研究者
J-GLOBAL ID:201801020878064169   更新日: 2022年03月22日

鈴木 茂樹

スズキ シゲキ | Suzuki Shigeki
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 保存治療系歯学 ,  口腔再生医学、歯科医用工学 ,  ゲノム生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (9件): エピゲノム ,  歯周病学 ,  歯周組織再生 ,  象牙質再生 ,  歯内療法学 ,  歯科保存学 ,  エピジェネティクス ,  細胞外基質 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2021 長鎖非翻訳RNAによる歯周炎発症制御機構の解明
  • 2016 - 2018 新規同定した長鎖非翻訳RNAによる歯髄細胞増殖・分化誘導機序の解明.
  • 2014 - 2015 インテグリン結合RGD配列の近傍切断によるシグナル増強と歯髄組織創傷治癒誘導.
  • 2011 - 2013 成体由来細胞を用いてのエナメル芽細胞樹立と歯胚再生法の確立.
  • 2011 - 骨及び歯牙由来高度リン酸化タンパク質の硬組織再生への応用.
全件表示
論文 (33件):
  • H. Yuan, S. Suzuki, H. Terui, S. Hirata-Tsuchiya, E. Nemoto, K. Yamasaki, M. Saito, H. Shiba, S. Aiba, S. Yamada. Loss of IκBζ Drives Dentin Formation via Altered H3K4me3 Status. Journal of Dental Research. 2022. 002203452210759-002203452210759
  • Rei Sato, Kentaro Maruyama, Eiji Nemoto, Yukihiko Sakisaka, Shigeki Suzuki, Jiajun Li, Kento Numazaki, Hiroyuki Tada, Satoru Yamada. Extracellular Vesicles Derived From Murine Cementoblasts Possess the Potential to Increase Receptor Activator of Nuclear Factor-κB Ligand-Induced Osteoclastogenesis. Frontiers in Physiology. 2022. 13
  • Naoto Haruyama, Takayoshi Yamaza, Shigeki Suzuki, Bradford Hall, Andrew Cho, Carolyn W. Gibson, Ashok B. Kulkarni. Leucine rich amelogenin peptide prevents ovariectomy-induced bone loss in mice. PLOS ONE. 2021. 16. 11. e0259966-e0259966
  • Hang Yuan, Shigeki Suzuki, Shizu Hirata-Tsuchiya, Akiko Sato, Eiji Nemoto, Masahiro Saito, Hideki Shiba, Satoru Yamada. PPARγ-Induced Global H3K27 Acetylation Maintains Osteo/Cementogenic Abilities of Periodontal Ligament Fibroblasts. International Journal of Molecular Sciences. 2021
  • Satoru Yamada, Kenichiro Tsushima, Masaki Kinoshita, Hiromi Sakashita, Tetsuhiro Kajikawa, Chiharu Fujihara, Hang Yuan, Shigeki Suzuki, Takayuki Morisaki, Shinya Murakami. Mouse Model of Loeys-Dietz Syndrome Shows Elevated Susceptibility to Periodontitis via Alterations in Transforming Growth Factor-Beta Signaling. Frontiers in Physiology. 2021. 12
もっと見る
MISC (77件):
  • 鈴木 茂樹. 歯周病治療へのエピゲノム診断の利用を目指して. 文部科学省共同利用・共同研究拠点 / 令和3年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 / 第12回IDEA連携シンポジウム 抄録. 2022
  • 中西惇, 鈴木茂樹, 吉田和真, 平田ー土屋志津, 山田聡, 柴秀樹. ハイブリッド組換えPPを応用した硬組織再生療法の開発. 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2021年度秋季学術大会(第155回) プログラムおよび講演抄録集. 2021
  • 鈴木茂樹, 袁 航, 平田-土屋志津, 根本英二, 齋藤正寛, 柴 秀樹, 山田 聡. IκBζによるH3K4 のトリメチル化を介した反応性象牙質形成制御機構の解析. 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会 2021年度秋季学術大会(第155回) プログラムおよび講演抄録集. 2021
  • Yuan Hang, Shigeki Suzuki, Akiko Sato, Eiji Nemoto, Masahiro Saito, Hideki Shiba, Satoru Yamada. PPARγ-induced global acetylation is required to maintain osteo/cementogenic abilities of periodontal ligament fibroblasts. 日本歯周病学会会誌 63(秋季特別). 2021
  • 丸山 顕太郎, 佐藤 令, 向阪 幸彦, 鈴木 茂樹, 根本 英二, 山田 聡. 周期的伸展刺激を受容したヒト歯根膜線維芽細胞はPGE2を介してM2マクロファージ分化を誘導する. 日本歯周病学会会誌 63(秋季特別). 2021
もっと見る
書籍 (6件):
  • 臨床歯周病学
    医歯薬出版株式会社 2020
  • 歯科再生医学
    2019
  • 保存修復学専門用語集 第2版 Glossary of Operative Dentistry 2017
    医歯薬出版株式会社 2017
  • 歯内療法のレベルアップ&ヒント
    デンタルダイヤモンド社 2017
  • バイオロジカルな歯髄創傷治癒誘導-SIBLINGファミリー.
    歯界展望 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 歯根膜細胞はエネルギー代謝機構を利用して分化能を維持している
    (第64回春季日本歯周病学会学術大会 第54回若手研究者の集い 2021)
  • 招待講演:PPAR gamma-induced global H3K27 acetylation is required to maintain the abilities of extracellular matrix organization and osteo/cementogenesis in periodontal ligament fibroblasts: the possible link between dietary unsaturated fatty acids and periodontal tissue homeostasis
    (The 69th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research (JADR) 2021)
  • 招待講演:第152回日本歯科保存学会シンポジウム3:歯周組織の恒常性維持機構を再考する
    (第152回日本歯科保存学会 2020)
  • 招待講演:Isolation of pro-inflammatory extracellular vesicles from human dental pulp cells
    (7th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry 2018)
  • The usefulness of the modified recombinant phosphophoryn in the hard tissue regeneration
    (The 6th International Workshop on BioDental Education and Research, Hiroshima Peace Seminar 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2006 大阪大学大学院歯学研究科 口腔分子免疫制御学 歯周病分子病態学
  • 1996 - 2002 大阪大学 歯学科
  • 1993 - 1996 京都教育大学教育学部附属高等学校
学位 (1件):
  • 歯学博士 (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 東北大学大学院歯学研究科 口腔生物学講座 歯内歯周治療学分野 講師
  • 2016/08 - 2018/03 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門 統合健康科学部門 歯髄生物学 講師
  • 2012/04 - 2016/07 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門 健康増進歯学(現:歯髄生物学) 助教
  • 2009/04 - 2012/03 広島大学大学院医歯薬総合研究科 顎口腔頸部医科学講座 健康増進歯学 助教
  • 2006/08 - 2009/03 National Institute of Dental and Craniofacial Research, National Institutes of Health (USA) Visiting fellow
全件表示
受賞 (3件):
  • 2010/06 - 日本歯科保存学会 デンツプライ賞
  • 2010/06 - 日本歯科保存学会 奨励賞
  • 2007/08 - National Institutes of Health, USA, National Institutes of Health Visiting Program Award, USA,
所属学会 (4件):
歯科基礎医学会 ,  日本歯内療法学会 ,  日本歯周病学会 ,  日本歯科保存学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る