研究者
J-GLOBAL ID:201801018419161696   更新日: 2021年02月18日

山根 祐一

ヤマネ ユウイチ | Yamane Yuichi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 原子力工学
研究キーワード (4件): 重大事故 ,  反応度評価 ,  臨界事故 ,  臨界安全
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 東京電力福島第一原子力発電所 燃料デブリの臨界評価手法の整備
論文 (30件):
  • 山根祐一. A linear equation of characteristic time profile of power in subcritical quasi-steady state (https://doi.org/10.1080/00223131.2020.1736682). 2020
  • 山根祐一. 臨界安全と未臨界 (連載講座「基礎から分かる未臨界」第4回). 日本原子力学会誌「アトモス」. 2020. 64. 1. 42-46
  • 山根祐一. Peak Power Characteristics of Postulated Criticality in Fuel Debris. Proceedings of the Reactor Physics Asia 2019 (RPHA19) Conference. 2019. 31-33
  • Naoki Yoshida, Shinsuke Tashiro, Yuki Amano, Kazuo Yoshida, Yuichi Yamane, Hitoshi Abe. Overview of Studies Conducted at JAEA on Evaporation to Dryness Accident of High-Level Liquid Waste in Reprocessing Plant. Proceedings of "International Workshop on Developments in Safety Assessment Approaches and Safety Management Practices of Fuel Cycle Facilities". 2019
  • 山根祐一、他. EXPLORATORY INVESTIGATION FOR ESTIMATION OF FUEL DEBRIS CRITICALITY RISK. 臨界安全性国際会議ICNC2019予稿集. 2019
もっと見る
MISC (10件):
特許 (1件):
  • 中性子検出器等の信号のみに基づいて核分裂性物質の組成、未臨界度、遅発中性子割合、中性子世代時間、即発中性子寿命を測定する方法
書籍 (1件):
  • Advances in Nuclear Fuel
    Intech 2012
講演・口頭発表等 (6件):
  • 臨界事故入門-合理的な評価方法の確立-
    (2017)
  • ISOにおける臨界安全標準整備活動報告
    (臨界安全に関する専門研究会 2017)
  • 燃料デブリ取り出し作業における臨界リスクの評価
    (臨界安全に関する専門研究会 2017)
  • 臨界安全のISO対応国内WGの活動
    (臨界安全研究に関する専門研究会 2014)
  • 臨界事故入門-合理的な評価方法の確立-
    (2012)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1990 - 1995 名古屋大学大学院 応用物理学専攻
経歴 (4件):
  • 2007/07 - 現在 日本原子力研究開発機構 安全研究センター サイクル安全研究グループ 研究副主幹
  • 2005/10 - 2007/06 日本原子力研究開発機構 安全研究センター 核燃料サイクル施設安全評価研究グループ 研究員
  • 1995/04 - 2005/09 日本原子力研究所 燃料サイクル安全工学部 臨界安全研究室
  • 2001/01 - 2002/01 Imperial College 客員研究員
委員歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 日本原子力学会 核燃料サイクル施設シビアアクシデント研究ワーキンググループ 主査
  • 2020/02 - 現在 日本原子力学会 ISO/TC85国内対策委員会 委員
  • 2018/07 - 現在 OECD/NEA/NSC/WPNCS/SG4コーディネーター
  • 2016/06 - 現在 日本原子力学会 標準委員会 原子燃料サイクル専門部会 リサイクル燃料貯蔵分科会 委員
  • 2015/09 - 現在 日本原子力学会 ISO/TC85/SC5/WG8臨界安全国内ワーキンググループ 委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2018/03 - 日本原子力学会 再処理・リサイクル部会 業績賞 核燃料サイクル施設における重要度の高いシビアアクシデントの選定方法の提案と事故影響評価手法の調査
  • 2016/10 - 日本原子力研究開発機構 理事長表彰 研究開発功績賞 再処理施設における放射性物質移行挙動に係る研究
  • 2016/03 - 日本原子力学会 JNST Most Popular Article Award 2016 Improvement in estimation of maximum first peak power based on non-linear temperature feedback reactivity in criticality accident with instantaneous reactivity insertion
  • 2010/10 - 日本原子力研究開発機構 理事長表彰 研究開発功績賞 臨界安全ハンドブック・データ集第2版の公開
所属学会 (2件):
日本物理学会 ,  日本原子力学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る