研究者
J-GLOBAL ID:201801020567199494   更新日: 2021年10月05日

井上 主税

イノウエ チカラ | Inoue Chikara
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 考古学
研究キーワード (3件): 倭系遺物 ,  朝鮮・韓国考古学 ,  日朝(日韓)交渉の考古学的研究
論文 (40件):
  • 井上主税, 濵慎一, 米田文孝. 長野県伊那市老松場古墳群第3次調査の概要-南信地方最古の前方後円墳の調査-. 日本考古学協会第86回総会 研究発表要旨. 2020
  • 井上主税. 4・5世紀におけるヤマト王権と加耶の対外交流-王権の伸長に着目して-. 가야가 만든 고대 동아시아 네트워크. 2019
  • 井上主税. 大和地域における朝鮮半島三国時代玉類を副葬した古墳の諸様相. 『和の考古学-藤田和尊さん追悼論文集-』. 2019
  • 井上主税, 米田文孝. 古墳研究に使用する機器の過去と現在-ミュオグラフィに期待すること-. 文化遺産の視覚化に関する日本とエジプトの共同ワークショップ-ミュオグラフィと情報科学-. 2018
  • 井上主税, 濵慎一, 米田文孝. 長野県伊那市老松場古墳群第1次調査の概要-新たな前方後円墳の発見か-. 日本考古学協会第84回総会 研究発表要旨. 2018
もっと見る
書籍 (9件):
  • 海を渡った交流の証し-遺物からみた五世紀の倭と朝鮮半島
    2020
  • 魏都・洛陽から倭都・邪馬台国へ-『親魏倭王』印の旅-
    雄山閣 2019
  • 日本考古学・最前線
    雄山閣 2018
  • 玉-古代を彩る至宝-
    ハーベスト出版 2018
  • 発見・検証 日本の古代II 騎馬文化と古代のイノベーション
    2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (40件):
  • 古墳時代における大和地域の渡来系集団の実像-盆地東部の朝鮮半島系資料を中心に-
    (天理大学附属天理参考館 2019)
  • 記紀にみられる王宮をさがして-飛鳥前史を考える-
    (関西大学教育後援会 2019)
  • 4・5世紀におけるヤマト王権と加耶の対外交流-王権の伸長に着目して-
    (韓国国立中央博物館『가야가 만든 고대 동아시아 네트워크』 2019)
  • 5世紀の朝鮮半島情勢と鉄素材からみた百舌鳥・古市古墳群
    (堺市 2019)
  • 朝鮮半島三国時代の人々の文化とくらし-大和の渡来人の源流を探る-
    (関西大学社会連携部 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2007 大韓民国慶北大学校
  • 2000 - 2000 関西大学 史学
  • - 1996 関西大学 史学地理学科
学位 (1件):
  • 博士(文学) (韓国慶北大学校)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 関西大学 文学部 教授
  • 2017/04 - 2021/03 関西大学 文学部 准教授
  • 2008/09/30 - 2010/03/31 関西大学非常勤講師
  • 2006/10/01 - 2007/06/30 大韓民国財団法人嶺南文化財研究院 特別研究員
  • 2003/09/01 - 2004/08/31 大韓民国慶北大学校人文学部非常勤講師
委員歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 桜井市纒向学研究センター 共同研究員
  • 2017/04 - 現在 奈良県立橿原考古学研究所 共同研究員
  • 2018/06 - 2020/06 大阪歴史学会事務局長
所属学会 (4件):
大阪歴史学会 ,  古代学協会 ,  九州考古学会 ,  日本考古学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る