研究者
J-GLOBAL ID:201801021158415106   更新日: 2024年07月11日

安川 和孝

ヤスカワ カズタカ | Yasukawa Kazutaka
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 地球資源工学、エネルギー学 ,  固体地球科学 ,  大気水圏科学 ,  地球人間圏科学
研究キーワード (19件): 深海堆積物 ,  海底鉱物資源 ,  レアアース泥 ,  マンガンノジュール ,  レアメタル ,  地球化学 ,  多変量解析 ,  独立成分分析 ,  クラスター分析 ,  地球システム ,  地球掘削科学 ,  国際深海科学掘削計画 ,  地球化学循環 ,  モデリング ,  古海洋 ,  気候変動 ,  古第三紀 ,  PETM ,  Eocene hyperthermals
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2026 地質・物理・化学・統計の統合解析による海底Fe-Mn酸化物探査手法の確立
  • 2023 - 2026 顕生代海洋における堆積性レアメタル鉱床生成史の解明
  • 2020 - 2025 地球環境変動・資源生成の真に革新的な統合理論の創成
  • 2020 - 2023 高精度地球化学分析と数理手法で読み解く温室地球とレアアース資源生成の因果律
  • 2017 - 2022 海底マンガン酸化物鉱床とレアアース泥の一体解析による統一的成因の解明
全件表示
論文 (61件):
  • B. Niederbockstruck, H. L. Jones, K. Yasukawa, I. Raffi, E. Tanaka, T. Westerhold, M. Ikehara, U. Röhl. Apparent Diachroneity of Calcareous Nannofossil Datums During the Early Eocene in the High-Latitude South Pacific Ocean. Paleoceanography and Paleoclimatology. 2024. 39. e2023PA004801
  • K. Mimura, K. Nakamura, K. Yasukawa, E. C. Sibert, J. Ohta, T. Kitazawa, Y. Kato. Applicability of Object Detection to Microfossil Research: Implications From Deep Learning Models to Detect Microfossil Fish Teeth and Denticles Using YOLO-v7. Earth and Space Science. 2024. 11. 32023EA003122
  • Yusuke Kuwahara, Kazutaka Yasukawa, Erika Tanaka, Kentaro Nakamura, Minoru Ikehara, Yasuhiro Kato. Multi-elemental Statistical Features of Early Paleogene Sediments from the Mid-latitude Eastern Indian Ocean. 2023
  • Kentaro Nakamura, Koichi Horinouchi, Ryo Shimomura, Shiki Machida, Kazutaka Yasukawa, Koichiro Fujinaga, Tatsuo Nozaki, Yasuhiro Kato. Geochemical insights into secular changes in the depositional environment of ferromanganese nodules in the western North Pacific. Deep Sea Research Part I: Oceanographic Research Papers. 2023. 104227-104227
  • Yoichi Usui, Kazutaka Yasukawa, Koichi Iijima, Hideaki Machiyama, Yuji Ichiyama, Erika Tanaka, Koichiro Fujinaga. X-ray computed tomography of deep-sea clay as tools to detect rare earth elements and yttrium enrichment. Island Arc. 2023
もっと見る
MISC (75件):
  • 発起人, 尾張聡子, 岡崎啓史, 奥津なつみ, 桑野太輔, 濱田洋平, 安川和孝. 掘削科学研究の将来に関する意見書. 2023
  • Yasukawa, Kazutaka, Tanaka, Erika, Miyazaki, Takashi, Vaglarov, Bogdan S, Chang, Qing, Nakamura, Kentaro, Ohta, Junichiro, Fujinaga, Koichiro, Iwamori, Hikaru, et al. R script for k-means cluster analysis with whitening and projection pursuit for a chemical composition dataset of pelagic clay around Minamitorishima Island in the western North Pacific Ocean. Zenodo. 2023
  • 山内才蔵, 安川和孝, 中村謙太郎, 中村謙太郎, 藤永公一郎, 藤永公一郎, 大田隼一郎, 大田隼一郎, 加藤泰浩, 加藤泰浩. モンテカルロDCF法による南鳥島レアアース泥開発の経済性評価. 資源・素材学会春季大会(Web). 2023. 2023
  • 澤嵜友彦, 石田美月, 大田隼一郎, 大田隼一郎, 中村謙太郎, 中村謙太郎, 安川和孝, 加藤泰浩, 加藤泰浩. 新潟県佐渡島の金銀鉱床から産出した金銀鉱石の地球化学的特徴. 資源・素材学会春季大会(Web). 2023. 2023
  • 平子雅啓, 安川和孝, 中村謙太郎, 中村謙太郎, 加藤泰浩, 加藤泰浩. 深海堆積物のグローバル地球化学データ構造の統計解析. 日本地質学会学術大会(Web). 2022. 129th
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2012 - 2015 東京大学 大学院工学系研究科システム創成学専攻 博士課程
  • 2008 - 2010 東京大学 大学院工学系研究科システム創成学専攻 修士課程
  • 2006 - 2008 東京大学 工学部 システム創成学科環境・エネルギーシステムコース
  • 2004 - 2006 東京大学 教養学部 理科1類
学位 (1件):
  • 博士 (工学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2022/06 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター 准教授
  • 2019/03 - 2022/05 東京大学 大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター 講師
  • 2015/04 - 2019/03 東京大学 大学院工学系研究科システム創成学専攻 助教
  • 2012/04 - 2015/03 日本学術振興会特別研究員DC1
委員歴 (1件):
  • 2024 - 現在 日本地球掘削科学コンソーシアム (J-DESC) IODP部会執行委員
受賞 (2件):
  • 2014/05 - 日本地球惑星科学連合 日本地球惑星科学連合2014年大会 固体地球科学セクション学生優秀発表賞
  • 2013/06 - 日本地球惑星科学連合 日本地球惑星科学連合2013年大会 固体地球科学セクション学生優秀発表賞
所属学会 (4件):
日本地球惑星科学連合 ,  日本地球化学会 ,  日本地質学会 ,  日本希土類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る