研究者
J-GLOBAL ID:201801020100647086   更新日: 2021年07月16日

長谷部 政治

ハセベ マサハル | Hasebe Masaharu
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (5件): ペプチドニューロン ,  光周性 ,  patch clamp ,  電気生理 ,  神経科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2023 光周時計による日長・日数依存的な生殖制御機構の解析
  • 2019 - 2022 脳による時間符号化研究の新機軸
  • 2019 - 2022 昆虫の光周性の変異を生み出す分子神経機構の解析
  • 2018 - 2020 光周時計における日長・日数計測機構の神経生物学的解析
  • 2014 - 2017 栄養状態が生殖に及ぼす影響の生体内神経・内分泌機構の解明
論文 (9件):
もっと見る
MISC (2件):
講演・口頭発表等 (12件):
  • RNA interference of the clock gene period diminishes photoperiodic response of the pars intercerebralis neurons in the bean bug Riptortus pedestris
    (The 42th annual meeting of the Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry 2020)
  • カメムシ二種間で異なる日長応答を示す脳間部細胞における 出力分子の発現プロファイリングとノックダウン解析
    (日本動物学会 第91回 オンライン大会 2020)
  • Pars intercerebralis neurons show photoperiodic change in their spontaneous firing activity in the bean bug Riptortus pedestris
    (The 41st Annual Meeting of the Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry 2019)
  • Plast-MIP に着目したチャバネアオカメムシのメス成虫における絶食時の生殖抑制機構の解析
    (日本動物学会 第90回 大阪大会 2019)
  • チャバネアオカメムシの脳間部大型神経細胞における光周反応の電気生理学的解析
    (日本動物学会 第89回札幌大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 東京大学 生物科学専攻 博士課程
  • 2012 - 2014 東京大学 生物科学専攻 修士課程
  • 2008 - 2012 東京学芸大学 B類理科専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 大阪大学 理学研究科生物科学専攻 助教
  • 2014/04 - 2017/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
委員歴 (2件):
  • 2018/11 - 現在 日本動物学会近畿支部 広報委員
  • 2017/09 - 現在 日本動物学会 広報委員
受賞 (1件):
  • 2016/06 - アジア・オセ アニア比較内分泌学会 Award for Excellent Presentation Female specific glucose-sensing of GnRH neurons may cause the sexually dimorphic reproductive regulation in malnutritional states.
所属学会 (3件):
北米神経科学学会 ,  日本動物学会 ,  日本比較生理生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る