研究者
J-GLOBAL ID:201801017915435660   更新日: 2021年06月22日

飯國 慎平

Iikuni Shimpei
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 薬系分析、物理化学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 レビー小体病の診断・治療に資するαシヌクレイン標的核医学イメージング法の開発
  • 2019 - 2021 クマリンを基盤とした炭酸脱水酵素IX標的がんセラノスティクス用薬剤の開発
  • 2016 - 2019 診断・治療を融合するTheranostics用多機能低分子キレート医薬品の開発
  • 2014 - 2017 脳アミロイドアンギオパチーを標的とする核医学分子イメージングプローブの開発
論文 (36件):
  • Hiroyuki Watanabe, Yuki Idoko, Shimpei Iikuni, Takuji Ide, Yoichi Shimizu, Yuji Nakamoto, Masahiro Ono. Synthesis and biological evaluation of novel 18F-labeled phenylbenzofuran-2-carboxamide derivative for detection of orexin 1 receptor in the brain. BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS. 2021. 43
  • Kazuma Nakashima, Shimpei Iikuni, Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono. Development of a novel radiotheranostic platform with a DOTA-based trifunctional chelating agent. CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2021
  • Shimpei Iikuni, Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono. Tumor-specific delivery of radioligands targeting carbonic anhydrase-IX utilizing albumin binder. NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY. 2021. 96-97. S25-S26
  • Hiroyuki Watanabe, Takeaki Kishimoto, Sho Kaide, Yuta Tarumizu, Haruka Tatsumi, Shimpei Iikuni, Masahiro Ono. Characterization and Optimization of Benzimidazopyrimidine and Pyridoimidazopyridine Derivatives as Tau-SPECT Probes. ACS MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS. 2021. 12. 5. 805-811
  • Shimpei Iikuni, Yuya Okada, Yoichi Shimizu, Hiroyuki Watanabe, Masahiro Ono. Modulation of the Pharmacokinetics of a Radioligand Targeting Carbonic Anhydrase-IX with Albumin-Binding Moieties. MOLECULAR PHARMACEUTICS. 2021. 18. 3. 966-975
もっと見る
MISC (56件):
  • 渡邊 裕之, 左海 汐梨, 志水 陽一, 飯國 慎平, 白川 久志, 金子 周司, 小野 正博. 多発性硬化症の画像診断を目的としたミエリン標的SPECTイメージングプローブの開発. 核医学. 2020. 57. Suppl. S152-S152
  • 安藤 正登, 志水 陽一, 飯國 慎平, 渡邊 裕之, 小野 正博. 99mTc標識2価リガンドを容易に調製可能とするHydroxamamide母核二官能性キレート剤の開発. 核医学. 2020. 57. Suppl. S152-S152
  • 中島 一磨, 飯國 慎平, 岡田 祐哉, 渡邊 裕之, 志水 陽一, 小野 正博. 炭酸脱水酵素IXを標的とした新規68Ga標識化合物の合成と評価. 核医学. 2020. 57. Suppl. S172-S172
  • 岡田 祐哉, 飯國 慎平, 渡邊 裕之, 志水 陽一, 小野 正博. 腎集積低減を目指した炭酸脱水酵素IXを標的とする放射性金属錯体の合成と評価. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 26I-pm18S
  • 井床 有希, 渡邊 裕之, 志水 陽一, 飯國 慎平, 小野 正博. オレキシン1受容体のPETイメージングを目的とした新規18F標識ベンゾフランおよびキノリン誘導体の合成と評価. 日本薬学会年会要旨集. 2020. 140年会. 27J-am03S
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る