研究者
J-GLOBAL ID:201801018698492222   更新日: 2020年09月01日

岩間 悦郎

Iwama Etsuro
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
研究分野 (3件): 電子デバイス、電子機器 ,  ナノ材料科学 ,  エネルギー化学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 高容量・長寿命リチウムー酸素交換型新規負極材料の創製
  • 2017 - 2017 次世代ハイブリッドキャパシタに関する研究
  • 2017 - 2017 高容量・高電圧作動ハイブリッドキャパシタに関する研究
  • 2016 - 2016 次世代ハイブリッドキャパシタに関する研究
  • 2015 - 2015 次世代ハイブリッドキャパシタに関する研究
論文 (23件):
  • Naohisa Okita, Kazuaki Kisu, Etsuro Iwama, Yuki Sakai, Yiyo Lim, Yusuke Takami, Moulay Tahar Sougrati, Thierry Brousse, Patrick Rozier, Patrice Simon, et al. Stabilizing the Structure of LiCoPO4 Nanocrystals via Addition of Fe3+: Formation of Fe3+ Surface Layer, Creation of Diffusion-Enhancing Vacancies, and Enabling High-Voltage Battery Operation. Chemistry of Materials. 2018. 30. 19. 6675-6683
  • Kazuaki Kisu, Shintaro Aoyagi, Haruka Nagatomo, Etsuro Iwama, McMahon Thomas Homer Reid, Wako Naoi, Katsuhiko Naoi. Internal resistance mapping preparation to optimize electrode thickness and density using symmetric cell for high-performance lithium-ion batteries and capacitors. Journal of Power Sources. 2018. 396. 207-212
  • Patrick Rozier, Etsuro Iwama, Nagare Nishio, Kazuhisa Baba, Keisuke Matsumura, Kazuaki Kisu, Junichi Miyamoto, Wako Naoi, Yuki Orikasa, Patrice Simon, et al. Cation-Disordered Li3VO4: Reversible Li Insertion/Deinsertion Mechanism for Quasi Li-Rich Layered Li1+x[V1/2Li1/2]O2 (x = 0-1). Chemistry of Materials. 2018. 30. 15. 4926-4934
  • 岩間悦郎, 木須一彰, 直井和子, 直井勝彦. 太陽光発電を高効率・有効利用する次世代キャパシタの開発. 日本エネルギー学会誌機関誌えねるみくす. 2018. 97. 4. 328-334
  • Etsuro Iwama, Patrice Simon, Katsuhiko Naoi. Ultracentrifugation: An effective novel route to ultrafast nanomaterials for hybrid supercapacitors. Current Opinion in Electrochemistry. 2017. 6. 1. 120-126
もっと見る
書籍 (2件):
  • 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
    2017
  • Metal Oxides in Supercapacitors
    2017
講演・口頭発表等 (31件):
  • Ultrafast carbon-nested LiFePO4 core-shell structured nanomaterial for hybrid EES
    (5th International Symposium on Enhanced Electrochemical Capacitors 2017)
  • デュアルカチオン電解液によるLTOハイブリッドキャパシタ負極/電解液界面の高速化および耐電圧化
    (電気化学会第84回大会 2017)
  • ナノ結晶TiO2(B)のハイブリッドキャパシタ負極特性
    (電気化学会第84回大会 2017)
  • ナノ結晶Li3VO4/MWCNTハイブリッドキャパシタ負極特性を引き出す電気化学活性化メカニズム
    (電気化学会第84回大会 2017)
  • ハイブリッドキャパシタ用正極材料に向けたナノLiFePO4/カーボン三層コアシェル複合体の作製と電気化学評価
    (電気化学会第84回大会 2017)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 東京農工大学 工学研究院 応用化学部門
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る