研究者
J-GLOBAL ID:201801018639136579   更新日: 2021年01月29日

進士 誠一

シンジ セイイチ | Shinji Seiichi
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東京都健康長寿医療センター研究所  老年病理学研究チーム・高齢者がん研究グループ   非常勤研究員
研究分野 (3件): 実験病理学 ,  外科学一般、小児外科学 ,  消化器外科学
研究キーワード (6件): 大腸肛門外科 ,  癌幹細胞 ,  神経内分泌腫瘍 ,  低侵襲手術 ,  外科病理 ,  消化器外科
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2013 - 2016 microRNAによるnestin制御:膵癌治療の臨床応用を目指した検討
  • 2013 - 2016 膵癌におけるNestinのリン酸化制御による抗腫瘍効果の検討
  • 2012 - 2015 消化管神経内分泌腫瘍におけるlumicanの機能解明と新規治療薬の開発
論文 (70件):
  • Fujiya Gomi, Norihiko Sasaki, Yuuki Shichi, Fuuka Minami, Seiichi Shinji, Masashi Toyoda, Toshiyuki Ishiwata. Polyvinyl alcohol increased growth, migration, invasion, and sphere size in the PK-8 pancreatic ductal adenocarcinoma cell line. Heliyon (in press). Heliyon. 2021
  • Akihisa Matsuda, Takeshi Yamada, Satoshi Matsumoto, Seiichi Shinji, Ryo Ohta, Hiromichi Sonoda, Eriko Shinozuka, Kumiko Sekiguchi, Hideyuki Suzuki, Hiroshi Yoshida. Prognostic Role of the Platelet-to-Lymphocyte Ratio for Patients With Metastatic Colorectal Cancer Treated With Aflibercept. In vivo (Athens, Greece). 2020. 34. 5. 2667-2673
  • Takeshi Yamada, Akihisa Matsuda, Goro Takahashi, Takuma Iwai, Kohki Takeda, Kohji Ueda, Sho Kuriyama, Michihiro Koizumi, Seiichi Shinji, Yasuyuki Yokoyama, et al. Emerging RAS, BRAF, and EGFR mutations in cell-free DNA of metastatic colorectal patients are associated with both primary and secondary resistance to first-line anti-EGFR therapy. International Journal of Clinical Oncology. 2020. 25. 8. 1523-1532
  • Akihisa Matsuda, Takeshi Yamada, Supaschin Jamjittrong, Seiichi Shinji, Ryo Ohta, Hiromichi Sonoda, Tunyaporn Kamonvarapitak, Kumiko Sekiguchi, Masao Miyashita, Hideyuki Suzuki, et al. Comparison between biweekly and weekly cetuximab in patients with metastatic colorectal cancer: A meta-analysis. Anticancer Research. 2020. 40. 6. 3469-3476
  • 山田 岳史, 松田 明久, 進士 誠一, 太田 竜, 園田 寛道, 高橋 吾郎, 岩井 琢磨, 武田 幸樹, 上田 康二, 栗山 翔, et al. 【最新の周術期リハビリテーション・栄養管理】大腸癌の周術期リハビリテーションと栄養管理. 消化器外科. 2020. 43. 2. 185-190
もっと見る
MISC (792件):
  • 松田 明久, 高橋 吾郎, 豊田 哲鎬, 山田 岳史, 松本 智司, 小泉 岐博, 進士 誠一, 太田 竜, 横山 康行, 堀田 正啓, et al. 大腸ステント径は閉塞性大腸癌に対するBTS治療成績に影響するか?. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020. 120回. SF-3
  • 進士 誠一, 山田 岳史, 小泉 岐博, 松田 明久, 太田 竜, 横山 康行, 高橋 吾郎, 堀田 正啓, 原 敬介, 武田 幸樹, et al. 大腸内分泌細胞癌における癌幹細胞関連遺伝子の同定と解析. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020. 120回. SF-4
  • 原 敬介, 山田 岳史, 小泉 岐博, 進士 誠一, 松田 明久, 太田 竜, 高橋 吾郎, 堀田 正啓, 武田 幸樹, 上田 康二, et al. 当科における虫垂炎の治療成績. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020. 120回. SF-3
  • 栗山 翔, 山田 岳史, 小泉 岐博, 進士 誠一, 松田 明久, 太田 竜, 高橋 吾郎, 堀田 正啓, 原 敬介, 武田 幸樹, et al. 大腸癌終末期における循環DNA量の変化. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020. 120回. SF-2
  • 上田 康二, 山田 岳史, 小泉 岐博, 進士 誠一, 松田 明久, 太田 竜, 高橋 吾郎, 堀田 正啓, 武田 幸樹, 原 敬介, et al. 大腸癌患者における腹水および腹腔洗浄液を用いたdigital cytologyの可能性. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020. 120回. DP-4
もっと見る
書籍 (3件):
  • Recent Advances in the Treatment of Colorectal Cancer
    Springer 2019
  • Poorly Differentiated Colorectal Adenocarcinoma (Methodology)
    2009
  • (2)抗CK20抗体免疫染色
    日本メディカルセンター 2006
学歴 (2件):
  • 2001 - 2005 日本医科大学大学院
  • 1992 - 1998 日本医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (日本医科大学大学院)
経歴 (9件):
  • 2020/10 - 現在 日本医科大学付属病院 消化器外科 医局長
  • 2020/04 - 現在 東京都健康長寿医療センター研究所 非常勤研究員
  • 2017/10 - 現在 日本医科大学付属病院 消化器外科 病院講師
  • 2011/10 - 2017/09 日本医科大学 消化器外科 助教
  • 2009/07 - 2011/09 立正佼成会附属佼成病院 外科
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2019/01 - 現在 日本消化器病学会 学会評議員
  • 2016/09 - 現在 日本大腸肛門病学会 評議員
  • 2016/03 - 現在 日本腹部救急医学会 評議員
  • 2015/10 - 現在 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 2015/01 - 現在 日本消化器病学会関東支部 評議員
受賞 (4件):
  • 2006/05 - 日本医科大学同窓会 日本医科大学同窓会医学研究助成
  • 2005/10 - United European Gastroenterology Best Abstract Award
  • 2005/07 - 日本医科大学 丸山記念研究助成
  • 2003/10 - United European Gastroenterology Best Abstract Award
所属学会 (12件):
American Association for Cancer Research ,  日本消化管学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本腹部救急医学会 ,  日本大腸肛門病学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本臨床外科学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本癌学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る