研究者
J-GLOBAL ID:201801019456567640   更新日: 2020年09月01日

赤澤 祐子

AKazawa Yuko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 人体病理学 ,  消化器内科学
研究キーワード (4件): NAFLD ,  脂肪酸 ,  DNA損傷応答 ,  アポトーシス
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 被ばく者癌における遺伝子変異シグネチャー解析
  • 2016 - 2018 ゲノム不安定性が解き明かす非アルコール性脂肪性肝炎の発癌ポテンシャル
  • 2014 - 2017 飽和脂肪酸による肝細胞死を抑制する因子の解明
  • 2010 - 2012 ヘリコバクターピロリ産生VacA毒素によるアポトーシス機序~ERストレスの関与~
  • パルミトレイン酸によるクローン病の炎症制御
論文 (134件):
  • Moto Kitayama, Yuko Akazawa, Daisuke Yoshikawa, Shuntaro Higashi, Tomohito Morisaki, Hidetoshi Oda, Maho Ikeda, Yujiro Nakashima, Maiko Tabuchi, Keiichi Hashiguchi, et al. Comparative efficacy of antitumor necrosis factor agents and tacrolimus in naïve steroid-refractory ulcerative colitis patients. Scientific reports. 2020. 10. 1. 12546-12546
  • T Nonaka, T Tominaga, Y Akazawa, T Sawai, T Nagayasu. A novel technique of securing a clear surgical space using a silicone disc during transanal total mesorectal excision. Techniques in coloproctology. 2020
  • 坂本 光, 今泉 芳孝, 新野 大介, 竹内 真衣, 松井 昂介, 蓬莱 真喜子, 佐藤 信也, 赤澤 祐子, 安東 恒史, 澤山 靖, et al. 成人T細胞白血病・リンパ腫とEpstein-Barr virus陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫のcomposite lymphoma. 臨床血液. 2020. 61. 4. 305-311
  • Thi My Hanh Luong, Yuko Akazawa, Zhanna Mussazhanova, Katsuya Matsuda, Nozomi Ueki, Shiro Miura, Toshihide Hara, Hiroko Yokoyama, Masahiro Nakashima. Cutaneous pilomatrical carcinosarcoma: a case report with molecular analysis and literature review. Diagnostic pathology. 2020. 15. 1. 7-7
  • Ikuko Takahara, Yuko Akazawa, Maiko Tabuchi, Katsuya Matsuda, Hisamitsu Miyaaki, Youko Kido, Yasuko Kanda, Naota Taura, Ken Ohnita, Fuminao Takeshima, et al. Correction: Toyocamycin attenuates free fatty acid-induced hepatic steatosis and apoptosis in cultured hepatocytes and ameliorates nonalcoholic fatty liver disease in mice. PloS one. 2020. 15. 7. e0235729
もっと見る
MISC (132件):
  • 赤澤 祐子. 何でも答えます!Helicobacter pylori感染症(No 5) 臨床診断をおこなわない健診施設では、抗H.pylori抗体のカットオフ値を3U/mlに統一して問題ありませんか?. Helicobacter Research. 2020. 24. 1. 113-114
  • 塩田 純也, Razumilava Nataliya, Samuelson Linda, 赤澤 祐子, 中尾 一彦. 肝外胆管上皮の増殖反応にはWntシグナルが必要である マウスおよびオルガノイドモデルにおける検討. 肝臓. 2020. 61. Suppl.1. A399-A399
  • 黒濱 大和, 松田 勝也, 木住野 美緒, 松山 睦美, 赤澤 祐子, 木下 晃, 吉浦 孝一郎, 中島 正洋. ラット放射線誘発甲状腺発癌モデルによる被曝特異的分子マーカーの網羅的探索. 日本病理学会会誌. 2020. 109. 1. 310-311
  • 赤澤 祐子, 松田 勝也, 中尾 一彦, 中島 正洋. NAFLDにおける53BP1を用いた遺伝子損傷応答の可視化. 日本病理学会会誌. 2020. 109. 1. 347-347
  • 荻原 久美, 松島 加代子, 植松 梨華子, 田渕 真惟子, 北山 素, 橋口 慶一, 赤澤 祐子, 山口 直之, 竹島 史直, 中尾 一彦. 進行食道癌化学放射線療法後局所再発に対し、光線力学的治療及びサルベージESDが奏功した一症例. 日本消化管学会雑誌. 2020. 4. Suppl. 327-327
もっと見る
書籍 (5件):
  • The GI forefront Vol9(2)
    メディカルレビュー社 2014 ISBN:9784779212147
  • ゲノム情報の臨床応用
    アークメディア 2013 ISBN:9784875831761
  • The GI forefront, Vol.8(2)
    メディカルレビュー社 2012 ISBN:9784779210396
  • 分子生物学が可能とした個別化医療
    アークメディア 2012 ISBN:9784875831624
  • 消化器疾患と幹細胞 その基礎と臨床
    アークメディア 2011 ISBN:9784875831488
講演・口頭発表等 (65件):
  • 自家口腔粘膜上皮細胞シート移植による食道再 生医療後組織の遺伝子損傷応答の検討
    (第19 回日本再生医療学会総会 2020)
  • 当院で経験した胃底腺型胃癌についての検討
    (第91回日本胃癌学会 2020)
  • 変わった小学生が医師になるまで
    (夢を拓く・女子中学生のためのガールズカンファレンス 2019)
  • 病気がわかる:消化管GIST・内分泌腫瘍・悪性リンパ腫
    (がん登録TV会議研修会 2019)
  • Detection of DNA damage response in nonalcoholic fatty liver disease via p53-binding protein 1 nuclear expression
    (第33回肝類洞壁細胞研究会学術集会 2019)
もっと見る
受賞 (3件):
  • 2019/10 - 公益財団法人ソロプチミスト日本財団 2109年度ソロプチミスト日本財団 女性研究者賞 放射線被ばく発がんの遺伝子変異シグネチャー解析
  • 2017/09 - 29th European Congress of Pathology Best Oral Presentation Prizes Increased 53-binding protein 1 nuclear foci expression in the liver of patients with non-alcoholic fatty liver disease
  • 2016/05 - 角尾学術賞 消化器疾患におけるアポトーシスの役割 ~Intersection of apoptotic pathways in digestive and liver diseases ~
所属学会 (6件):
日本内科学会 ,  日本診療情報管理学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る