研究者
J-GLOBAL ID:201801019449165730   更新日: 2021年10月25日

神山 篤史

Kohyama Atsushi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 代謝、内分泌学 ,  消化器外科学
研究キーワード (1件): クローン病
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2013 - 2016 回腸嚢炎は潰瘍性小腸炎であるという仮説に基づいた潰瘍性大腸炎起炎菌の同定の試み
論文 (74件):
  • Hidetaka Ichikawa, Hirofumi Imoto, Naoki Tanaka, Fumiyoshi Fujishima, Takahiro Tsuchiya, Kazuhiro Watanabe, Takeshi Aoki, Atsushi Kohyama, Takanori Morikawa, Shinobu Ohnuma, et al. The role of bilio-pancreatic limb in nonalcoholic steatohepatitis improvement after duodenal-jejunal bypass in rats. Surgery. 2021
  • Kazuhiro Watanabe, Iwao Sasaki, Atsushi Kohyama, Hideyuki Suzuki, Minoru Kobayashi, Taiki Kajiwara, Hideaki Karasawa, Shinobu Ohnuma, Takashi Kamei, Michiaki Unno. Antimesenteric cutback end-to-end isoperistaltic anastomosis (Sasaki-Watanabe anastomosis) for Crohn's disease: Novel surgical technique and early results of surgical anastomotic recurrence. Annals of gastroenterological surgery. 2021. 5. 4. 528-537
  • Hideyuki Suzuki, Kazuhiro Watanabe, Atsushi Kohyama, Shinobu Ohnuma, Hideaki Karasawa, Taiki Kajiwara, Minoru Kobayashi, Yuuri Hatsuzawa, Takashi Kamei, Michiaki Unno. Resection rate curves by location along the small intestine provide perspectives on characteristics of Crohn's disease. Colorectal disease : the official journal of the Association of Coloproctology of Great Britain and Ireland. 2021. 23. 5. 1167-1174
  • Atsushi Kohyama, Kazuhiro Watanabe, Akira Sugita, Kitaro Futami, Hiroki Ikeuchi, Ken-Ichi Takahashi, Yasuo Suzuki, Kouhei Fukushima. Ulcerative colitis-related severe enteritis: an infrequent but serious complication after colectomy. Journal of gastroenterology. 2021. 56. 3. 240-249
  • Kazuhiro Watanabe, Atsushi Kohyama, Hideyuki Suzuki, Taiki Kajiwara, Hideaki Karasawa, Shinobu Ohnuma, Takashi Kamei, Michiaki Unno. Slug Method: A Technique for Stoma Prolapse Reduction Using High Osmolality of the 50% Glucose Solution. Diseases of the colon and rectum. 2020. 63. 12. e565
もっと見る
MISC (542件):
  • 唐澤 秀明, 初沢 悠人, 小林 実, 梶原 大輝, 鈴木 秀幸, 神山 篤史, 渡辺 和宏, 亀井 尚, 大沼 忍, 海野 倫明. 局所進行S状結腸癌に対する術前化学療法の有用性. 日本消化器外科学会総会. 2021. 76回. P028-3
  • 梶原 大輝, 大沼 忍, 渡辺 和宏, 神山 篤史, 唐澤 秀明, 鈴木 秀幸, 小林 実, 園部 真也, 亀井 尚, 海野 倫明. 直腸癌術後排便機能障害に対する工夫 直腸癌術後の排便排尿および性機能障害を評価するスマート問診システムの開発. 日本消化器外科学会総会. 2021. 76回. WS12-6
  • 初沢 悠人, 大沼 忍, 小林 実, 梶原 大輝, 鈴木 秀幸, 唐澤 秀明, 神山 篤史, 渡辺 和宏, 亀井 尚, 海野 倫明. 進行下部直腸癌に対する術前化学放射線療法が術後短期成績に与える影響について. 日本消化器外科学会総会. 2021. 76回. P052-6
  • 鈴木 秀幸, 渡辺 和宏, 神山 篤史, 唐澤 秀明, 梶原 大輝, 小林 実, 初沢 悠人, 亀井 尚, 大沼 忍, 海野 倫明. 大腸全摘術における再建法の選択 潰瘍性大腸炎手術における近年の患者背景と再建法の変化. 日本消化器外科学会総会. 2021. 76回. RS8-7
  • 大沼 忍, 神山 篤史, 唐澤 秀明, 小林 実, 梶原 大輝, 鈴木 秀幸, 渡辺 和宏, 森川 孝則, 亀井 尚, 海野 倫明. 術前化学放射線療法後の直腸癌に対するロボット支援下手術の短期治療成績. 日本消化器外科学会総会. 2021. 76回. P122-1
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • Long term results of surgery for familial adenomatous polyposis
    (The 57th Annual Meeting of the Japan Society of Clinical Oncology 2019)
  • 高齢者潰瘍性大腸炎の外科治療の特徴と治療成績
    (第74回日本大腸肛門病学会学術集会 2019)
  • Hand-assisted versus laparoscopic restorative proctocolectomy for ulcerative colitis and familial adenomatous polyposis
    (第74回日本消化器外科学会総会 2019)
  • 経肛門操作先行による腹腔鏡補助下大腸全摘・回腸嚢肛門吻合の手技
    (第73回手術手技研究会 2019)
  • 炎症性腸疾患に対する外科治療の成績と方向性 生物学的製剤導入後の潰瘍性大腸炎に対する外科治療の時代的変化
    (第119回日本外科学会定期学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2004 - 2008 東北大学大学院 生体調節外科
  • 1996 - 2002 東北大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (9件):
  • 2021/04 - 現在 東北大学病院 総合外科 病院講師
  • 2017/10 - 2021/03 東北大学 消化器外科 助教
  • 2014/02 - 2017/09 石巻赤十字病院 外科 副部長
  • 2013/07 - 2014/01 東北大学 消化器外科 助教
  • 2012/10 - 2013/06 東北大学 消化器外科 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2020/02 - 現在 日本排泄ストーマリハビリテーション学会 評議員
  • 2020/09 - 日本大腸肛門病学会 評議員
所属学会 (8件):
日本腹部救急医学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本臨床外科学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本大腸肛門病学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本外科学会 ,  日本ストーマ排泄リハビリテーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る