研究者
J-GLOBAL ID:201801019794627801   更新日: 2021年07月31日

上手 雄貴

カミテ ユウキ | Kamite Yuuki
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 多様性生物学、分類学
研究キーワード (5件): 衛生害虫 ,  水生甲虫 ,  分類学 ,  生物多様性 ,  昆虫学
論文 (27件):
もっと見る
MISC (72件):
  • 上手雄貴, 上手奈美. 岐阜県におけるアヤスジミゾドロムシの記録. さやばねニューシリーズ. 2021. 41. 5-5
  • 上手雄貴, 横井寛昭, 谷口 賢, 大野浩之. 昆虫類におけるカタラーゼ活性の経時的変化に関する研究. 名古屋市衛生研究所報. 2020. 66. 71-73
  • 上手雄貴, 横井寛昭, 市川 隆, 小平彩里, 高橋剣一, 三木卓也, 柴田伸一郎, 大野浩之. 名古屋市内における蚊のウイルス調査 (2019). 名古屋市衛生研究所報. 2020. 66. 67-69
  • 上手雄貴, 上手奈美. 対馬におけるミユキシジミガムシの記録. さやばねニューシリーズ. 2020. 39. 65-65
  • 上手雄貴. 伊平屋島におけるミナミチビマルガムシの記録. さやばねニューシリーズ. 2020. 39. 62-62
もっと見る
書籍 (1件):
  • レッドデータブック2014 5 昆虫類
    環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室 2015
講演・口頭発表等 (5件):
  • 中部地方の流水性Hydraena属(ダルマガムシ科)について~Jäch博士,中部にきたる~
    (日本甲虫学会第4回大会・日本昆虫学会関東支部第50回大会 合同大会 水生甲虫分科会 2013)
  • Heterlimnius属ヒメドロムシとその近縁属群の系統分類学的研究(コウチュウ目,ヒメドロムシ科)
    (第3回日本甲虫学会大会 水生甲虫分科会 2012)
  • 日本産Optioservusマルヒメドロムシ属(ヒメドロムシ科)の分類学的再検討
    (第1回(新)日本甲虫学会大会 2010)
  • Heterlimnius属の分類学的研究(コウチュウ目,ヒメドロムシ科)
    (日本鞘翅学会第21回大会 日本甲虫学会2008年次大会 日本昆虫分類学会第11回大会 合同大会 2008)
  • 日本産Dytiscus属幼虫の形態と分類形質
    (日本昆虫分類学会第4回大会 2002)
学歴 (3件):
  • 2007 - 2012 愛媛大学大学院
  • 2001 - 2003 愛媛大学大学院
  • 1997 - 2001 東京農業大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (愛媛大学)
経歴 (2件):
  • 2005/04 - 現在 名古屋市衛生研究所 生活環境部
  • 2003/04 - 2005/03 環境科学株式会社
所属学会 (3件):
ウィーン甲虫学会 ,  日本昆虫分類学会 ,  日本甲虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る