研究者
J-GLOBAL ID:201801020106369525   更新日: 2021年02月25日

伊田 翔平

イダ ショウヘイ | Ida Shohei
所属機関・部署:
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/view/idashohei/homehttps://sites.google.com/view/idashohei/home
研究分野 (3件): 高分子材料 ,  高分子化学 ,  有機合成化学
研究キーワード (4件): 高分子ゲル ,  リビング重合 ,  精密合成 ,  高分子合成
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 ゲル材料モデリングの高度化と成長誘起形態形成の分岐座屈解析フロンティア
  • 2019 - 2022 有機/無機微粒子構造を架橋ドメインとする新規機能性ゲルの精密設計
  • 2019 - 2020 相反する性質を持つモノマーの巧みな組み合わせによる高分子ゲル温度応答挙動の自在制御
  • 2016 - 2019 ゲル網目のモノマー配列制御:架橋ドメイン設計による両親媒性ゲルの高機能化
  • 2016 - 2019 ゲル材料に生じる膨潤誘起不安定変形のメカニズム解明と予測による解析基盤構築
全件表示
論文 (29件):
  • Miki Morimura, Shohei Ida, Masatoshi Oyama, Hiroki Takeshita, Shokyoku Kanaoka. Design of Hydrogels with Thermoresponsive Crosslinked Domain Structures via the Polymerization-Induced Self-Assembly Process and Their Thermoresponsive Toughening in Air. Macromolecules. 2021. 54. 4. 1732-1741
  • Shohei Ida, Shogo Toda, Masatoshi Oyama, Hiroki Takeshita, Shokyoku Kanaoka. Multiarm Star-Crosslinked Hydrogel: Polymer Network with Thermoresponsive Free-End Chains Densely Connected to Crosslinking Points. Macromolecular Rapid Communications. 2021. published online
  • Komol Kanta Sharker, Sayuri Takeshima, Yuri Toyama, Shohei Ida, Shokyoku Kanaoka, Shin-ichi Yusa. pH- and thermo-responsive behavior of PNIPAM Star Containing Terminal Carboxy Groups in Aqueous Solutions. Polymer. 2020. 203. 122735
  • Shohei Ida, Yuri Toyama, Sayuri Takeshima, Shokyoku Kanaoka. Thermoresponsive Core-Crosslinked Star-Shaped Poly(N-isopropylacrylamide) for Reversible and Controlled Aggregation of Nano-Scale Molecular Units. Polymer Journal. 2020. 527. 3. 359-363
  • Shohei Ida, Akimitsu Katsurada, Mitsuhiro Tsujio, Motoharu Nakamura, Yoshitsugu Hirokawa. Crosslinker-Based Regulation of Swelling Behavior of Poly(N-isopropylacrylamide) Gels in Post-Polymerization Crosslinking System. Gels. 2020. 6. 1. 2
もっと見る
MISC (10件):
特許 (3件):
  • 銀ナノワイヤおよびその製造方法並びにインク
  • 銀ナノワイヤ合成用有機保護剤並びに銀ナノワイヤおよびその製造方法
  • 銀ナノワイヤおよびその製造方法並びに分散液およびインク
書籍 (8件):
  • 化学構造制御による温度応答性高分子ゲルの設計(刺激応答性高分子ハンドブック:基礎編第2章5節)
    エヌ・ティー・エス 2018
  • リビングカチオン重合による機能性高分子の合成(リビングラジカル重合 -機能性高分子の合成と応用展開-:第I編第10章)
    シーエムシー出版 2018
  • PES (Poly(ether-sulfone), Polysulfone (in Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials)
    Springer 2015
  • 共焦点レーザー顕微鏡法によるゲルの内部構造評価(ゲルテクノロジーハンドブック-製品設計・評価・シミュレーションから製造プロセス・製品化まで 第2編第2章7節)
    エヌ・ティー・エス 2014
  • RAFT重合を利用した自己修復性高分子ゲルの合成(ゲルテクノロジーハンドブック-製品設計・評価・シミュレーションから製造プロセス・製品化まで 第1編第7章5節)
    エヌ・ティー・エス 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • 高密度に刺激応答性自由末端鎖が結合した架橋構造を持つヒドロゲルの設計
    (第32回高分子ゲル研究討論会 2021)
  • Design of Amphiphilic Polymer Hydrogels with Crosslinked Domain Structure
    (第69回高分子討論会日韓合同セッション 2020)
  • 空気中で熱応答して力学特性を変化するヒドロゲル:水中高温RAFT重合によるドメイン構造誘起形成に基づく機能化
    (第69回高分子討論会 2020)
  • コア架橋多分岐星型ポリマーの特異的温度応答性と凝集挙動
    (第69回高分子討論会 2020)
  • 水中高温RAFT重合による架橋ドメイン構造を持つヒドロゲルの設計と空気中における感温力学特性
    (第69回高分子学会年次大会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2011 京都大学 高分子化学専攻
  • - 2006 京都大学 工業化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
委員歴 (4件):
  • 2014/04/01 - 現在 高分子ゲル研究会運営委員
  • 2019/10 - 第67回レオロジー討論会実行委員
  • 2017/09 - 第66回高分子討論会セッションオーガナイザー(S15:網目構造デザインに基づく高分子ゲルの高機能化)
  • 2017/08 - 第88回高分子若手研究会[関西]世話人
受賞 (6件):
  • 2018/05 - 高分子学会 平成29年度高分子研究奨励賞 精密ラジカル重合の利用とモノマー連鎖配列に着目した刺激応答性ゲルの網目構造設計
  • 2018/05 - 高分子学会 平成29年度Polymer Journal論文賞-日本ゼオン賞 End-Crosslinking of Controlled Telechelic Poly(N-isopropylacrylamide) toward a Homogeneous Gel Network with Photo-Induced Self-Healing
  • 2018/04 - Royal Society of Chemistry Polymer Chemistry 「2018 Emerging Investigator」 選出 Swelling properties of thermoresponsive/hydrophilic co-networks with functional crosslinked domain structures
  • 2018/03 - 滋賀県立大学 平成29年度滋賀県立大学優秀職員表彰
  • 2017/09/01 - The 15th International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM2017) IUMRS-ICAM 2017 Soft Matter Poster Award Precision Synthesis of Controlled Telechelic PNIPAAm with Thiol-Termini for Construction of Homogeneous Network by Thiol-Ene End-Crosslinking
全件表示
所属学会 (5件):
日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  高分子ゲル研究会 ,  高分子学会 ,  日本レオロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る