研究者
J-GLOBAL ID:201801018195508008   更新日: 2020年09月01日

中山 哲俊

Nakayama Akitoshi
所属機関・部署:
職名: 特任助教
ホームページURL (1件): https://www.m.chiba-u.ac.jp/class/moldiag/
研究キーワード (4件): p53 ,  分子生物学 ,  腫瘍生物学 ,  内分泌学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 オルガノイド培養を用いた難治性乳がんにおける休眠スイッチと悪性化分子機構の解明
論文 (9件):
  • Yoshida T, Nakayama A, Tamura A, Higuchi S, Sakuma I, Nagano H, Felizola SJA, Hashimoto N, Takemoto M, Tatsuno I, et al. A case of Hashimoto's thyroiditis with multiple drug resistance and high expression of efflux transporters. The Journal of clinical endocrinology and metabolism. 2019
  • Nagano H, Hashimoto N, Nakayama A, Suzuki S, Miyabayashi Y, Yamato A, Higuchi S, Fujimoto M, Sakuma I, Beppu M, et al. p53-inducible DPYSL4 associates with mitochondrial supercomplexes and regulates energy metabolism in adipocytes and cancer cells. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2018. 115. 33. 8370-8375
  • Ai Tamura, Tatsuki Ogasawara, Yoichi Fujii, Hiyori Kaneko, Akitoshi Nakayama, Seiichiro Higuchi, Naoko Hashimoto, Yui Miyabayashi, Masanori Fujimoto, Eri Komai, et al. Glucagonoma With Necrolytic Migratory Erythema: Metabolic Profile and Detection of Biallelic Inactivation of DAXX Gene. The Journal of clinical endocrinology and metabolism. 2018. 103. 7. 2417-2423
  • Hisashi Koide, Akina Shiga, Eri Komai, Azusa Yamato, Masanori Fujimoto, Ai Tamura, Takashi Kono, Akitoshi Nakayama, Tomoko Takiguchi, Seiichiro Higuchi, et al. Prednisolone-responsive postpartum IgG4-related hypophysitis. Internal Medicine. 2018. 57. 3. 367-375
  • Hidekazu Nagano, Yoshinori Nakagawa, Naofumi Ishikawa, Hiroya Watanabe, Yui Miyabayashi, Akitoshi Nakayama, Masanori Fujimoto, Eri Komai, Akina Shiga, Ai Tamura, et al. SEVEN FAMILIAL DYSALBUMINEMIC HYPERTHYROXINEMIA CASES IN THREE UNRELATED JAPANESE FAMILIES AND HIGH-PERFORMANCE LIQUID CHROMATOGRAPHY ANALYSIS OF THE THYROXINE BINDING PROFILE. ENDOCRINE PRACTICE. 2017. 23. 11. 1325-1332
もっと見る
MISC (120件):
  • 中山哲俊, 永野秀和, 田中知明. 乳がん悪性化分子基盤におけるp53,RB,GATA3ネットワークの役割. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 1. 372
  • GUZHANUER Ailiken, 落岩寛明, 中山哲俊, ALIMASI Aersilan, 永野秀和, 大久保秀一, 田中知明. がんのアポトーシス誘導におけるc-Myc依存的NOXAの転写活性化機構. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 1. 428
  • ALIMASI Aersilan, 橋本直子, 姚躍, 高躍, 中山哲俊, 関直彦, 田中知明. がん抑制遺伝子p53シグナルに及ぼすmiR-874の役割. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 1. 428
  • 佐野恭平, 永野秀和, 坪坂歩, 中山哲俊, 橋本直子, 樋口誠一郎, 田中知明. ゲノムワイド解析から明らかとなったCTNNB1 deletion変異を有するコルチゾール産生腺腫の病態解析. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 1. 501
  • 田村愛, 田村愛, 石渡一樹, 石渡一樹, 石田晶子, 石田晶子, 出口ハンナ, 出口ハンナ, 大和梓, 藤本真徳, et al. ヒトES細胞におけるがん抑制遺伝子p53誘導性長鎖非コードRNAの同定とその機能解析. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 1. 474
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • 乳がん悪性化分子基盤に対するp53,RBネットワークとGATA3結合因子RuvBL2の役割
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • Mechanistic Role of p53-RB-GATA3 Network in Regulation of Malignant Signatur e for Breast Cancer Formation
    (第78回日本癌学会学術総会 2019)
  • 乳がん悪性化分子基盤におけるp53,RB,GATA3ネットワークの役割
    (第92回日本内分泌学会学術総会 2019)
  • 乳がん悪性化形質に対する癌抑制遺伝子p53,RB,GATA3ネットワークの役割
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 乳癌の悪性形質転換調節におけるp53-GATA3-RuvB2経路の機能的役割
    (第77回日本癌学会学術総会 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2012 - 2016 千葉大学 先端医学薬学専攻(医学)
学位 (1件):
  • 博士(医学) (千葉大学)
経歴 (3件):
  • 2018/05 - 現在 千葉大学 大学院 医学研究院 分子病態解析学 特任助教
  • 2018/04 - 2018/04 千葉大学 大学院 医学研究院 分子病態解析学 特任研究員
  • 2016/04 - 2018/03 千葉大学 大学院 医学研究院 細胞治療内科学 特任研究員
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本癌学会 ,  日本内分泌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る