研究者
J-GLOBAL ID:201801018425663954   更新日: 2021年09月11日

鈴木 香

スズキ カオリ | Suzuki Kaori
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (8件): 血液脳関門 ,  自然免疫 ,  動脈硬化 ,  老化・エイジング ,  細胞間コミュニケーション ,  血管生物学 ,  オートファジー ,  抗菌ペプチド
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 機能性食品素材であるグルコサミンの新規機能としてのアンチエイジング効果
  • 2020 - 2023 食品素材グルコサミンの脱アセチル化酵素サーチュインを介した新規軟骨保護作用の解明
  • 2019 - 2022 感染刺激によって放出される抗菌性ペプチドLL-37による動脈硬化の増悪機構
  • 2016 - 2020 肝臓の血液浄化機能に着目した新たな敗血症治療法の確立~LL-37ペプチドを用いて
  • 2011 - 2013 敗血症における新規細胞死ピロトーシスの変調と危険信号分子alarminによる制御
全件表示
論文 (26件):
もっと見る
MISC (85件):
  • 長岡 功, 熊谷 由美, 細田 浩司, 村上 泰介, 鈴木 香. 細菌を取り巻く機能性ペプチドのup to date 生体防御ペプチドLL-37の敗血症モデルに対する保護効果(Up-to-date of the functional peptides around the bacterial world Protective action of host defense peptide LL-37 on a murine sepsis model). 日本細菌学雑誌. 2020. 75. 1. 34-34
  • 鈴木 香, 大熊 真理, 長岡 功. ヒト抗菌ペプチドLL-37が血管内皮細胞のオートファジーおよび細胞死に及ぼす影響(Effect of LL-37, a human antimicrobial peptide, on autophagy and cell death of endothelial cells). 日本細菌学雑誌. 2020. 75. 1. 96-96
  • 鈴木香, 長岡功. グラム陰性菌LPSおよび抗菌ペプチドLL-37による老化血管内皮細胞の炎症性応答の増強. エンドトキシン・自然免疫研究(Web). 2020. 23
  • 鈴木 香, 大熊 真理, 長岡 功. ヒト抗菌ペプチドLL-37が血管内皮細胞のオートファジーおよび細胞死に及ぼす影響. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2019. 92回. [3P-288]
  • 村上 泰介, 鈴木 香, 長岡 功. MrgX2を介した抗菌ペプチドLL-37のマスト細胞内への移行と脱顆粒(MrgX2-mediated internalization of LL-37 and degranulation of human LAD2 mast cells). 日本細菌学雑誌. 2019. 74. 1. 114-114
もっと見る
書籍 (1件):
  • 抗菌ペプチドの機能解明と技術利用
    シーエムシー出版 2017 ISBN:9784781312453
講演・口頭発表等 (86件):
  • ヒト抗菌ペプチドLL-37はオートファジー機能の低下した血管内皮細胞に細胞死を誘導する
    (第67回トキシンシンポジウム 2021)
  • グラム陰性菌LPSおよび抗菌ペプチドLL-37による老化血管内皮細胞の炎症性応答の増強
    (エンドトキシン・自然免疫研究(Web) 2020)
  • ヒト抗菌ペプチドLL-37が血管内皮細胞のオートファジーおよび細胞死に及ぼす影響(Effect of LL-37, a human antimicrobial peptide, on autophagy and cell death of endothelial cells)
    (日本細菌学雑誌 2020)
  • 細菌を取り巻く機能性ペプチドのup to date 生体防御ペプチドLL-37の敗血症モデルに対する保護効果(Up-to-date of the functional peptides around the bacterial world Protective action of host defense peptide LL-37 on a murine sepsis model)
    (日本細菌学雑誌 2020)
  • ヒト抗菌ペプチドLL-37が血管内皮細胞のオートファジーおよび細胞死に及ぼす影響
    (日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2012 - 順天堂大学大学院
  • 1997 - 東京農業大学大学院 修了
  • 1995 - 東京農業大学 農芸化学科 卒業
学位 (1件):
  • 博士(医学) (順天堂大学)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 順天堂大学大学院 医学研究科 生化学・生体システム医科学 助教
  • 2012/04 - 2021/03 順天堂大学大学院 医学部研究科 生化学・生体防御学講座 助教
  • 2008/04 - 2012/03 順天堂大学 医学部 生化学・生体防御学講座 技術員
  • 2002/04 - 2008/03 東京大学分子細胞生物学研究所 機能形成研究分野 技術員
  • 1997/04 - 2002/03 東京大学医学部附属病院 眼科学教室 技術員
委員歴 (4件):
  • 2015/07 - 現在 ファンクショナルフード学会 研究倫理審査委員
  • 2015/04 - 2021/03 日本細菌学会関東支部 評議員
  • 2016/12 - 2018/03 日本エンドトキシン・自然免疫研究会 事務局長
  • 2013/01 - 2017/12 毒素シンポジウム 委員長指名委員
受賞 (2件):
  • 2016/12 - 日本エンドトキシン・自然免疫研究会 奨励賞(最優秀賞)
  • 2010/08 - 第31回日本炎症・再生医学会 優秀ポスター賞
所属学会 (4件):
日本エンドトキシン・自然免疫研究会 ,  毒素シンポジウム ,  日本細菌学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る