研究者
J-GLOBAL ID:201801020100252332   更新日: 2021年08月09日

盛本 圭一

モリモト ケイイチ | MORIMOTO Keiichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/view/keimorimotohttps://sites.google.com/view/kmorimoto
研究分野 (2件): 理論経済学 ,  経済政策
研究キーワード (4件): マクロ経済学 ,  経済成長 ,  財政政策 ,  金融政策
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 法人税の租税競争に関するマクロ経済分析
  • 2016 - 2021 政策担当者のインセンティブと金融政策委員会のデザイン
  • 2018 - 2019 所得分布と分配政策:異質な経済主体からなる連続時間マクロ経済モデルアプローチ
  • 2013 - 2017 家計の異質性と消費税の効果に関する理論分析:再分配とマクロ経済動学
  • 2012 - 2015 現代の政策課題と動学的マクロ経済学の応用可能性
全件表示
論文 (9件):
  • Keiichi Morimoto, Shiba Suzuki. Ambiguity in a Pandemic Recession, Asset Prices, and Lockdown Policy. SSRN Electronic Journal. 2021. abstract_id=3896828
  • Keiichi Morimoto. Information Use and the Condorcet Jury Theorem. Mathematics. 2021. 9. 10. 1098
  • Shinya Kajitani, Keiichi Morimoto, Shiba Suzuki. Information Feedback in Relative Grading: Evidence from a Field Experiment. PLoS ONE. 2020. 15. 4. e0231548
  • Takeo Hori, Noritaka Maebayashi, Keiichi Morimoto. Tax Evasion and Optimal Corporate Income Tax Rates in a Growing Economy. MPRA Papers. 2018. 90787
  • Keiichi Morimoto. Further Results on Preference Uncertainty and Monetary Conservatism. Economics Bulletin. 2018. 38. 1. 583-592
もっと見る
書籍 (1件):
  • 数理経済学の源流と展開
    慶應義塾大学出版会 2015
講演・口頭発表等 (3件):
  • Ambiguity, sector specific disasters, and asset prices during COVID-19 pandemic
    (The 2021 China Meeting, Econometric Society 2021)
  • A Macroeconomic Analysis of Corporate Tax Evasion
    (2018 Australasian Meeting, Econometric Society 2018)
  • 公債発行ルールとマクロ経済動学
    (公共選択学会第18回大会 2014)
学歴 (2件):
  • 2006 - 2011 大阪大学
  • 2002 - 2006 慶應義塾大学
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 2014/04 - 2020/03 明星大学 経済学部 准教授
  • 2011/04 - 2014/03 明星大学 経済学部 助教
  • 2009/04 - 2011/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
所属学会 (3件):
Econometric Society ,  日本経済学会 ,  American Economic Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る