研究者
J-GLOBAL ID:201801020216001809   更新日: 2021年10月14日

佐渡 夏紀

サド ナツキ | Sado Natsuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): スポーツ科学 ,  体育、身体教育学
研究キーワード (15件): 最適動作 ,  個人差 ,  冗長性 ,  形態 ,  慣性パラメータ ,  MRI ,  動作分析 ,  3次元分析 ,  骨盤 ,  腰椎-骨盤-股関節複合体 ,  移動運動 ,  走 ,  跳 ,  バイオメカニクス ,  スポーツ科学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2024 力学的な動かしやすさに対する人間の適応をアスリートの身体から探る
  • 2021 - 2022 一流柔道家からヒトの外乱応答能力の可塑性に迫る
  • 2020 - 2021 慣性特性からみたスプリンターの身体的特徴の解明:身体の動かしやすさに対する人間の適応可能性に迫る
  • 2019 - 2021 個人の体つきに応じた最適跳躍動作の解明
  • 2016 - 2019 ダイナミックな移動運動における体幹の役割
全件表示
論文 (24件):
  • Sado, N, Yoshioka, S, Fukashiro, S. Acquisition of mechanical energy directly contributing to sideward propulsion in sidestep cutting manoeuvre. Journal of Biomechanics. 2021
  • Sado, N, Yoshioka, S, Fukashiro, S. Curved approach in high jump induces greater jumping height without greater joint kinetic exertions than straight approach. Medicine & Science in Sports & Exercise. 2021. in press
  • Shiotani, Hiroto, Yamashita, Ryo, Mizokuchi, Tomohiro, Sado, Natsuki, Munekazu, Naito, Kawakami, Yasuo. Track distance runners exhibit bilateral differences in the plantar fascia stiffness. Scientific Reports. 2021. 11. 9260
  • Sado, Natsuki, Shiotani, Hiroto, Saeki, Junya, Kawakami, Yasuo. Positional difference of malleoli-midpoint from three-dimensional geometric centre of rotation of ankle and its effect on ankle joint kinetics. Gait & posture. 2021. 83. 223-229
  • Sado, Natsuki, Yoshioka, Shinsuke, Fukashiro, Senshi. Non-extension movements inducing over half the mechanical energy directly contributing to jumping height in human running single-leg jump. Journal of biomechanics. 2020. 113
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • 牧畜民マサイの高跳びは高さ勝負のためなのか? ー学際的アプローチから再考するー
    (顔・身体学第8回領域会議 2021)
  • Plantar fascia stiffness is related to the foot arch deformability and performance in single-leg drop jump
    (28th Congress of the International Society of Biomechanics 2021)
  • Effects Of Amino Acid Mixture On Functional And Morphological Properties Of Achilles Tendon
    (American College of Sports Medicine 68th Annual Meeting 2021)
  • 最新の跳ぶ科学:下肢の伸展動作に 留まらない巧みな全身動作としての跳躍
    (第28回身体運動科学シンポジウム 2021)
  • Different effects of approach length on sagittal and frontal joint kinetics during a running single-leg jump
    (38th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2016 - 2019 東京大学大学院 広域科学専攻 博士課程
  • 2014 - 2016 東京大学大学院 広域科学専攻 修士課程
  • 2010 - 2014 筑波大学
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2021/01 - 現在 筑波大学 体育系 助教
  • 2020/04 - 現在 明治薬科大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 2020/12 早稲田大学 スポーツ科学学術院 助教(任期付き)
  • 2018/04 - 2019/03 東京学芸大学 非常勤講師
  • 2016/04 - 2019/03 学術振興会 特別研究員
受賞 (13件):
  • 2020/09 - 日本バイオメカニクス学会 日本バイオメカニクス学会 国際セッション奨励賞 (共同研究者)
  • 2019/10 - 日本トレーニング科学会 日本トレーニング科学会 奨励賞
  • 2019/06 - 日本バイオメカニクス学会 彗ひろば発表賞
  • 2019/03 - 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 博士論文特別賞
  • 2019/03 - 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 博士論文特別賞
全件表示
所属学会 (5件):
東京体育学会 ,  国際スポーツバイオメカニクス学会 ,  日本トレーニング科学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  日本体育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る