研究者
J-GLOBAL ID:201801018333869114   更新日: 2024年06月05日

金光 昌史

カネミツ アツシ | Takahashi-KANEMITSU Atsushi
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 順天堂大学  大学院医学研究科(中谷生体空間オミクス医療解析拠点)   助教
  • 順天堂大学  医学部(生化学第2講座)   助教
ホームページURL (2件): http://www.dbsb.sciencehttps://www.researchgate.net/profile/Atsushi_Takahashi-Kanemitsu
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  腫瘍生物学
研究キーワード (12件): 細胞老化 ,  個体老化 ,  組織透明化 ,  ラボオートメーション(実験自動化) ,  遺伝子改変マウス ,  がんオルガノイド ,  細胞内シグナル伝達 ,  上皮細胞極性 ,  タンパク質リン酸化 ,  CagA ,  ヘリコバクター・ピロリ ,  発がん
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2024 - 2025 1細胞解像度以上の全胃全細胞アトラスの構築に向けたマウス胃のホール3次元蛍光イメージング
  • 2023 - 2024 多細胞システム解明に向けた技術開発と再生医学・疾患研究応用
  • 2022 - 2023 ピロリ菌に対する宿主応答による胃発がん機序の解明
  • 2022 - 2023 多細胞システム解明に向けた技術開発と再生医学・疾患研究応用
  • 2019 - 2022 胃上皮オルガノイドを用いた平面内細胞極性動態解析系の創出による胃発がん機序の解明
全件表示
論文 (17件):
  • 金光 昌史, 畠山 昌則. Helicobacter pyloriがんタンパク質CagAが引き起こす胃がん発症のメカニズム. Japanese Journal of Helicobacter Research. 2024. 26. 1
  • Akira L Yoshikawa, Takaki Omura, Atsushi Takahashi-Kanemitsu, Etsuo A Susaki. Blueprints from plane to space: outlook of next-generation three-dimensional histopathology. Cancer Science. 2024
  • Ippei Kikuchi, Yusuke Iwashita, Atsushi Takahashi-Kanemitsu, Michinori Koebisu, Atsu Aiba, Masanori Hatakeyama. Coevolution of the ileum with Brk/Ptk6 family kinases confers robustness to ileal homeostasis. <I><b>Biochemical and Biophysical Research Communications</I></b>. 2023. 676. 190-197
  • Atsushi Takahashi-Kanemitsu, Mengxue Lu, Christopher Takaya Knight, Takayoshi Yamamoto, Takuo Hayashi, Yusuke Mii, Takuya Ooki, Ippei Kikuchi, Akira Kikuchi, Nick Barker, et al. The Helicobacter pylori CagA oncoprotein disrupts Wnt/PCP signaling and promotes hyperproliferation of pyloric gland base cells. Science Signaling. 2023. 16. 794. eabp9020
  • Kamurunnesa Tahmina, Narumi Hikawa, Atsushi Takahashi-Kanemitsu, Christopher T Knight, Kengo Sato, Fumiko Itoh, Masanori Hatakeyama. Transgenically expressed Helicobacter pylori CagA in vascular endothelial cells accelerates arteriosclerosis in mice. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022. 618. 79-85
もっと見る
MISC (2件):
  • 金光 昌史, 盧 夢雪, 畠山 昌則. ピロリ菌のがんタンパク質CagAはWnt/PCPシグナル伝達を脱制御し、胃幽門腺底部の細胞増殖を異常亢進する. Japanese Scientists in Science Signaling 2023「シグナリングに載った日本人研究者 2023」. 2024
  • Atsushi Takahashi-Kanemitsu, Mengxue Lu, Christopher Takaya Knigh, Takayoshi Yamamoto, Takuo Hayashi, Yusuke Mii, Takuya Ooki, Ippei Kikuchi, A. 表紙画掲載 <I>Science Signaling</I> 16(794), 2023. <I><B>Science Signaling</I></B>. 2023. 16. 794. eabp9020
書籍 (6件):
  • セルオミクスが実現するオルガノイドの全細胞解析
    <B>実験医学 増刊</B>「オルガノイドがもたらすライフサイエンス革命」あなたの研究に、どう使う?進化と深化を生む未来型研究30選[武部貴則/編]・羊土社 2024 ISBN:9784758104173
  • ピロリ菌感染が引き起こす胃上皮幹細胞ニッチにおける平面内細胞極性の脱制御
    <b>実験医学</b> 「AI・シュミレーションによる科学的発見は可能か?」Current Topics 2024年1月号 42(1)・羊土社 2023 ISBN:9784758125758
  • ピロリ菌CagAが主導する胃発がんスパイラルにおけるHippo経路の役割
    <b>実験医学</b>「発生・器官形成、がん悪性化に関わるHippoシグナル」33(18)・羊土社 2015
  • Hippo経路のエフェクター分子YAPおよびTAZによるがんタンパク質SHP2の機能制御
    <b>細胞工学</b>「新メカノトランスダクション」33(9) Special Review・学研メディカル秀潤社 2014
  • チロシンホスファターゼSHP2による核における基質タンパク質parafibrominを介したWnt経路の活性化
    <b>ライフサイエンス新着論文レビュー First Author’s</b> 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • <i>H. pylori</i> CagAの新規撹乱標的Wnt/Planar cell polarityシグナルを介した胃発がん促進メカニズム
    (<b>第30回 日本ヘリコバクター学会学術集会</b> 2024)
  • A novel prooncogenic activity of <i>Helicobacter pylori</i> CagA oncoprotein: Deregulation of Wnt/Planar cell polarity signaling by VANGL inhibition. [Young Investigator Award Lecture]
    (<b>The 20th Japan-Korea Joint Symposium on <i>Helicobacter</i> Infection</b> 2024)
  • ヘリコバクター・ピロリのがんタンパク質CagAはWnt/PCPシグナルを脱制御して胃がん発症を促進する
    (<b>2024年度 日本生化学会関東支部例会</b> 2024)
  • <I>Xenopus</I>胚の形態解析から同定したピロリ菌CagAの新規標的Wnt/PCPシグナルを介した胃発がん促進機序
    (<b>第71回 日本実験動物学会総会</b> 2024)
  • ヘリコバクター・ピロリのがんタンパク質CagAは胃上皮幹細胞の運命制御を撹乱して胃発がんを促進する
    (<b>ゲノム・再生医療センター研究成果報告会</b> 2024)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2009 - 2011 東京大学 大学院医学系研究科 微生物学(畠山昌則 教授) 特別研究学生
  • 2006 - 2011 北海道大学 大学院理学院(化学専攻)博士課程 遺伝子病制御研究所 分子腫瘍学(畠山昌則 教授)
  • 2004 - 2006 北海道大学 大学院理学院(化学専攻)修士課程 遺伝子病制御研究所 分子腫瘍学(畠山昌則 教授)
  • 2000 - 2004 北海道大学 理学部 化学科
  • 1997 - 2000 北海道立札幌北高等学校
学位 (1件):
  • 理学博士(化学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2024/04 - 現在 順天堂大学 大学院医学研究科 中谷生体空間オミクス医療解析拠点(洲﨑悦生 教授) 助教
  • 2022/01 - 現在 順天堂大学 大学院医学研究科 医学部 生化学・生体システム医科学(洲﨑悦生 教授) 助教
  • 2013/04 - 2021/12 東京大学 大学院医学系研究科 医学部 微生物学(畠山昌則 教授) 助教
  • 2011/10 - 2013/03 東京大学 大学院医学系研究科 微生物学(畠山昌則 教授) 特任研究員
  • 2007/04 - 2009/03 日本学術振興会(JSPS) 特別研究員(DC2)
受賞 (4件):
  • 2024/04 - The Japanese Society of <i>Helicobacter</i> Research (JSHR) & Korean College of <i>Helicobacter</i> and Upper Gastrointestinal Research (HUG) <b>Young Investigator Award, The 20th Japan-Korea Joint Symposium on <i>Helicobacter pylori</i> Infection</b> A Novel Prooncogenic Activity of <i>Helicobacter pylori</i> CagA Oncoprotein: Deregulation of Wnt/Planar Cell Polarity Signaling by VANGL Inhibition
  • 2024/03 - 日本ヘリコバクター学会(JSHR) <b>令和5年度 日本ヘリコバクター学会 学術賞(基礎)</b> 「<i>H. pylori</i>が惹起する細胞内シグナル異常の同定と<i>cagA</i>トランスジェニックマウスを用いたその病態生理学的意義の解明」
  • 2011 - 日本プロテインホスファターゼ研究会(JAPPR) <b>平成23年度 日本プロテインホスファターゼ研究会賞</b> “SHP2 Tyrosine Phosphatase Converts Parafibromin/Cdc73 from a Tumor Suppressor to an Oncogenic Driver.”
  • 2007 - 日本学術振興会(JSPS) <b>平成19年度 日本学術振興会 特別研究員(DC2)</b> 「チロシンホスファターゼSHP-2の細胞内新規標的分子の網羅的解析」
所属学会 (8件):
日本消化器癌発生学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本ヘリコバクター学会 ,  日本動物学会 ,  Wnt研究会 ,  日本プロテインホスファターゼ研究会 ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る