研究者
J-GLOBAL ID:201801021103302426   更新日: 2021年05月04日

タン ワイキアン

タン ワイキアン | Tan Wai Kian
ホームページURL (1件): http://ion.ee.tut.ac.jp
研究分野 (5件): ナノ材料科学 ,  材料加工、組織制御 ,  複合材料、界面 ,  構造材料、機能材料 ,  無機材料、物性
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 付加製造技術(3Dプリンタ)用セラミック原料粉末の高次設計 〜レーザ直接3D造型を目指して〜
  • 2020 - 2021 Reduced graphene oxide composites as hybrid electrodes for batteries application
  • 2020 - 2021 真球状複合顆粒を用いた機能性傾斜高温構造用セラミックスの開発
  • 2018 - 2021 Development of functional iron oxide nanostructures for heavy metal adsorption
  • 2018 - 2019 エアロゾルデポジションを活用した酸化亜鉛ナノ構造設計
全件表示
論文 (96件):
  • Wai Kian Tan, Takaya Kuwana, Atsushi Yokoi, Go Kawamura, Atsunori Matsuda, Hiroyuki Muto. Electrostatically assembled SiC-Al2O3 composite particles for direct selective laser sintering. Advanced Powder Technology. 2021
  • Wai Kian Tan, Minoru Umemoto. International Industrial Internship: A Case Study from a Japanese Engineering University Perspective. Education Sciences. 2021. 11. 4. 156-156
  • Siti Azlina Rosli, Nurhaswani Alias, Nurulhuda Bashirom, Syahriza Ismail, Wai Kian Tan, Go Kawamura, Atsunori Matsuda, Zainovia Lockman. Hexavalent Chromium Removal via Photoreduction by Sunlight on Titanium-Dioxide Nanotubes Formed by Anodization with a Fluorinated Glycerol-Water Electrolyte. 2021. 11. 3. 376-376
  • Pei Gie Gan, Sung Ting Sam, M.F. Abdullah, Mohd Firdaus Omar, Wai Kian Tan. Water Resistance and Biodegradation Properties of Conventionally-Heated and Microwave-Cured Cross-linked Cellulose Nanocrystal/Chitosan Composite Films. Polymer Degradation and Stability. 2021. 109563-109563
  • Rajesh Kumar, Sumanta Sahoo, Ednan Joanni, Rajesh K. Singh, Wai Kian Tan, Kamal K. Kar, Atsunori Matsuda. Recent progress on carbon-based composite materials for microwave electromagnetic interference shielding. 2021
もっと見る
MISC (5件):
  • Faisal Budiman, Tan Wai Kian, Khairunisak Abdul Razak, Atsunori Matsuda, Zainovia Lockman. The Assessment of Cr(VI) Removal by Iron Oxide Nanosheets and Nanowires Synthesized by Thermal Oxidation of Iron in Water Vapour. 5TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON RECENT ADVANCES IN MATERIALS, MINERALS AND ENVIRONMENT (RAMM) & 2ND INTERNATIONAL POSTGRADUATE CONFERENCE ON MATERIALS, MINERAL AND POLYMER (MAMIP). 2016. 19. 586-593
  • 小原一紘, 河村剛, TAN Wai Kian, 後藤太一, 高木宏幸, 中村雄一, 武藤浩行, 山口一弘, 松田厚範. ゾル-ゲル法による強磁性鉄系酸化物薄膜の作製と磁気光学効果. 日本ゾル-ゲル学会討論会講演予稿集. 2016. 14th. 73
  • W.K.Tan, P.B.Lim, M.Umemoto, A.Mastuda. Activities of Global Technolgy Education in NUT-KOSEN-TUT. The 9th International Symposium on Advances in Technology Education. 2015. Transactions of ISATE 2015. 16-18
  • Ng Chai Yan, Khairunisak Abdul Razak, Tan Wai Kian, Go Kawamura, Atsunori Matsuda, Zainovia Lockman. The Formation of Nanoporous WO3 Anodic Film for Electrochromic Devices by Anodic Oxidation of W. International Conference of Global Network for Innovative Technology (IGNITE2014). 2014. 2014-003-35-0078. 249-251
  • G.Kawamura, H.Ohmi, W.K.Tan, H.Muto, A.Matsuda. TiO2 Nanotube Arrays Deposited with Ag Nanoparticles for Electrodes of Dye-Sensitized Solar Cells. International Conference of Global Network for Innovative Technolgy(IGNITE2014) Proceeding. 2014. 2014-02-11-0036. 127-131
書籍 (12件):
  • 3Dプリンタ用新規材料開発
    エヌ・ティー・エス 2021
  • AD法による透明セラミックナノ複合膜の開発
    一般社団法人ニューガラスフォーラム 2020
  • 3Dプリンタ用材料開発と造形物の高精度化
    情報技術協会 2020
  • マテリアルデザインのための粒子集積化技術
    日本セラミックス協会 2020
  • ナノ粒子分散複合AD膜の作製、エアロゾルデポジション法の新展開 -常温衝撃固体化現象活用の最前線-
    シ-・エム・シ-出版 2019 ISBN:9784781314099
もっと見る
講演・口頭発表等 (113件):
  • Ni(OH)2/rGO 電極の作製とNi-Fe 電池への応用
    (日本セラミックス協会 2020年年会)
  • 複合顆粒の組成比制御による多孔質傾斜材料の開発
    (日本セラミックス協会 2020年年会)
  • 複合顆粒の設計とマクロ構造制御されたセラミック部材の開発
    (日本セラミックス協会 2020年年会 2020)
  • 高次に集積化されたセラミックス粉末の設計とレーザ積層造形への応用
    (第58回セラミックス基礎科学討論会 2020)
  • 静電吸着法を用いたSiC-BN 複合粒子の作製
    (第58回セラミックス基礎科学討論会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2011 - 2014 Toyohashi University of Technology
  • 2008 - 2010 Universiti Sains Malaysia
  • 2004 - 2008 Universiti Sains Malaysia
学位 (1件):
  • 博士(工学) (豊橋技術科学大学)
経歴 (2件):
  • 2014/04 - 2017/12 Toyohashi University of Technology Center for International Education Project Assistant Professor
  • 2010/11 - 2011/09 STMicroelectronics Process Engineer
委員歴 (4件):
  • 2020/05 - 現在 Journal of Composites Science Reviewer Board
  • 2019/04 - 現在 日本セラミックス協会 東海支部 東海若手セラミスト
  • 2014 - 現在 豊橋技術科学大学 同窓会 役員
  • 2014/04 - 2017/12 IGNITE Committee member
受賞 (13件):
  • 2020/12 - 日本セラミックス協会 日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 優秀講演賞 静電集積顆粒の生成機構の解明 ~粒径と表面電荷の影響~
  • 2019/11 - 公益社団法人日本セラミックス協会東海支部 学術研究発表会 優秀講演賞 静電集積技術を用いた高次集積複合顆粒の設計と作製
  • 2019/11 - 日本セラミックス協会東海支部 優秀講演賞 静電相互作用を用いた粒子集積過程における顆粒形成機構の調査
  • 2019/03 - 一般社団法人電気学会 東海支部長賞 複合粒子を出発原料として用いた機能性複合AD膜の作製
  • 2019/03 - 公益社団法人 日本セラミックス協会 2019年年会 優秀ポスタ-賞 静電相互作用を利用した真球状複合顆粒の作製
全件表示
所属学会 (3件):
日本ゾルーゲル学会 ,  無機マテリアル学会 ,  日本セラミックス協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る