研究者
J-GLOBAL ID:201801021039217959   更新日: 2021年09月25日

谷田 勇樹

タニダ ユウキ | Tanida Yuki
研究分野 (3件): 実験心理学 ,  認知科学 ,  教育心理学
研究キーワード (5件): 記憶 ,  言語 ,  数認知 ,  算数・数学 ,  コーパス分析
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 単位分数の心的表象の性質と分数理解および数認知発達の関連についての検討
  • 2018 - 2021 分数の数覚を支える元素的分数の特定と分数数覚を向上させる学習プログラムの開発
  • 2017 - 2019 ワーキングメモリパラダイムを用いた分数に対する数覚を支える認知過程の解明
  • 2012 - 2014 心理学実験とシミュレーションによる韻律・音素・意味処理の発達的変化についての検討
  • 2011 - 2011 身体化 (embodiment) された認知の統合的理解を目指して-Towards a Unified Model of Embodied Cognition-
全件表示
論文 (9件):
もっと見る
MISC (26件):
  • Yuki Tanida, Masahiko Okamoto. Complexity of processing to activate magnitude representation for common fractions and precision of their magnitude representations in fraction magnitude comparison. CogSci2021, Proceedings of the Annual Meeting of the Cognitive Science Society. 2021. 43. 3400-3400
  • Yuki Tanida, Atsushi Kumamoto, Masahiko Okamoto. Working memory components underpinning the magnitude representation of common fractions in Japanese university students. 21st Conference of the European Society for Cognitive Psychology. 2019. PS3.67. 296
  • Tanida, Y, Okamoto, M. Numerical Distance Effect on Fraction Comparison Involving Common Fractions: Which Common Fractions Have More Precise Magnitude Representations Than Uncommon Fractions?. International Convention of Psychological Science. 2019
  • Taniguchi, S, Tanida, Y, Okamoto, M. Effect of denominator in the fraction on number line estimation: an exploration of the list of the basic fraction in Japanese university students. CogSci2018. 2018
  • Taniguchi, S, Tanida, Y, Okamoto, M. An attempt to investigate the anchor point of 1/2 for fraction magnitude representations using the number line estimation task. 20th Conference of the European Society for Cognitive Psychology. 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 言語性ワーキングメモリと語彙環境構造の相互依存性
    (日本心理学会第82回大会 2018)
  • The role of temporal factors and long-term phonotactic knowledge in verbal short-term memory
    (International Conference on Working Memory 2014)
  • The influences of long-term prosodic knowledge on delayed nonword repetition
    (卓越した大学院拠点形成支援補助金プロジェクト 若手国際ワークショップ"Psychological Science in Education" 2014)
  • 非単語復唱における音素配列と韻律の相補的関係
    (日本認知心理学会第11回大会 2013)
  • Effects of phonotactic and prosodic knowledge on phonological short-term memory
    (Design Psychology Workshop on Memory and Language 2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2011 - 2016 京都大学大学院 教育科学専攻 教育認知心理学講座 博士後期課程
  • 2009 - 2011 京都大学大学院 教育科学専攻 教育認知心理学講座 博士前期課程
  • 2005 - 2009 大阪府立大学 人間科学科
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 大阪府立大学 人間社会システム科学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2017/01 - 2020/03 大阪大学 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科 特任助教(常勤)
  • 2016/10 - 2016/12 大阪大学 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科 附属子どものこころの分子統御機構研究センター 特任助教(非常勤)
  • 2016/08 - 2016/09 大阪大学 大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科 附属子どものこころの分子統御機構研究センター 特任研究員
  • 2014/05 - 2014/07 University of Bristol School of Experimental Psychology Research Student
全件表示
所属学会 (2件):
日本認知心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る