研究者
J-GLOBAL ID:201801020671586246   更新日: 2020年10月06日

豊田 優

トヨダ ユウ | Toyoda Yu
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
ホームページURL (1件): http://plaza.umin.ac.jp/~todaiyak/y_toyoda.php
研究分野 (3件): 医化学 ,  栄養学、健康科学 ,  薬理学
研究キーワード (7件): 尿酸 ,  栄養 ,  体質・健康 ,  抗酸化物質 ,  トランスポーター ,  腋臭症 ,  生活習慣病
論文 (45件):
  • Yusuke Kawamura, Yu Toyoda, Takuma Ohnishi, Ryutaro Hisatomi, Toshihide Higashino, Akiyoshi Nakayama, Seiko Shimizu, Masato Yanagi, Isamu Kamimaki, Rika Fujimaru, et al. Identification of a dysfunctional splicing mutation in the SLC22A12/URAT1 gene causing renal hypouricaemia type 1: a report on two families. Rheumatology (Oxford, England). 2020
  • Hiroki Saito, Yu Toyoda, Hiroshi Hirata, Ami Ota-Kontani, Youichi Tsuchiya, Tappei Takada, Hiroshi Suzuki. Soy Isoflavone Genistein Inhibits an Axillary Osmidrosis Risk Factor ABCC11: In Vitro Screening and Fractional Approach for ABCC11-Inhibitory Activities in Plant Extracts and Dietary Flavonoids. Nutrients. 2020. 12. 8. 2452-2452
  • Yu Toyoda, Tappei Takada, Hiroshi Suzuki. Febuxostat inhibited axillary osmidrosis risk factor ATP-binding cassette transporter C11 in vitro. The Journal of dermatology. 2020
  • Yu Toyoda, Tappei Takada, Hiroshi Miyata, Hirotaka Matsuo, Hidetoshi Kassai, Kazuki Nakao, Masahiro Nakatochi, Yusuke Kawamura, Seiko Shimizu, Nariyoshi Shinomiya, et al. Identification of GLUT12/SLC2A12 as a urate transporter that regulates the blood urate level in hyperuricemia model mice. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2020
  • Hiroki Saito, Yu Toyoda, Tappei Takada, Hiroshi Hirata, Ami Ota-Kontani, Hiroshi Miyata, Naoyuki Kobayashi, Youichi Tsuchiya, Hiroshi Suzuki. Omega-3 Polyunsaturated Fatty Acids Inhibit the Function of Human URAT1, a Renal Urate Re-Absorber. Nutrients. 2020. 12. 6
もっと見る
MISC (29件):
  • 豊田 優, 高田 龍平. メタボロミクスを活用した職業性胆管がんの研究 -トランスポーターに着目した生体外異物の体内動態制御の視点から. 医学のあゆみ メタボローム解析UPDATE. 2019. 270. 5. 485-490
  • Matsuo Hirotaka, Higashino Toshihide, Takada Tappei, Nakaoka Hirofumi, Toyoda Yu, Stiburkova Blanka, Nakashima Hiroshi, Shimizu Seiko, Kawaguchi Makoto, Nakayama Akiyoshi, et al. Comprehensive Association Analysis between Rare and Common ABCG2 Variants and Gout Susceptibility. ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY. 2018. 70. .
  • 豊田 優. 健康長寿の秘訣は糖質よりも脂肪にあり!?. ファルマシア. 2018. 54. 8. 814-814
  • Higashino T, Takada T, Nakaoka H, Toyoda Y, Stiburkova B, Wakai K, Ooyama H, Inoue I, Merriman T. R, Shinomiya N, et al. COMPREHENSIVE EVALUATION OF THE EFFECTS OF RARE AND COMMON EXONIC ABCG2 VARIANTS ON GOUT SUSCEPTIBILITY. ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES. 2018. 77. 230-231
  • 豊田 優(生化学若い研究者の会, キュベット委員会. Opinion -研究の現場から「バイオ系研究室のイクボス:嬉しかった気遣い」. 実験医学. 2018. 1. 129-129
もっと見る
書籍 (3件):
  • 高校生からのバイオ科学の最前線 : iPS細胞・再生医学・ゲノム科学・バイオテクノロジー・バイオビジネス・iGEM
    日本評論社 2014 ISBN:9784535786530
  • これだけ!生化学
    秀和システム 2014 ISBN:9784798042268
  • 腋臭症・多汗症治療実践マニュアル
    全日本病院出版会 2012 ISBN:4881170627
講演・口頭発表等 (11件):
  • 痛風病因としての尿酸トランスポーターABCG2の病態生理学的重要性とレアバリアント解析
    (第70回日本電気泳動学会シンポジウム 2020)
  • 職業性胆管がんリスク関連物質の胆汁排泄
    (第13回トランスポーター研究会年会 2018)
  • 生体異物およびその関連代謝物の体内動態解析:職業性胆管がん事例への応用
    (サーモフィッシャーサイエンティフィック質量分析フォーラム2017 2017)
  • ABCC2-mediated biliary excretion of glutathione conjugates of 1,2-dichloropropane evidenced by untargeted metabolomics
    (Gordon Research Conference 2017 "Multi-Drug Efflux Systems" Integrated Approaches to Understanding the Role of Multi-Drug Efflux Systems in Health and Disease 2017)
  • 膜輸送体機能に着目した病態生理学研究:職業がん事例から見出された、胆汁排泄と胆管がんリスク
    (2016年度 中部大学 応用生物学部 研究・教育交流会 33rd O-say Open Seminar 2016)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2009 - 2012 東京工業大学大学院 生体分子機能工学専攻 生体材料設計講座
  • 2007 - 2009 東京工業大学大学院 生体分子機能工学専攻 生体機能制御工学講座
  • 2004 - 2007 東京工業大学 生命工学科
  • 2003 - 2004 東京工業大学
  • 1997 - 2003 私立駒場東邦中学校・高等学校
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 東京大学 医学部附属病院 薬剤部 特任研究員
  • 2015/04 - 2017/03 東京大学 医学部附属病院 薬剤部 特任助教
  • 2012/04 - 2015/03 東京大学 医学部附属病院 薬剤部 日本学術振興会特別研究員SPD
  • 2009/04 - 2012/03 日本学術振興会特別研究員DC1
委員歴 (6件):
  • 2015 - 現在 トランスポーター研究会 幹事
  • 2015/04 - 2017/03 2017 Gordon Research Seminar “Multi-Drug Efflux Systems” Linking Molecular Mechanisms to Biological Functions of Transporters Through Innovation and Multidisciplinary Approaches. Corresponding Chair
  • 2013/09 - 2015/04 2015 Gordon-Kenan Research Seminar “Multi-Drug Efflux Systems” Learning from the Past to Innovate the Future. Associate Chair
  • 2012/09 - 2013/09 生化学若い研究者の会 夏の学校実行委員(アドバイザー)
  • 2010/09 - 2011/09 生化学若い研究者の会 夏の学校実行委員(企画長、WSオーガナイザー)
全件表示
受賞 (27件):
  • 2019/07 - 第14回トランスポーター研究会年会 優秀発表賞
  • 2018/09 - 第4回次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム(日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会主催) 優秀発表賞
  • 2018/07 - 第13回トランスポーター研究会年会 優秀発表賞(共同受賞)
  • 2017/09 - 17th International Symposium on Purine and Pyrimidine Metabolism in Man Oral Presentation Award(共同受賞)
  • 2017/07 - 第12回トランスポーター研究会年会 優秀発表賞
全件表示
所属学会 (7件):
トランスポーター研究会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本毒性学会 ,  日本動物細胞工学会 ,  日本薬学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る