研究者
J-GLOBAL ID:201801018016836006   更新日: 2021年10月21日

石村 亮輔

イシムラ リョウスケ | Ishimura Ryosuke
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www.juntendo.ac.jp/graduate/laboratory/labo/kikan_saibou/
研究分野 (2件): 病態医化学 ,  分子生物学
研究キーワード (3件): ユビキチン様タンパク質 ,  UBA5 ,  UFM1
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2022 UFM1修飾によるCYB5R3の機能変換とその異常による脳症発症機構の解明
  • 2018 - 2020 UFM1修飾システムの異常による重度発達障害発症機構の解明
  • 2016 - 2018 ユビキチン様分子Ufm1による生体制御
論文 (10件):
  • Lauren C. Briere, Melissa A. Walker, Frances A. High, Cynthia Cooper, Cassandra A. Rogers, Christine J. Callahan, Ryosuke Ishimura, Yoshinobu Ichimura, Paul A. Caruso, Nutan Sharma, et al. A description of novel variants and review of phenotypic spectrum in UBA5-related early epileptic encephalopathy. Molecular Case Studies. 2021. 7. 3. a005827-a005827
  • Macarena Cabrera-Serrano, David Joseph Coote, Dimitar Azmanov, Hayley Goullee, Erik Andersen, Catriona McLean, Mark Davis, Ryosuke Ishimura, Zornitza Stark, Jean-Michel Vallat, et al. A homozygous UBA5 pathogenic variant causes a fatal congenital neuropathy. Journal of Medical Genetics. 2020. 57. 12. 835-842
  • Nahorski MS, Maddirevula S, Ishimura R, Alsahli S, Brady AF, Begemann A, Mizushima T, Guzmán-Vega FJ, Obata M, Ichimura Y, et al. Biallelic UFM1 and UFC1 mutations expand the essential role of ufmylation in brain development. Brain. 2018. 141. 7. 1934-1945
  • Ryo Tamura, Kosuke Yoshihara, Tetsuya Saito, Ryosuke Ishimura, Juan Emmanuel Martínez-Ledesma, Hu Xin, Tatsuya Ishiguro, Yutaro Mori, Kaoru Yamawaki, Kazuaki Suda, et al. Novel therapeutic strategy for cervical cancer harboring FGFR3-TACC3 fusions. Oncogenesis. 2018. 7. 1. 4-4
  • Tamura Ryo, Yoshihara Kosuke, Saito Tetsuya, Ishimura Ryosuke, Martinez-Ledesma Emmanuel, Mori Yutaro, Yamawaki Kaoru, Suda Kazuaki, Ishiguro Tatsuya, Aoki Yoichi, et al. The significance of activated PI3K/AKT pathway in FGFR3-TACC3 fusion positive cervical cancer. CANCER RESEARCH. 2017. 77
もっと見る
MISC (2件):
  • 石村 亮輔, 植村 武文, 和栗 聡, 田中 啓二, 小松 雅明. 神経系におけるユビキチン様修飾システムUfm1システムの役割. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2015. 88回・38回. [4T17L-02(3P0393)]
  • 石村 亮輔, 田中 啓二, 小松 雅明. 細菌感染によるp62/Sqstm1を介したNrf2活性化機構の解明. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2014. 87回. [3P-276]
学歴 (1件):
  • 2014 - 2017 東京大学大学院
学位 (1件):
  • 博士(医科学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 順天堂大学 医学部 助教
  • 2017/10 - 2019/03 新潟大学 医学部 助教
  • 2017/04 - 2017/09 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2016/04 - 2017/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
受賞 (3件):
  • 2016/06 - 第57回 新潟生化学懇話会 奨励賞
  • 2015/12 - 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会 若手優秀発表賞
  • 2013/09 - 平成25年度東京都医学総合研究所 ポスター発表会優秀賞
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る