研究者
J-GLOBAL ID:201801020995996854   更新日: 2020年09月11日

田村 俊介

タムラ シュンスケ | Tamura Shunsuke
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (4件): 知覚情報処理 ,  精神神経科学 ,  認知脳科学 ,  認知科学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 音声と音楽に対する神経振動帯域間相互作用の解明とその障害
  • 2020 - 2022 言語性幻聴の生起メカニズム:既存モデルの認知神経科学的検討と新規モデルの提案
  • 2020 - 2021 言語性幻聴の治療に有用な聴覚訓練課題及びニューロフィードバックシステムの開発
  • 2018 - 2020 ヒトの音韻知覚メカニズム:「聴覚説」と「音声知覚の運動理論」の統合とその具体化
  • 2017 - 2018 非侵襲的脳機能計測による音声カテゴリー知覚のメカニズムの検討:「音声知覚の運動理論」の観点から
全件表示
論文 (7件):
  • Naotoshi Ohara, Yoji Hirano, Naoya Oribe, Shunsuke Tamura, Itta Nakamura, Shogo Hirano, Rikako Tsuchimoto, Takefumi Ueno, Osamu Togao, Akio Hiwatashi, et al. Neurophysiological face processing deficits in patients with chronic schizophrenia: an MEG study. Frontiers in Psychiatry. 2020
  • Yoji Hirano, Itta Nakamura, Shunsuke Tamura, Toshiaki Onitsuka. Long-term test-retest reliability of auditory gamma oscillations between different clinical EEG systems. Frontiers in Psychiatry. 2020
  • Shunsuke Tamura, Yubin Sung. Brainstem and early cortical auditory activities associated with language differences in acoustic cue weighting for voicing perception. Neuroscience Letters. 2020. 735. 14. 135154
  • Shunsuke Tamura, Kazuhito Ito, Nobuyuki Hirose, Shuji Mori. Precision of voicing perceptual identification is altered in association with voice-onset time production changes. Experimental Brain Research. 2019
  • Shunsuke Tamura, Kazuhito Ito, Nobuyuki Hirose, Mori Shuji. Effects of manipulating the amplitude of consonant noise portion on subcortical representation of voice-onset time and voicing perception in stop consonants. Journal of Speech, Language, and Hearing Research. 2019. 62. 2. 434-441
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 時間的側面から見た音声知覚における感覚運動情報処理の脳内メカニズム:脳磁図と機能的磁気共鳴画像法を用いた検討
    (日本音響学会2019年秋季研究発表会 2019)
  • なぜ同じ破裂音が日本語・韓国語話者で違って聴こえるのか:合成音声刺激による検討
    (日本認知心理学会第17回大会 2019)
  • 磁気共鳴機能画像法と脳磁図を用いた周波数間無音検出の脳内機構
    (日本音響学会聴覚研究会 2018)
  • 磁気共鳴機能画像法と脳磁図を用いた聴覚時間知覚解析
    (日本音響学会2018年秋季研究発表会 2018)
  • Searching for a measure of auditory temporal resolution: Preliminary data.
    (The 34th Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2018) 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2017 - 2020 九州大学 情報学専攻
  • 2015 - 2017 九州大学 ユーザー感性学専攻
  • 2011 - 2015 九州大学 音響設計学科
学位 (1件):
  • 学術 (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2020/06 - 現在 九州大学大学院 医学研究院 精神病態医学 特任助教
  • 2020/04 - 2020/05 九州大学大学院 医学研究院精神病態医学 学術研究員
  • 2018/04 - 2020/03 日本学術振興会 特別研究員 DC2
受賞 (2件):
  • 2017/03 - 九州大学 学生表彰
  • 2016/05 - 日本音響学会 学生優秀発表賞
所属学会 (2件):
日本生物学的精神医学会 ,  日本音響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る