研究者
J-GLOBAL ID:201801020630961903   更新日: 2021年12月01日

兵法 彩

ヘイホウ アヤ | HEIHO Aya
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
ホームページURL (1件): http://platinum.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (4件): 循環型社会システム ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  地球資源工学、エネルギー学 ,  地域研究
研究キーワード (5件): 環境・社会経済性評価 ,  ライフサイクルアセスメント ,  健康管理 ,  技術評価 ,  持続可能社会
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 地域経済の好循環に着目した再生可能エネルギー技術の導入に伴う環境・社会経済性評価
  • 2019 - 2020 地域産業の活用を考慮した再生可能エネルギー技術の導入のための環境・社会経済性評価
  • 2015 - 2017 地域バイオマス事業の導入戦略に向けた技術評価ツールの構築
論文 (10件):
もっと見る
MISC (5件):
講演・口頭発表等 (38件):
  • Environmental impact assessment of the emerging technology recycling applying advanced electrical pulse fragmentation: Case studies on lithium-ion batteries and photovoltaic panels
    (Ecobalance 2020)
  • Potential of Resources Recycling from Spent Li-ion Batteries in Japan: A Future Perspective
    (Ecobalance 2020)
  • 市町村における産業連関表の作成・応用に関する文献レビュー
    (第16回日本LCA学会研究発表会 2021)
  • 新規電気パルス法を用いた新興技術リサイクルの環境影響評価:リチウムイオン電池および太陽光パネルにおけるケーススタディ
    (第16回日本LCA学会研究発表会 2021)
  • PDCAサイクルの実践に向けた自治体の業務プロセス分析:健康づくりイベントの例
    (第79回日本公衆衛生学会総会(オンデマンド))
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(環境学) (横浜国立大学)
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 東京大学 総括プロジェクト機構「プラチナ社会」総括寄付講座 特任研究員
  • 2016/06 - 2017/03 東京大学 総括プロジェクト機構「プラチナ社会」総括寄付講座 特別研究員
受賞 (6件):
  • 2021/03 - 日本LCA学会 学生優秀発表賞 新規電気パルス法を用いた新興技術リサイクルの環境影響評価:リチウムイオン電池および太陽光パネルにおけるケーススタディ
  • 2015/03 - 横浜国立大学環境情報学府 学生表彰
  • 2015/03 - 日本LCA学会 第6回日本LCA学会論文賞 バイオマスプラント建設のGHG排出量推計に向けた産業連関表の実用的な利用, 日本LCA学会誌, 10(1), 13-24
  • 2013/03 - 横浜国立大学 成績優秀者表彰
  • 2013/03 - 横浜国立大学環境情報学府 学生表彰
全件表示
所属学会 (4件):
日本公衆衛生学会 ,  日本LCA学会 ,  日本エネルギー学会 ,  エネルギー・資源学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る