研究者
J-GLOBAL ID:201801020574522691   更新日: 2021年08月25日

山下 純照

ヤマシタ ヨシテル | Yoshiteru Yamashita
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 美学、芸術論
研究キーワード (8件): 語り、語りの理論(物語理論) ,  記憶理論 ,  ドイツ文学 ,  美学・芸術学 ,  演劇学 ,  german studies ,  aesthetics and art studies ,  theatre studies
論文 (25件):
  • 山下 純照. 壊れていくクラインの壺 : 岩井秀人『おとこたち』にみる「舞台の語り」 (石鍋真澄教授退任記念). 美学美術史論集. 2020. 22. 202-185
  • 山下 純照. 「もどき」の概念の現代演劇への適用可能性 : タールハイマー演出『エミーリア・ガロッティ』を中心に. 成城美学美術史. 2017. 23. 15-32
  • 山下 純照. Das Fastnachtspiel von "Rumpold und Mareth" als verdecktes Modell fur das Lustspiel Der zerbrochene Krug von Heinrich von Kleist (小林義武教授記念). 美學美術史論集. 2013. 20. 181-202
  • 山下 純照. 記憶の演劇の概念について(1)野田秀樹『ザ・キャラクター』(2010)における社会的記憶. 成城文芸. 2011. 215. 85-60
  • 山下純照. 野田秀樹の『ザ・ダイバー』における「演劇の修辞学」-能『海士』との関係性-. 演劇学論叢. 2010. 11. 56-70
もっと見る
MISC (7件):
  • 山下 純照. ポストドラマ演劇「研究」の現在:--特集へのガイダンス--. 演劇学論集 日本演劇学会紀要. 2019. 67. 1-8
  • 日比野 啓, 林 廣親, 山下 純照. 戦時演劇研究--成果と展望 (特集 戦時演劇). 演劇学論集. 2009. 49. 3-25
  • 山下 純照. 第一二一回例会報告 討論会 ベルリン・フォルクスビューネ『終着駅アメリカ』(構成・演出フランク・カストルフ)来日公演をめぐって (〔日本演劇学会分科会西洋比較演劇研究会〕2005年度例会記録・報告要旨). 西洋比較演劇研究. 2006. 5. 47-49
  • 山下 純照. はじめに. 演劇学論集 日本演劇学会紀要. 2004. 42. 3-13
  • 山下 純照. 研究批評 文化的視点からの演劇研究の可能性--ペーター・マルクス『演劇と文化的想起』(2003)の場合. 西洋比較演劇研究. 2004. 3. 53-60
もっと見る
書籍 (10件):
  • 西洋演劇論アンソロジー
    月曜社 2019 ISBN:9784865030822
  • 岩波世界人名大辞典
    岩波書店 2013 ISBN:9784000803151
  • 演劇学へのいざない : 研究の基礎
    国書刊行会 2013 ISBN:9784336056399
  • こわれがめ
    みすず書房 2013 ISBN:9784622085058
  • Theater in Japan
    2009 ISBN:9783940737250
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 「現代演劇における「もどき」-レッシング作、タールハイマー演出『エミーリア・ガロッティ』を中心に-」
    (成城美学美術史学会2016年度第1回例会 2016)
  • 文化パフォーマンスとしての「ジョージ・タボーリ」ブーム -1980年代~1990年代初頭の演劇批評をもとに受容の変化を検証する
    (日本独文学会2015年秋期研究発表会 2015)
  • ドイツ演劇界におけるジョージ・タボーリ受容の変化 - 衝撃と拒否から肯定へ -
    (日本演劇学会分科会西洋比較演劇研究会例会 2014)
  • To and fro of psycho-cultural analysis: George Tabori and Hideki Noda
    (Interweaving Cultures in Performance 2013)
  • ハインリッヒ・フォン・クライストの喜劇『壊れ甕』の隠されたモデル - 「ルンポルトとマレート」を主人公とする謝肉祭劇との関連性 -
    (日本演劇学会分科会西洋比較演劇研究会例会 2013)
もっと見る
経歴 (6件):
  • 2009/04 - 現在 成城大学文芸学部 教授
  • 2009/04 - 現在 Professor,Faculty of Arts and Literature,Seijo University
  • 2007/04 - 2009/03 千葉商科大学 商経学部 教授
  • 1998/04 - 2007/03 千葉商科大学 商経学部 助教授
  • 1994/04 - 1998/03 千葉商科大学 商経学部 専任講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2006/06 - 現在 日本演劇学会 理事
  • 2014/06 - 2018/06 日本演劇学会 『演劇学論集』(日本演劇学会『紀要』)編集委員会委員長
  • 2010/06 - 2012/06 日本演劇学会 『演劇学論集』(日本演劇学会『紀要』)編集委員会委員長
所属学会 (4件):
日本独文学会 ,  美学会 ,  日本演劇学会 ,  Japanese Society for Theatre Research
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る