研究者
J-GLOBAL ID:201801018333869114   更新日: 2021年06月19日

髙橋 昌史 (金光 昌史)

タカハシ アツシ (カネミツ アツシ) | TAKAHASHI-KANEMITSU Atsushi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://www.microbiol.m.u-tokyo.ac.jp/https://www.researchgate.net/profile/Atsushi_Takahashi-Kanemitsu
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  腫瘍生物学
研究キーワード (8件): 遺伝子改変マウスモデル ,  オルガノイド ,  シグナル伝達 ,  上皮細胞極性 ,  タンパク質リン酸化 ,  CagA ,  ヘリコバクター・ピロリ ,  がん
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 胃上皮オルガノイドを用いた平面内細胞極性動態解析系の創出による胃発がん機序の解明
  • 2015 - 2017 がん蛋白質SHP2によるParafibromin機能制御の医学生物学的意義の解明
  • 2014 - 2015 脱リン酸化型Parafibromin発現マウスのin vivo発がん解析
  • 2010 - 2015 感染発がんエンハンサーとしての宿主応答とその制御
  • 2012 - 2014 SHP2によるparafibrominの脱リン酸化を介した発癌分子機構の解析
全件表示
論文 (12件):
  • Imai S, Ooki T, Murata-Kamiya N, Komura D, Tahmina K, Wu W, Takahashi-Kanemitsu A, Knight C T, Kunita A, Suzuki N, et al. Helicobacter pylori CagA elicits BRCAness to induce genome instability that may underlie bacterial gastric carcinogenesis. Cell Host & Microbe. 2021. 29. 1-18
  • Ben C, Wu X, Takahashi-Kanemitsu A, Knight C T, Hayashi T, Hatakeyama M. Alternative splicing reverses the cell-intrinsic and cell-extrinsic prooncogenic potentials of YAP1. Journal of Biological Chemistry. 2020. 295. 41. 13965-13980
  • Takahashi-Kanemitsu A, Knight C T, Hatakeyama M. Molecular anatomy and pathogenic actions of Helicobacter pylori CagA that underpin gastric carcinogenesis. Cellular & Molecular Immunology. 2020. 17. 50-63
  • Ooki T, Murata-Kamiya N, Takahashi-Kanemitsu A, Wu W, Hatakeyama M. High-molecular-weight hyaluronan is a Hippo pathway ligand directing cell density-dependent growth inhibition via PAR1b. Developmental Cell. 2019. 49. 1-15
  • Tang C, Takahashi-Kanemitsu A, Kikuchi I, Ben C, Hatakeyama M. Transcriptional co-activator functions of YAP and TAZ are inversely regulated by tyrosine phosphorylation status of Parafibromin. iScience. 2018. 1. 1-15
もっと見る
MISC (4件):
講演・口頭発表等 (39件):
  • チロシン脱リン酸化酵素SHP2による形態形成シグナルの制御機構
    (講座内セミナー 2021)
  • 選択的スプライシングはYAP1に細胞非自律的な造腫瘍性活性を付与する
    (第79回 日本癌学会学術総会 2020)
  • ヘリコバクター・ピロリ菌がんタンパク質CagAによる非古典的Wnt/平面内細胞極性シグナル伝達の撹乱
    (第78回 日本癌学会学術総会 2019)
  • 高分子量ヒアルロン酸によるがん抑制性Hippo経路の活性化と乳がんにおけるその破綻
    (第78回 日本癌学会学術総会 2019)
  • Inverse control of transcription co-activator function of YAP and TAZ by tyrosine phosphorylation status of Parafibromin
    (第77回 日本癌学会学術総会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2009 - 2011 東京大学 特別研究学生
  • 2006 - 2011 北海道大学 (@遺伝子病制御研究所)
  • 2004 - 2006 北海道大学 (@遺伝子病制御研究所)
  • 2000 - 2004 北海道大学 化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2013/04 - 現在 東京大学 大学院医学系研究科 微生物学 助教
  • 2011/10 - 2013/03 東京大学 大学院医学系研究科 微生物学 特任研究員
  • 2007/04 - 2009/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2 @北海道大学)
受賞 (3件):
  • 2014 - 上原記念生命科学財団 平成26年度 研究奨励 「脱リン酸化型Parafibromin発現マウスのin vivo発がん解析」
  • 2011 - 日本プロテインホスファターゼ研究会 平成23年度 日本プロテインホスファターゼ研究会賞 “SHP2 Tyrosine Phosphatase Converts Parafibromin/Cdc73 from a Tumor Suppressor to an Oncogenic Driver.”
  • 2007 - 日本学術振興会 平成19年度 特別研究員奨励費(DC2): 「チロシンホスファターゼSHP-2の細胞内新規標的分子の網羅的解析」
所属学会 (3件):
日本プロテインホスファターゼ研究会 ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る