研究者
J-GLOBAL ID:201801018254518225   更新日: 2024年04月26日

木村 康明

キムラ ヤスアキ | Kimura Yasuaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 生体化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  ケミカルバイオロジー
研究キーワード (4件): 核酸医薬 ,  RNA ,  ケミカルバイオロジー ,  核酸化学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2022 - 2029 動的元素効果デザインによる未踏分子機能の探究
  • 2022 - 2026 ジスルフィドを利用したオリゴ核酸デリバリー法の深化と技術拡張
  • 2020 - 2022 共有結合医薬の副作用回避を可能とする分子設計戦略
  • 2018 - 2020 標的酵素で活性化される共有結合医薬の開発
  • 2016 - 2019 核酸鋳型化学反応の遷移状態制御に基づく触媒回転数の向上
全件表示
論文 (38件):
  • Sana Ohashi, Mayu Nakamura, Susit Acharyya, Masahito Inagaki, Naoko Abe, Yasuaki Kimura, Fumitaka Hashiya, Hiroshi Abe. Development and Comparison of 4-Thiouridine to Cytidine Base Conversion Reaction. ACS Omega. 2024. 9. 8. 9300-9308
  • Kohei Nomura, Kaoru Onda, Hirotaka Murase, Fumitaka Hashiya, Yukiteru Ono, Goro Terai, Natsuhisa Oka, Kiyoshi Asai, Daisuke Suzuki, Naho Takahashi, et al. Development of PCR Primer Enabling the Design of Flexible Sticky Ends for Efficient Concatenation of Long DNA Fragments. RSC Chemical Biology. 2024
  • Fumitaka Hashiya, Hirotaka Murase, Akash Chandela, Haruka Hiraoka, Masahito Inagaki, Yuko Nakashima, Naoko Abe, Mayu Nakamura, Goro Terai, Yasuaki Kimura, et al. The effect of γ phosphate modified deoxynucleotide substrates on PCR activity and fidelity. ChemBioChem. 2023. 24. e202200572
  • Shogo Hasegawa, Masahito Inagaki, Shunichi Kato, Zhenmin Li, Yasuaki Kimura, Hiroshi Abe. Synthesis of nucleoside oligophosphates by electrophilic activation of phosphorothioate. Organic & Biomolecular Chemistry. 2023. 21. 3997-4001
  • Lyu, F., Tomita, T., Abe, N., Hiraoka, H., Hashiya, F., Nakashima, Y., Kajihara, S., Tomoike, F., Shu, Z., Onizuka, K., et al. Topological capture of mRNA for silencing gene expression. Chemical Communications. 2023. 59. 11564-11567
もっと見る
MISC (9件):
  • 馬場麟太郎, 野村浩平, 阿部奈保子, 安成鎮, 小林芳明, 程久美子, 橋谷文貴, 木村康明, 阿部洋, 阿部洋, et al. 新規2′修飾核酸によるsiRNAの標的特異性の向上. 中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集. 2021. 52nd (CD-ROM)
  • 福井竜介, 新美結士, 片倉秀雄, 鈴木哲郎, 村上努, 児玉栄一, 木村康明, 阿部洋. ウイルスタンパク質の活性をトリガーとした新規不可逆阻害剤の開発. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2019. 139th. 2. ROMBUNNO.23K-pm11-103
  • 村上努, 木村康明, 新美結士, 藤野真之, 片倉秀雄, 鈴木哲朗, 児玉栄一, 阿部洋. ウイルスポリメラーゼの不可逆阻害を目指した新規2′-&βセレノ核酸アナログの創製. 日本エイズ学会誌. 2018. 20. 4. 468-468
  • 村上 努, 木村 康明, 新美 結士, 藤野 真之, 片倉 秀雄, 鈴木 哲朗, 児玉 栄一, 阿部 洋. ウイルスポリメラーゼの不可逆阻害を目指した新規2'-&βセレノ核酸アナログの創製. 日本エイズ学会誌. 2018. 20. 4. 468-468
  • Shishido Yuko, Tomoike Fumiaki, Kimura Yasuaki, Kuwata Keiko, Yano Takato, Fukui Kenji, Fujikawa Haruka, Sekido Yoshitaka, Murakami-Tonami Yuko, Kameda Tomoshi, et al. Development of glutathione S-transferase (GST) covalent inhibitor. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2018. 255. .
もっと見る
特許 (6件):
  • β修飾リン酸化合物前駆体、β修飾リン酸化合物、反応阻害剤及びこれを含む医薬並びに反応阻害方法
  • 核酸モノマー
  • マイクロRNAプロセシング活性の検出方法及びその応用
  • マイクロRNAプロセシング活性の検出方法及びその応用
  • マイクロRNAプロセシング活性の検出方法及びその応用
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2008 - 2013 東京大学大学院 薬学系研究科 分子薬学専攻
  • 2004 - 2008 東京大学 理科二類/薬学部
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2022/06 - 現在 名古屋大学 大学院理学研究科 准教授
  • 2020/07 - 2022/05 名古屋大学 高等研究院 講師(兼任)
  • 2020/07 - 2022/05 名古屋大学 大学院理学研究科 専任講師
  • 2017/06 - 2020/06 名古屋大学 高等研究院 助教(兼任)
  • 2015/07 - 2020/06 名古屋大学大学院 理学研究科 助教
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/11 - 日本核酸化学会 大塚賞
  • 2011/10 - 公益財団法人MSD生命科学財団 大津会議アワードフェロー
所属学会 (5件):
日本ケミカルバイオロジー学会 ,  日本核酸化学会 ,  日本薬学会 ,  日本化学会 ,  日本核酸医薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る