研究者
J-GLOBAL ID:201801017995562640   更新日: 2020年06月09日

有川 宏幸

アリカワ ヒロユキ | Arikawa Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
論文 (24件):
  • 今井 まどか, 有川 宏幸, Imai Madoka, Arikawa Hiroyuki. 道徳教材「車いすの少年」に対する大学生の意識について. 新潟大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編. 2017. 10. 1. 47-53
  • 加藤 利奈子, 有川 宏幸, Kato Rinako, Arikawa Hiroyuki. 大学生の新型無侵襲的出生前遺伝学的検査 (non-invasive prenatal genetic testing; NIPT)に対する意識について. 新潟大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編. 2017. 10. 1. 41-46
  • 加茂川 文, 有川 宏幸, Kamogawa Aya, Arikawa Hiroyuki. 障害者アートに対する大学生の意識について : 作者の所属情報の有無が評価に与える影響. 新潟大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編. 2015. 8. 1. 51-58
  • 加茂川, 文, 有川 宏幸. 障害者アートに対する大学生の意識について- 作者の属性情報の有無が評価に与える影響について-. 新潟大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編. 2015. 8. 1. 51-58
  • 阿部愛, 有川宏幸, 長谷川拓人, 上野智尋, 林豊彦. i Padを使用した読み書 き困難児への漢字指導 の有効性に関する研究. 新潟大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編. 2015. 7. 2. 207-217
もっと見る
MISC (7件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 発達が気になる乳・幼児のこころ育て、ことば育て
    ジアース教育新社 2015 ISBN:4863713266
  • 障害児保育
    建帛社 2015 ISBN:9784767950297
講演・口頭発表等 (21件):
  • 大学生の車椅子利用者への援助行動に関する実験的研究-対人距離と傍観者介入の影響-
    (日本特殊教育学会大会発表論文集(CD-ROM) 2017)
  • アクセシビリティにおける車いすユーザーと学生の合理的配慮への意識について
    (日本特殊教育学会大会発表論文集(CD-ROM) 2017)
  • 「とけあい動作法」を用いたペアレントトレーニングの有効性について
    (日本特殊教育学会大会発表論文集(CD-ROM) 2017)
  • 出生前診断が大学生の障害理解に及ぼす影響についてアンケートによる意識調査とメディアによる影響をもとに
    (日本特殊教育学会大会発表論文集(CD-ROM) 2015)
  • "Nothing about us without us!"がもたらすもの : 障害者権利条約から見る特別支援教育(準備委員会企画シンポジウム4)
    (日本教育心理学会総会発表論文集 2015)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2004/09 - 日本特殊教育学会 日本特殊教育学会実践研究賞 自閉症児の小遣い帳記入時における指示待ち行動の変容-母親の言語援助への介入をとおして-
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る