研究者
J-GLOBAL ID:201801020842816245   更新日: 2024年04月14日

齋藤 大輔

サイトウ ダイスケ | Saito Daisuke
研究分野 (1件): その他
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 外科的矯正治療の適応判断に有用な顎顔面形態指標を組み入れた日本版IOFTNの策定
  • 2020 - 2023 顎変形症患者における鼻咽腔領域における気道形態変化のシミュレーションモデルの考案
  • 2019 - 2023 骨質マーカーによる進行性下顎頭吸収発症リスク評価法の確立
論文 (69件):
  • Zhuoyang Zheng, Daichi Hasebe, Daisuke Suda, Naoaki Saito, Daisuke Saito, Jun Nihara, Kaname Nohno, Isao Saito, Tadaharu Kobayashi. Investigation of orthognathic surgery indicators-combination with index of orthognathic functional treatment needs (IOFTN) and maxillofacial morphometric analysis. Oral and maxillofacial surgery. 2024
  • 齋藤 直朗, 須田 大亮, 齋藤 大輔, 佐久間 英伸, 長谷部 大地, 窪田 道男, 小林 正治. 幼児期の下顎骨関節突起骨折により発症した顔面非対称に対して外科的矯正治療を施行した1例. 日本顎変形症学会雑誌. 2023. 33. 4. 268-274
  • 須田 大亮, 長谷部 大地, 齋藤 大輔, 竹山 雅規, 齋藤 功, 小林 正治. 上下顎骨形成術と二次的オトガイ形成術を併用して重度OSAの改善に至った顎変形症患者の1例. 睡眠口腔医学. 2023. 10. 総会特別号. 91-91
  • 鄭 琢揚, 長谷部 大地, 竹内 涼子, 須田 大亮, 齋藤 直朗, 齋藤 大輔, 佐久間 英伸, 丹原 惇, 齋藤 功, 小林 正治. IOFTNと顎顔面形態分析を併用した外科的矯正治療の適応に関する検証. 新潟歯学会雑誌. 2023. 53. 1. 44-44
  • 鄭 琢揚, 長谷部 大地, 竹内 涼子, 須田 大亮, 齋藤 直朗, 齋藤 大輔, 佐久間 英伸, 丹原 惇, 齋藤 功, 小林 正治. IOFTNと顎顔面形態分析を併用した外科的矯正治療の適応に関する検証. 新潟歯学会雑誌. 2023. 53. 1. 44-44
もっと見る
MISC (14件):
  • 齋藤 大輔, 片桐 渉, 須田 大亮, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治. 多発性筋炎が疑われた咀嚼筋腱・腱膜過形成症の1例. 日本顎関節学会雑誌. 2022. 34. Suppl. 144-144
  • 野澤 舞, 三上 俊彦, 船山 昭典, 齋藤 大輔, 須田 大亮, 新美 奏恵, 阿部 達也, 田沼 順一, 新國 農, 西山 秀昌, et al. 口底部に発生した孤立性神経線維腫の1例. 日本口腔診断学会雑誌. 2021. 34. 1. 73-74
  • 野澤 舞, 三上 俊彦, 船山 昭典, 齋藤 大輔, 須田 大亮, 新美 奏恵, 阿部 達也, 田沼 順一, 新國 農, 西山 秀昌, et al. 口底部に発生した孤立性神経線維腫の1例. 日本口腔内科学会雑誌. 2020. 26. 2. 121-122
  • 河原田 壮史, 片桐 渉, 荻野 奈保子, 齋藤 大輔, 三上 俊彦, 船山 昭典, 新美 奏恵, 山崎 学, 田沼 順一, 小林 正治. メトトレキサート投与中止後、顎骨に発生したと考えられたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例. 日本口腔科学会雑誌. 2019. 68. 2. 172-172
  • 齋藤 大輔, 原 太一, 丸山 智, 西山 秀昌, 林 孝文, 小林 正治. 下顎角部に発生した奇形様嚢胞の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2019. 65. 7. 479-483
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る