研究者
J-GLOBAL ID:201801018604223550   更新日: 2021年10月26日

村本 智也

ムラモト トモヤ | Tomoya Muramoto
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): https://muramototomoya.myportfolio.com/
研究分野 (1件): 応用物性
研究キーワード (10件): Measurement Engineering ,  Fluid Engineering ,  Fluid Mechanics ,  Viscous Fluid ,  Precision Measurement ,  精密測定 ,  粘性流体 ,  流体力学 ,  流体工学 ,  計測工学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 貯留層の高精度評価に向けた高精度粘性・透水係数同時測定システムの開発
  • 2019 - 2023 粘度の基準点高精度化を目指した粘度絶対測定の研究
  • 2019 - 2023 貯留層の高精度評価に向けた高精度粘性・透水係数同時測定システムの開発
  • 2021 - 2022 次世代流体潤滑剤の開発に向けた高精度トライボロジー特性評価装置の開発
  • 2021 - 2022 諸科学における大規模・多様なデータを基盤としたデータ駆動型研究の萌芽・推進のためのワークショップ
全件表示
論文 (6件):
  • Tomohiro Inoue, Yoshihiro Ito, Laura M. Wallace, Yutaka Yoshikawa, Daisuke Inazu, Emmanuel Soliman M. Garcia, Tomoya Muramoto, Spahr C. Webb, Kazuaki Ohta, Syuichi Suzuki, et al. Water depth dependence of long-range correlation in nontidal variations in seafloor pressure. Geophysical Research Letters. 2021. 48. 8
  • 志藤 あずさ, 熊本地震合同地震観測グループ. 2016年熊本地震合同地震観測データ ー地震学的解析の基礎的資料としてー. 地震 第2輯. 2020
  • Muramoto Tomoya, Kajikawa Hiroaki, Iizumi Hideaki, Ide Kazunori, Fujita Yoshitaka. Design of a high-pressure viscosity-measurement system using two pressure balances. Measurement Science and Technology. 2020
  • 村本 智也. 高圧流体の粘性測定 - ニーズ・測定原理・最新の研究開発 -. ペトロテック. 2020. 43. 2. 19-24
  • MuramotoTomoya, Fujita Yoshitaka, Kajikawa Hiroaki, Iizumi Hideaki, Ide Kazunori. In-situ high-pressure viscosity measurement of dioctyl sebacate using two pressure balances. Proceedings of the Asia Pacific Measurement Forum on Mechanical Quantities 2019. 2019
もっと見る
書籍 (2件):
  • 高圧流体の粘性率計測技術に関する調査研究
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 2021
  • グローバル化を支える人材育成を考える
    公益社団法人石油学会 2020
講演・口頭発表等 (31件):
  • Low-speed shear experiment on solid-liquid two-phase flow system: Hysteresis on acceleration process
    (International Joint Workshop on Slow Earthquakes 2021 2021)
  • Development of simultaneous measurement system of viscosity and permeability for highly accurate evaluation of groundwater under high pressure and high temperature condition
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020 2020)
  • Seafloor crustal deformation from ocean bottom pressure observations at the Hikurangi subduction zone offshore New Zealand
    (JpGU - AGU Joint Meeting 2020 2020)
  • Improvement in detection of seafloor crustal deformation due to shallow SSE using ocean bottom pressure by removing broad-band tide components
    (American Geophysical Union 2019 fall meeting 2019)
  • In-situ high-pressure viscosity measurement of dioctyl sebacate using two pressure balances
    (Asia Pacific Measurement Forum on Mechanical Quantities, 2019 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 高圧流体の粘性計測技術に関する調査研究
    村本智也 2018 - 2019
  • HOBITSS4: Hikurangi Ocean Bottom Investigation of Tremor and Slow Slip 4, off North Island, New Zealand
    2017 -
  • HOBITSS3: Hikurangi Ocean Bottom Investigation of Tremor and Slow Slip 3, off North Island, New Zealand
    2016 -
  • 2016年熊本地震合同臨時観測
    2016 -
学位 (1件):
  • 理学修士 (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 京都大学大学院 理学研究科地球惑星科学専攻 博士後期課程
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 工学計測標準研究部門 液体流量標準研究グループ 研究員
  • 2018/04 - 2019/03 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 工学計測標準研究部門 流体標準研究グループ 研究員
受賞 (1件):
  • 2019/01 - 計量標準総合センター NMIJ業務表彰 研究・業務貢献賞
所属学会 (3件):
アメリカ地球物理学連合 ,  日本地球惑星科学連合 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る