研究者
J-GLOBAL ID:201801019448823343   更新日: 2020年04月14日

坪光 生雄

Tsuboko Ikuo
所属機関・部署:
職名: 特任講師
研究分野 (3件): 哲学、倫理学 ,  社会学 ,  宗教学
研究キーワード (6件): チャールズ・テイラー ,  宗教 ,  哲学 ,  カトリシズム ,  世俗化 ,  世俗主義
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2016 近現代における公共宗教の研究--C.テイラーの宗教社会思想とカトリシズムを中心に
論文 (5件):
  • 坪光生雄. 受肉と交わりーーチャールズ・テイラーの宗教論. 一橋大学大学院社会学研究科. 2020. 1-273
  • 坪光 生雄. チャールズ・テイラーの認識論と宗教史:「身体」をめぐって. 宗教哲学研究. 2018. 35. 0. 104-117
  • 坪光 生雄. 越境する宗教の公共圏 : チャールズ・テイラーの世俗主義. 社会思想史研究 : 社会思想史学会年報. 2017. 41. 172-191
  • 坪光 生雄. 切断に抗して : チャールズ・テイラーの受肉の思想. 宗教研究. 2015. 89. 1. 53-77
  • 坪光 生雄. 世俗の時代の「護教論」 : チャールズ・テイラーの神学的な歴史. 一橋社会科学 = Hitotsubashi bulletin of social sciences. 2014. 6. 51-64,中付2p
講演・口頭発表等 (7件):
  • 象りと共鳴--チャールズ・テイラーの言語論
    (日本宗教学会第78回学術大会 2019)
  • チャールズ・テイラーの多元的な実在論
    (日本宗教学会第76回学術大会 2017)
  • チャールズ・テイラーと公共宗教論の周辺(第二部会,研究報告,<特集>第74回学術大会紀要)
    (日本宗教学会第74回学術大会 2016)
  • チャールズ・テイラーの「受肉」の思想
    (宗教哲学会第7回学術大会 2015)
  • チャールズ・テイラーの「希望」について(第四部会,<特集>第73回学術大会紀要)
    (宗教研究 2015)
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士(社会学) (一橋大学大学院)
  • 博士(社会学) (一橋大学大学院)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 一橋大学 特任講師(ジュニアフェロー)
  • 2015/04 - 2020/03 桐蔭横浜大学 非常勤講師
  • 2013/04 - 2020/03 一橋大学大学院 博士後期課程
  • 2014/04 - 2016/03 日本学術振興会 特別研究員DC2(人文学)
  • 2011/04 - 2013/03 一橋大学大学院 修士課程
全件表示
所属学会 (3件):
宗教哲学会 ,  社会思想史学会 ,  日本宗教学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る