研究者
J-GLOBAL ID:201801018604223550   更新日: 2020年06月16日

村本 智也

ムラモト トモヤ | Tomoya Muramoto
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): https://muramototomoya.myportfolio.com/
研究分野 (1件): 応用物性
研究キーワード (5件): 精密測定 ,  粘性流体 ,  流体力学 ,  流体工学 ,  計測工学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2023 貯留層の高精度評価に向けた高精度粘性・透水係数同時測定システムの開発
  • 2019 - 2023 粘度の基準点高精度化を目指した粘度絶対測定の研究
  • 2019 - 2023 貯留層の高精度評価に向けた高精度粘性・透水係数同時測定システムの開発
  • 2020 - 諸科学における大規模データと統計数理モデリング
論文 (3件):
  • 村本 智也. 高圧流体の粘性測定 - ニーズ・測定原理・最新の研究開発 -. ペトロテック. 2020. 43. 2. 19-24
  • Muramoto, T, Fujita, Y, Kajikawa, H, Iizumi, H, Ide, K. In-situ high-pressure viscosity measurement of dioctyl sebacate using two pressure balances. Proceedings of the Asia Pacific Measurement Forum on Mechanical Quantities 2019. 2019
  • Muramoto Tomoya, Ito Yoshihiro, Inazu Daisuke, Laura M. Wallace, Hino Ryota, Suzuki Syuichi, Spahr C. Webb, Stuart Henrys. Seafloor crustal deformation on ocean bottom pressure records with non-tidal variability corrections: application to Hikurangi margin, New Zealand. Geophysical Research Letters. 2019
書籍 (1件):
  • グローバル化を支える人材育成を考える
    公益社団法人石油学会 2020
講演・口頭発表等 (30件):
  • Development of simultaneous measurement system of viscosity and permeability for highly accurate evaluation of groundwater under high pressure and high temperature condition
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020 2020)
  • Seafloor crustal deformation from ocean bottom pressure observations at the Hikurangi subduction zone offshore New Zealand
    (JpGU - AGU Joint Meeting 2020 2020)
  • Improvement in detection of seafloor crustal deformation due to shallow SSE using ocean bottom pressure by removing broad-band tide components
    (American Geophysical Union 2019 fall meeting 2019)
  • In-situ high-pressure viscosity measurement of dioctyl sebacate using two pressure balances
    (Asia Pacific Measurement Forum on Mechanical Quantities, 2019 2019)
  • 貯留層の高精度評価に向けた高精度粘性・透水係数同時測定システムの開発
    (第49回石油・石油化学討論会 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 高圧流体の粘性計測技術に関する調査研究
    村本智也 2018 - 2019
  • HOBITSS4: Hikurangi Ocean Bottom Investigation of Tremor and Slow Slip 4, off North Island, New Zealand
    2017 -
  • HOBITSS3: Hikurangi Ocean Bottom Investigation of Tremor and Slow Slip 3, off North Island, New Zealand
    2016 -
  • 2016年熊本地震合同臨時観測
    2016 -
学位 (1件):
  • 理学修士 (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究員
  • 2018/04 - 2019/03 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究員
受賞 (1件):
  • 2019/01 - 計量標準総合センター NMIJ業務表彰 研究・業務貢献賞
所属学会 (3件):
アメリカ地球物理学連合 ,  日本地球惑星科学連合 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る