研究者
J-GLOBAL ID:201801020974669632   更新日: 2020年08月28日

濵地 望

Hamachi Nozomi
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
論文 (12件):
  • 濱地 望, 山口 寿, 金子 秀雄, 高野 吉朗, 中原 雅美, 永井 良治, 江口 雅彦, 松田 憲亮, 池田 拓郎, 岡 真一郎, et al. 地域在住高齢者における生活空間と運動機能との関連. 理学療法科学. 2019. 34. 4. 485-489
  • Kensuke Matsuda, Nozomi Hamachi, Tamotsu Yamaguchi, Shinichiro Oka, Akari Suzuki, Takeyoshi Shimoda, Takuro Ikeda, Masahiko Eguchi, Masami Nakahara, Yoshiharu Nagai, et al. A path analysis of the interdependent relationships between life space assessment scores and relevant factors in an elderly Japanese community. Journal of physical therapy science. 2019. 31. 4. 326-331
  • 岡 真一郎, 永井 良治, 松田 憲亮, 下田 武良, 中原 雅美, 池田 拓郎, 高野 吉朗, 金子 秀雄, 江口 雅彦, 鈴木 あかり, et al. 臨床実習での情意領域に対する教育効果の関連因子 診療参加型臨床実習と従来型臨床実習の比較. 理学療法福岡. 2019. 32. 87-91
  • 山口 寿, 金子 秀雄, 高野 吉朗, 中原 雅美, 永井 良治, 江口 雅彦, 松田 憲亮, 池田 拓郎, 岡 真一郎, 下田 武良, et al. 地域在住高齢者の座位における下肢反応時間と運動機能との関連. 理学療法科学. 2017. 32. 6. 787-791
  • 永井 良治, 中原 雅美, 森田 正治, 下田 武良, 岡 真一郎, 鈴木 あかり, 濱地 望, 池田 拓郎, 金子 秀雄, 高野 吉朗, et al. クリニカルクラークシップの実践に対する調査報告. 理学療法科学. 2017. 32. 5. 713-719
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 男子大学生におけるラバー負荷重心動揺検査と血圧との関連
    (理学療法科学 2019)
  • 健常成人の血管内皮機能とNEATおよび運動機能との関連
    (国際医療福祉大学学会誌 2019)
  • 慢性腰痛者の疼痛閾値と身体機能・心理面の関連
    (国際医療福祉大学学会誌 2019)
  • 地域在住高齢者における生活空間尺度の関連要因に関する研究
    (国際医療福祉大学学会誌 2019)
  • 地域在住高齢者の生活空間に関連する因子 前期高齢者と後期高齢者の比較
    (理学療法学 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 修士(保健医療学) (国際医療福祉大学大学院)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る