研究者
J-GLOBAL ID:201801018738273464   更新日: 2020年09月01日

朝比奈 靖浩

アサヒナ ヤスヒロ | Asahina Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (29件):
  • 2018 - 2020 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索
  • 2018 - 2020 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発
  • 2017 - 2019 慢性肝疾患の線維化進展におけるMMP関連因子の機能解明と抗線維化療法の開発
  • 2017 - 2019 人工多能性幹細胞由来幹細胞を用いたHBV持続感染とHBV起因肝癌の分子機構の解明
  • 2017 - 2019 ヒトiPS細胞を用いた画期的人工発癌モデルの開発
全件表示
論文 (29件):
  • 朝比奈靖浩. 慢性肝炎. 系統看護学講座 別巻 臨床薬理学. 2020. 別巻. 137-145
  • Wan Wang, Kaoru Tsuchiya, Masayuki Kurosaki, Yutaka Yasui, Kento Inada, Sakura Kirino, Koji Yamashita, Shuhei Sekiguchi, Yuka Hayakawa, Leona Osawa, Mao Okada, Mayu Higuchi, Kenta Takaura, Chiaki Maeyashiki, Shun Kaneko, Nobuharu Tamaki, Hiroyuki Nakanishi, Jun Itakura, Yuka Takahashi, Yasuhiro Asahina, Nobuyuki Enomoto, Namiki Izumi. Sorafenib-Regorafenib sequential therapy in Japanese patients with unresectable hepatocellular carcinoma-relative dose intensity and post-regorafenib therapies in real world practice. Cancers (Basel). 2019. 11. 10. E1517
  • Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Asahina, Shun Kaneko, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Masato Miyoshi, Tomoyuki Tsunoda, Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Sayuri Nitta, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Minoru Tanabe, Emiko Sugawara, Akira Takemoto, Hidenori Ojima, Michiie Sakamoto, Masaru Muraoka, Shinichi Takano, Shinya Maekawa, Nobuyuki Enomoto, Mamoru Watanabe. Comprehensive genetic analysis of cholangiolocellular carcinoma with a coexistent hepatocellular carcinoma-like area and metachronous hepatocellular carcinoma. Hepatol. Res. 2019
  • Emi Inoue-Shinomiya, Miyako Murakawa, Yasuhiro Asahina, Mina Nakagawa, Jun Tsuchiya, Ayako Sato, Tomoyuki Tsunoda, Masato Miyoshi, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Yasuhiro Itsui, Seishin Azuma, Sei Kakinuma, Kazumoto Murata, Masashi Mizokami, Mamoru Watanabe. Association of serum interferon-λ3 levels with hepatocarcinogenesis in chronic hepatitis C patients treated with direct-acting antiviral agents. Hepatol. Res. 2019. 49. 5. 500-511
  • Tomoyuki Tsunoda, Sei Kakinuma, Masato Miyoshi, Akihide Kamiya, Shun Kaneko, Ayako Sato, Jun Tsuchiya, Sayuri Nitta, Fukiko Kawai-Kitahata, Miyako Murakawa, Yasuhiro Itsui, Mina Nakagawa, Seishin Azuma, Tsuyoshi Sogo, Haruki Komatsu, Ryutaro Mukouchi, Ayano Inui, Tomoo Fujisawa, Hiromitsu Nakauchi, Yasuhiro Asahina, Mamoru Watanabe. Loss of Fibrocystin Promotes Interleukin-8-Dependent Proliferation and CTGF Production of Biliary Epithelium.[Epub ahead of print]. J. Hepatol. 2019
もっと見る
書籍 (10件):
  • 消化器疾患 最新の治療2019-2020.C型慢性肝炎
    南江堂 2018
  • 臨床薬理学 慢性肝炎
    医学書院 2018
  • 今日の治療指針2018年版 C型慢性肝炎,肝硬変:抗ウイルス療法
    医学書院 2018
  • C型肝炎ウイルス排除後の病態を見極める
    2017
  • II. 肝疾患の治療薬 ~エキスパートはこう使う!~.
    南江堂 2017
もっと見る
受賞 (95件):
  • 2020/04 - 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08415 「ヒトiPS細胞由来肝星細胞を用いた肝線維化・発癌機序の解明」 研究代表者:中川美奈 研究分担者:柿沼 晴、朝比奈靖浩 ヒトiPS細胞由来肝星細胞を用いた肝線維化・発癌機序の解明
  • 2020/04 - 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):19H03635 「癌ゲノム要因と肝組織を模倣するヒトiPS細胞由来オルガノイドによる発癌機構の解明」 研究代表者:朝比奈靖浩 分担研究者:朝比奈靖浩 分担研究者:柿沼 晴、中川美奈 癌ゲノム要因と肝組織を模倣するヒトiPS細胞由来オルガノイドによる発癌機構の解明
  • 2020/04 - 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07964 「肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索」 研究代表者:東 正新 分担研究者:柿沼 晴、朝比奈靖浩、渡辺 守 肝前駆細胞と肝間葉系細胞との相互作用機構の解明と抗線維化療法標的分子の探索
  • 2020/04 - 令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):18H02790「肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発」 研究代表者:柿沼 晴 分担研究者:朝比奈靖浩、渡辺 守 肝線維化治療の標的分子同定にむけたヒトiPS細胞由来肝組織様オルガノイドの開発
  • 2019/04 - 令和元年度 日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「C型肝炎インターフェロンフリー治療の実態と不正成功例に対する全国規模の診療指針に関する研究」 研究開発代表者:泉 並木 研究開発分担者:朝比奈靖浩 研究協力者:村川美也子 C型肝炎インターフェロンフリー治療の実態と不正成功例に対する全国規模の診療指針に関する研究
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る