研究者
J-GLOBAL ID:201801018353713404   更新日: 2021年04月14日

伊藤 英人

イトウ ヒデト | Ito Hideto
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://synth.chem.nagoya-u.ac.jp/wordpress/staff/itohidetohttp://synth.chem.nagoya-u.ac.jp/wordpress/staff/itohideto?lang=en
研究分野 (1件): 有機合成化学
研究キーワード (11件): 有機ナノチューブ ,  縮環π拡張重合 ,  らせん高分子 ,  縮環π拡張 ,  直接アリール化 ,  多感芳香族炭化水素 ,  グラフェンナノリボン ,  ナノグラフェン ,  構造有機化学 ,  高分子化学 ,  有機合成化学
論文 (41件):
  • Chaolumen Chaolumen, Iain A Stepek, Keigo E Yamada, Hideto Ito, Kenichiro Itami. Construction of Heptagon-Containing Molecular Nanocarbons. Angewandte Chemie International Edition. 2021
  • Kou P. Kawahara, Wataru Matsuoka, Hideto Ito, Kenichiro Itami. Synthesis of Nitrogen-Containing Polyaromatics by Aza-Annulative π-Extension of Unfunctionalized Aromatics. Angewandte Chemie International Edition. 2020. 59. 16. 6383-6388
  • Yuuta Yano, Nobuhiko Mitoma, Hideto Ito, Kenichiro Itami. A Quest for Structurally Uniform Graphene Nanoribbons: Synthesis, Properties, and Applications. The Journal of Organic Chemistry. 2020
  • Hideto Ito, Kenichiro Itami, Takayuki Nakamuro, Kazushi Kumazawa. Bay-Region-Selective Annulative π-Extension (APEX) of Perylene Diimides with Arynes. Synlett. 2019. 30. 04. 423-428
  • Hideto Ito, Yasutomo Segawa, Kei Murakami, Kenichiro Itami. Polycyclic Arene Synthesis by Annulative π-Extension. Journal of the American Chemical Society. 2019
もっと見る
書籍 (1件):
  • 直接的芳香族カップリング反応の設計と応用
    シーエムシー出版 2019 ISBN:9784781314211
学歴 (3件):
  • 2009 - 2012 北海道大学 化学専攻
  • 2007 - 2009 北海道大学 化学専攻
  • 2003 - 2007 北海道大学 化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2018/08 - 現在 名古屋大学 大学院理学研究科物質理学専攻(化学系) 准教授
  • 2013/04 - 2018/08 名古屋大学 教養教育院 講師
  • 2012/04 - 2013/03 名古屋大学 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2009/04 - 2012/03 北海道大学 日本学術振興会特別研究員(DC1)
受賞 (12件):
  • 2019/03 - 日本化学会 第68回進歩賞 ナノグラフェン・グラフェンナノリボン・ナノチューブの精密合成
  • 2019/02 - 名古屋大学 赤﨑賞
  • 2018/03 - 英国化学会、日本化学会 2018年PCCP賞
  • 2018/03 - 日本化学 第32若い世代の特別講演 パラジウム触媒による縮環π拡張反応の開発
  • 2017/09 - IRMAIL Science Grant & Verder-Scientific ヴァーダー・サイエンティフィック賞
全件表示
所属学会 (4件):
基礎有機化学会 ,  高分子学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る