finding. 2019. 1. 1. 1-3
  • 清川 拓馬. 複合現実感の応用による看護技術教育法の研究-足浴法を主題とした教育技術の開発-. 宮崎大学大学院. 2016
  • Yoshinaga S, Kiyokawa T, Kuramoto E, Kinoshita H, Nemoto S. Physiological Evaluation of Childcare-Associated Muscle Load on the Neck and Shoulder Region in Japanese Women. Nursing research and practice. 2016. 2016. 1757094
MISC (7件):
  • 清川拓馬, 清川拓馬, 清川拓馬, 清川拓馬, 飯塚富子, 井上洋子, 佐藤寧子, 小池有紗, 佐々木明美, 鈴木順一, et al. 特定保健指導における準備・記録作業の省力化とその効果の検討. 人間ドック. 2019. 34. 2. 389-389
  • 清川拓馬, 清川拓馬, 清川拓馬, 清川拓馬, 飯塚富子, 小池有紗, 山下美幸, 佐々木明美, 鈴木順一, 香川将大, et al. 人間ドックにおける精密検査指示者への受診勧奨の取り組みとその結果について. 人間ドック. 2019. 34. 2. 397-397
  • 藏元恵里子, 藏元恵里子, 木下博恵, 清川拓馬, 吉永砂織, 根本清次. 高齢者・障がい者が自立しやすい排泄補助具の開発. 日本看護技術学会学術集会講演抄録集. 2015. 14th. 132-132
  • 藏元恵里子, 吉永砂織, 安部博史, 木下博恵, 香川将大, 清川拓馬, 高野一博, 武田龍一郎, 石田康, 根本清次. 感情喚起時における顔面電位トポグラフィの検討. 日本シミュレーション医療教育学会雑誌. 2015. 3. 79-80
  • 吉永砂織, 藏元恵里子, 木下博恵, 香川将大, 清川拓馬, 高野一博, 根本清次. 身体運動負荷と肩こりのシミュレーション化-筋電位トポグラフィによる身体負荷過程の可視化-. 日本シミュレーション医療教育学会雑誌. 2015. 3. 79
もっと見る
書籍 (2件):
  • 看護師国家試験学習支援ツール(第108回)
    放送大学 2019
  • 看護師国家試験学習支援ツール(第107回)
    放送大学 2018
講演・口頭発表等 (26件):
  • 精油吸入による脳幹から一次体性感覚野活動と認知機能への影響
    (日本味と匂い学会第53回大会 2019)
  • Development of muscle fatigue screening method using hemoglobin pigment component concentration
    (Biofunctional Finding Conference 2:B-CON2 2019)
  • The nursing histological study of the impact of synthetic snoring sound give to rest during sleep
    (Biofunctional Finding Conference 2:B-CON2 2019)
  • Present and Future Prospects of Research on Relationship between Walking out and Fallin
    (Biofunctional Finding Conference 2:B-CON2 2019)
  • 人間ドックにおける精密検査指示者への受診勧奨の取り組みとその結果について
    (人間ドック 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2018 - 現在 千葉大学大学院 創成工学専攻イメージング科学コース(博士後期課程)
  • 2014 - 2016 宮崎大学大学院 看護学専攻(修士課程)基盤システム看護学
  • 2010 - 2014 宮崎大学 看護学科
学位 (2件):
  • 修士(看護学) (宮崎大学)
  • 学士(看護学) (宮崎大学)
経歴 (13件):
  • 2019/07 - 現在 NPO法人生体機能探査推進機構 副理事長·事務局長
  • 2019/04 - 現在 東都大学 幕張ヒューマンケア学部看護学科 助手(専門基礎)
  • 2018/04 - 現在 一般財団法人健康医学協会 事務局産業保健部保健指導室 保健師(非常勤)
  • 2019/08 - 2020/03 千葉大学 大学院工学研究院 リサーチ・アシスタント(RA)
  • 2015/03 - 2019/06 生体機能探査推進機構 監事·事務局長
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019/12 - 第2回技術開発懇親会(T-CON2)事務局長
  • 2019/10 - 第1回技術開発懇親会(T-CON1)会長
  • 2019/09 - 第2回生体機能学術会議(B-CON2)事務局長
  • 2019/08 - 第2回生体機能研究会(B-CON1.2)事務局長
  • 2019/03 - 第1回生体機能研究会(B-CON1.1)事務局長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014/03 - 宮崎大学医学部 勝木賞
  • 2007/10 - 毎日新聞社、九州産業大学 第8回上野彦馬賞 佳作
所属学会 (4件):
日本人間ドック学会 ,  日本看護技術学会 ,  日本健康運動看護学会 ,  NPO法人生体機能探査推進機構
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る