研究者
J-GLOBAL ID:201801019112407538   更新日: 2022年06月29日

藤田 宗純

Munezumi Fujita
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 形成外科学
研究キーワード (6件): 形成外科 ,  ケロイド ,  創傷治癒 ,  血管奇形 ,  血管腫 ,  keloid
論文 (10件):
  • Kosuke Ishikawa, Munezumi Fujita, Satoru Sasaki. Auricular Arteriovenous Malformation With Macrotia Treated With Transcatheter Arterial Embolization, Polidocanol Foam Sclerotherapy and Subsequent Otoplasty Following Resection. Journal of Craniofacial Surgery. 2021. Publish Ahead of Print
  • 村尾 尚規, 藤田 宗純, 林 利彦, 清野 研一郎, 村上 正晃, 山本 有平. ケロイド組織で炎症が遷延するメカニズム 炎症性サイトカインIL-6とCD4陽性T細胞のケロイド線維芽細胞に対する作用. 瘢痕・ケロイド治療ジャーナル. 2020. 14. 4-6
  • Kosuke Ishikawa, Munezumi Fujita, Tomohiro Takeda, Shintaro Mitamura, Takuya Nishio, Emi Funayama, Toshihiko Hayashi, Masayuki Osawa, Taku Maeda, Yuhei Yamamoto, et al. Ulcerated Infantile Hemangioma of the Hard Palate. Journal of Craniofacial Surgery. 2020. Publish Ahead of Print. 6. e600-e602
  • Ishikawa K, Funayama E, Yamamoto Y, Furukawa H, Hayashi T, Murao N, Osawa M, Maeda T, Fujita M, Sasaki S. Squamous cell carcinoma arising in a chronic leg ulcer in Klippel-Trenaunay syndrome after the Charles procedure: A case with 40 years of follow up. The Journal of Dermatology. 2019. 46. 11. e403-e405
  • 村尾 尚規, 前田 拓, 伊藤 梨里, 三浦 隆洋, 北條 正洋, 星野 善允, 開田 ひろみ, 山本 有平, 藤田 宗純, 山尾 健, et al. 北海道大学病院における自家培養表皮適応症例の検討. 熱傷. 2019. 45. 2. 99-99
もっと見る
MISC (6件):
書籍 (1件):
  • 【形成外科の治療指針update 2019】形成外科 増刊号 第62巻
    克誠堂出版 2019
学位 (1件):
  • 医学博士 (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 福島県立医科大学 形成外科学講座 講師
  • 2018/04 - 現在 北海道大学大学院・医学研究院 形成外科学教室 客員研究員
  • 2019/07 - 2020/03 福島県立医科大学 形成外科学講座 助教
受賞 (4件):
  • 2018/11 - 日本創傷治癒学会 第48回研究奨励賞 ケロイドにおけるNEDD4の炎症制御機構に関する解析-ケロイド体質の一因となりうるか?-
  • 2018/07 - 第15回日本血管腫血管奇形学会学術集会 優秀ポスター賞 静脈奇形患者における血液凝固障害の検討
  • 2017/05 - 日本熱傷学会 平成28年度学術奨励賞・臨床系論文受賞
  • 2012/05 - 北海道大学大学院医学研究科 形成外科 北成賞 若手研究者部門
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る