研究者
J-GLOBAL ID:201801020862364111   更新日: 2021年07月07日

村上 知里

ムラカミ チサト | MURAKAMI Chisato
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): ソフトコンピューティング ,  リハビリテーション科学
論文 (5件):
  • 村上知里、鈴木潔光、二瓶武史、高木亜生. スマートフォンを活用した大学数学の導入教育. 工学教育. 2021. 69. 3. 65-68
  • 小林孝有,栗間智大,杉田卓斗,村上知里,松野裕. 大学研究室におけるアジャイルプロセスの提案と実践. 日本ソフトウェア科学会実践的IT教育研究会. 2021
  • 村上知里, 高橋誠. Selection of solutions of polynomials in displacement estimation for a four degrees of freedom capacitive force sensor. Proceedings of the 2nd International Conference on Life Science & Biological Engineering. 2013. 690-696
  • 村上知里, 高橋誠. Accuracy of displacement estimation and selection of capacitors for a four degrees of freedom capacitive force sensor. International Journal of Computer, Electrical, Automation, Control and Information Engineering. 2013. 7. 9. 1189-1195
  • Chisato Murakami, Yusuke Ishikuro, Makoto Takahashi. Feasibility of novel four degrees of freedom capacitive force sensor for skin interface force. BIOMEDICAL ENGINEERING ONLINE. 2012. 11. 90
MISC (14件):
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (22件):
  • 圧力分布測定装置を用いたヒト座位の内部構造推定アプリケーションの開発
    (電子情報通信学会2021年総合大会 2021)
  • モジュールの不具合判別のための不具合含有率増加データセット作成方法の提案
    (電子情報通信学会2021年総合大会 2021)
  • 大学研究室におけるアジャイル開発プロセスの提案と実践
    (電子情報通信学会KBSE研究会 2020)
  • 音声情報のVR空間上での可視化による議事録作成ツールの開発
    (電子情報通信学会KBSE研究会 2020)
  • QRコードを利用した現在地照会システムのアシュアランスケースを用いた要件定義および 有用性の検討
    (第26回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE2019 2019)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2019/04 - 現在 日本大学 理工学部 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る