研究者
J-GLOBAL ID:201801021026053019   更新日: 2021年02月15日

重盛 駿

Suguru Shigemori
所属機関・部署:
職名: 助教(特定雇用)
研究分野 (2件): 動物生産科学 ,  動物生命科学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2024 経口用乳酸菌オリゴDNA微粒子の最適化と腸管上皮を起点とする免疫制御機構の解明
  • 2019 - 2023 免疫チェックポイント阻害乳酸菌による肺癌発癌予防・進展予防効果の検証
  • 2020 - 2022 スマート乳酸菌の創製研究
  • 2018 - 2021 老舗醸造蔵に宿る微生物ライブラリーの構築
  • 2017 - 2021 乳酸菌オリゴDNAを有効成分とする経口用ナノカプセルを用いた免疫調節機構の解明
全件表示
論文 (27件):
  • Ayane Mikami, Tasuku Ogita, Fu Namai, Suguru Shigemori, Takashi Sato, Takeshi Shimosato. Oral Administration of Flavonifractor plautii, a Bacteria Increased With Green Tea Consumption, Promotes Recovery From Acute Colitis in Mice via Suppression of IL-17. Frontiers in Nutrition. 2021. 7. 610946
  • Fu Namai, Aito Murakami, Asami Ueda, Masami Tsukagoshi, Suguru Shigemori, Tasuku Ogita, Takashi Sato, Takeshi Shimosato. Construction of Genetically Modified Lactococcus lactis Producing Anti-human-CTLA-4 Single-Chain Fragment Variable. Molecular Biotechnology. 2020. 62. 11-12. 572-579
  • Kentaro Yumoto, Takashi Sato, Kentaro Nakashima, Fu Namai, Suguru Shigemori, Takeshi Shimosato, Takeshi Kaneko. Nasally Administered Lactococcus lactis Secreting Heme Oxygenase-1 Attenuates Murine Emphysema. Antioxidants. 2020. 9. 11. 1049-1049
  • Suguru Shigemori, Fu Namai, Tasuku Ogita, Takashi Sato, Takeshi Shimosato. Oral priming with oligodeoxynucleotide particles from Lactobacillus rhamnosus GG attenuates symptoms of dextran sodium sulfate-induced acute colitis in mice. Animal Science Journal. 2020. 91. 1. e13468
  • Fu Namai, Suguru Shigemori, Tasuku Ogita, Takashi Sato, Takeshi Shimosato. Microbial therapeutics for acute colitis based on genetically modified Lactococcus lactis hypersecreting IL-1Ra in mice. Experimental & Molecular Medicine. 2020. 52. 9. 1627-1636
もっと見る
MISC (2件):
書籍 (1件):
  • 月刊BIOINDUSTRY 2020年5月号
    シーエムシー出版 2020
講演・口頭発表等 (56件):
  • 大腸菌ミューテーター株を用いたマウス腸内における環境適応解析
    (第42回日本分子生物学会年 2019)
  • 乳酸菌オリゴDNAを有効成分とする経口用微粒子がもたらす急性大腸炎の予防効果
    (日本畜産学会第126回大会 2019)
  • IL-1RA分泌乳酸菌組換え体の大腸炎における炎症改善効果と盲腸内細菌叢への影響
    (日本畜産学会第126回大会 2019)
  • Lactococcus lactis組換え体の産生する抗インターロイキン4低分子抗体の免疫調節作用
    (酪農科学シンポジウム2019 2019)
  • 抗CTLA-4低分子抗体を産生するLactococcus lactis組換え体の構築
    (酪農科学シンポジウム2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 信州大学 生物・食料科学専攻
  • 2012 - 2014 信州大学 機能性食料開発学専攻
  • 2008 - 2012 信州大学 食料生産科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (信州大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 信州大学 先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所 助教(特定雇用)
  • 2018/04 - 2019/03 信州大学 アソシエイト研究員
  • 2017/09 - 2018/03 筑波大学 医学医療系 助教
  • 2017/04 - 2017/08 筑波大学 医学医療系 研究員
  • 2014/04 - 2017/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
受賞 (3件):
  • 2015/09 - 日本畜産学会 第120会大会優秀発表賞
  • 2014/09 - 日本酪農科学会 平成26年度酪農科学シンポジウム若手優秀ポスター賞
  • 2014/03 - 信州大学農学部 信州大学農学部賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る