研究者
J-GLOBAL ID:201801018398016470   更新日: 2021年12月30日

新居 洋子

NII Yoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 中国哲学、印度哲学、仏教学 ,  アジア史、アフリカ史
研究キーワード (5件): ヨーロッパ中国学 ,  西学 ,  在華イエズス会士 ,  思想史 ,  東西交渉史
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2024 中国をめぐる知の形成と環流--在華宣教師とオランダ中国学を中心に
  • 2021 - 2023 中国三教と景教の相互交渉(代表:武藤慎一)
  • 2020 - 2023 フランス・アカデミーの総合的研究
  • 2019 - 2022 清朝とロシアの外交における多言語翻訳とコミュニケーション・ギャップの研究
  • 2018 - 2021 明清時代の中国とヨーロッパの思想的相互作用に関する総合的研究
全件表示
論文 (9件):
  • 新居洋子. 「移動(しないこと)」からみる中国をめぐる知の編成--シノロジーとその外. 歴史学研究. 2021. 1012. 22-30
  • 新居洋子. 他者の発見と自己の再発見--明清時代の中国とヨーロッパとの思想接触. 大東史学. 2020. 2. 15-36
  • 新居 洋子. 「中国古代についてのエセー」(一七七六)読解--第一部を中心に. 東洋史研究. 2018. 77. 1. 130-165
  • 新居 洋子. 一八世紀後半の在華イエズス會士による中國史敍述. 東方学. 2015. 129. 87-103
  • 新居 洋子, 渡辺 美季. イギリス船ベナレス号の遭難事件に見る一八七二-七三年の琉球・奄美 : 英文史料の紹介. 歴史と民俗 : 神奈川大学日本常民文化研究所論集. 2014. 30. 283-319
もっと見る
MISC (14件):
  • 新居洋子. 歴史の真正性をめぐる論争のなかの『書経』. 『ユリイカ 2020年12月号 特集=偽書の世界--ディオニュシオス文書、ヴォイニッチ写本から神代文字、椿井文書まで』. 2020. 52. 15. 212-219
  • 新居洋子. 中国の教会の過去と現在を訪ね歩く. 『月刊みんぱく』. 2020. 517. 10-11
  • Yoko Nii. Book Review: Dispelling the Darkness: A Jesuit's Quest for the Soul of Tibet By Donald S. Lopez Jr. and Thupten Jinpa. Cambridge, MA: Harvard University Press, 2017. Pp. 302. International Journal of Asian Studies. 2020. 17. 1. 86-88
  • 新居 洋子, 王雯璐. 中国キリスト教文献データベース Chinese Christian Texts Database について. 東京大学附属図書館U-PARLウェブサイト. 2019
  • 新居 洋子. 書評 田中有紀著 東京大学出版会『中国の音楽思想:朱載堉と十二平均律』. 中国研究月報. 2019. 73. 7. 35-39
もっと見る
書籍 (13件):
  • 論点・東洋史学:アジア・アフリカへの問い158
    ミネルヴァ書房 2022
  • 洋学史研究事典
    思文閣 2021
  • 漢学とは何か : 漢唐および清中後期の学術世界
    勉誠出版 2020
  • 世界哲学史 5
    筑摩書房 2020
  • 宣教と適応-グローバル・ミッションの近世-
    名古屋大学出版会 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • 景教の中国伝来はヨーロッパでどのように語られたのか
    (大東文化大学人文科学研究所・2021(令和3)年度研究報告会 2021)
  • 清の学問と権力--梅文鼎『学暦説』をめぐる考察--
    (日本18世紀学会第43回大会・共通論題「学問・芸術の制度と『自由』:18世紀におけるアカデミー、大学、官僚機構」 2021)
  • 康煕帝遺詔の欧文翻訳とその伝播
    (満族史研究会第35回大会 2020)
  • Chinese History Books in European Historiography
    (Books as Texts and as Objects: The Production, Circulation, and Collection of Knowledge in Asia and Europe 2020)
  • 他者の発見と自己の再発見--明清時代の中国とヨーロッパとの思想接触
    (2019年度大東文化大学・歴史文化学会秋季大会 2019)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2014 - 東京大学 博士(文学)取得
  • 2006 - 2012 東京大学 大学院 (人文社会系研究科 アジア文化研究専攻 東アジア歴史社会専門分野)
  • 2007 - 2009 中国人民大学 高級進修生(中国政府奨学生)
  • 2004 - 2006 東京大学 大学院 (人文社会系研究科 アジア文化研究専攻 東アジア歴史社会専門分野)
  • 2002 - 2004 桜美林大学 大学院 (国際学研究科 環太平洋地域文化専攻)
全件表示
学位 (4件):
  • 博士(文学) (東京大学)
  • 修士(文学) (東京大学)
  • 修士(国際学) (桜美林大学)
  • 学士(音楽学) (国立音楽大学)
経歴 (15件):
  • 2021/04 - 現在 大東文化大学 文学部 歴史文化学科 准教授
  • 2020/04 - 2021/03 青山学院大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 立教大学 兼任講師
  • 2018/04 - 2021/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
  • 2016/04 - 2021/03 桜美林大学 非常勤講師
全件表示
受賞 (3件):
  • 2018/12 - サントリー文化財団 第40回サントリー学芸賞 思想・歴史部門
  • 2018/07 - 公益財団法人日仏会館 第35回渋沢・クローデル賞本賞
  • 2015/11 - 一般財団法人東方学会 第34回 東方学会賞 「一八世紀後半の在華イエズス会士による中国史叙述」(「東方学」129輯、2015年)およびこれと関連する研究活動
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る