研究者
J-GLOBAL ID:201801018980164971   更新日: 2020年09月01日

隅本 倫徳

スミモト ミチノリ | Sumimoto Michinori
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (4件): 触媒プロセス、資源化学プロセス ,  機能物性化学 ,  有機機能材料 ,  基礎物理化学
研究キーワード (1件): 計算化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2022 高容量を指向した光電変換Mn酸化物の作製とイオン挿入脱離機構の解明
  • 2019 - 2022 次世代型高密度有機分子メモリの創出を指向した有機スイッチング分子の開発
  • 2018 - 2021 二酸化チタンの重要性に着目した重金属類の土壌中動態の解明と地下水への流出抑制
  • 2018 - 2019 次世代型高密度有機分子メモリー開発を指向した有機スイッチング分子の設計
  • 2016 - 2019 強い分子間π - d相互作用を持つ金属フタロシアニン混晶の作製法と新規磁性材料の開発
全件表示
論文 (80件):
  • Sima Chaudhari, Tomoyuki Kamata, Naoshi Kojima, Michinori Sumimoto, Kapaettu Satyamoorthy, Ryoji Kurita, Dai Kato. Oxidation potential-dependent selective detection of epigenetic 5-hydroxymethylcytosine using nanocarbon film. Sensors and Actuators B: Chemical. 2020
  • Tomoyuki Kamata, Michinori Sumimoto, Shunsuke Shiba, Ryoji Kurita, Osamu Niwa, Dai Kato. Increased electrode activity during geosmin oxidation provided by Pt nanoparticle-embedded nanocarbon film. Nanoscale. 2019. 11. 18. 8845-8854
  • Y. Yamane, K. Yoshinaga, M. Sumimoto, T. Nishikata. Iron-Enhanced Reactivity of Radicals Enables C-H Tertiary Alkylations for Construction of Functionalized Quaternary Carbons. ACS Catalysis. 2019. 9. 1757-1762
  • Akio Kamimura, Ryusuke Watanabe, Tomoki Fukumitsu, Kazuki Ikeda, Takuji Kawamoto, Michinori Sumimoto, Shigeki Mori, Hidemitsu Uno. Deltaarenes; novel macrocyclic molecules that are readily available from 1,4-benzoquinone and benzene dithiols. Tetrahedron. 2018. 74. 38. 5303-5308
  • K. Urakawa, Y. Kawabata, M. Matsuda, M. Sumimoto, H. Ishikawa. α-Ketocarbenium Ions Derived from Orthoquinone-Containing Polycyclic Aromatic Compounds. Organic Letters. 2018. 20. 9. 2534-2537
もっと見る
MISC (1件):
  • Richard Murdey, Marcel Bouvet, Michinori Sumimoto, Shigeyoshi Sakaki, Naoki Sato. The frontier electronic structure of lutetium bisphthalocyanine thin films. 第2回分子科学討論会 ,福岡. 2008
講演・口頭発表等 (56件):
  • Syntheses of orthoquinone containing aromatic compounds and their redox chromism
    (日本化学会第96春季年会 2016)
  • New Synthetic Approach to Carbazole-containing Chiral Hetero[7]helicenes by Pd-Catalyzed Cyclodehydrogenation
    (日本化学会第96春季年会 2016)
  • Catalytic Asymmetric Hydroarylation of Enyne-Arenes based on the Formation of Chiral Vinylidene o-Quinone Methides
    (日本化学会第96春季年会 2016)
  • 鉛フタロシアニンの結晶多型と電子状態の二量体モデルによる理論的研究
    (第52回化学関連支部合同九州大会 2015)
  • シクロヘキサンの光酸化反応に関する理論的研究
    (第52回化学関連支部合同九州大会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2003 熊本大学 物質・生命科学専攻
  • - 1998 熊本大学 応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (熊本大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 山口大学 大学院創成科学研究科(工) 大学院担当准教授
  • 2012/10 - 2016/03 山口大学 大学院理工学研究科(工) 大学院担当准教授
  • 2010/05 - 2012/09 山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当助教
  • 2010/02/24 - 2010/05/17 山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当助教
  • 2005/04/01 - 2005/09/30 自然科学研究機構 分子科学研究所 産学官連携研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2012 - 有機合成化学協会九州山口支部 平成24年度有機合成化学協会九州山口支部奨励賞
所属学会 (5件):
触媒学会 ,  有機合成化学協会 ,  錯体化学会 ,  分子科学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る