研究者
J-GLOBAL ID:201801021182751036   更新日: 2021年08月05日

松﨑 賢寿

マツザキ タカヒサ | TAKAHISA MATSUZAKI
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://park.saitama-u.ac.jp/~nakabayashi-lab/
研究分野 (3件): 生体材料学 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  生体医工学
研究キーワード (6件): 緑茶カテキン ,  がん転移 ,  発生 ,  生体内の硬さ環境(場の硬さ、細胞膜の硬さ) ,  反射干渉顕微鏡 ,  高分子(ポリアクリルアミド)
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2028 多臓器発生を最大化する「場と細胞膜」の硬さの定量解明
  • 2021 - 2024 局所硬化に基づく小腸発生の理解とその制御
  • 2019 - 2021 細胞膜の軟化に基づく炎症誘起メカニズムの定量解明
  • 2020 - 2021 界面の硬さが切り拓くがん転移メカニズムの定量解明
  • 2020 - 国内特許申請の費用補助(知財評価委員会を通して)
全件表示
論文 (13件):
  • Kanae Hiyoshi, Kaito Saito, Narumi Fukuda, Takahisa Matsuzaki, Hiroshi Y. Yoshikawa, Sachiko Tsuda. Two-Photon Laser Ablation and In Vivo Wide-Field Imaging of Inferior Olive Neurons Revealed the Recovery of Olivocerebellar Circuits in Zebrafis in press. 2021
  • Yoshinori Abe, Keisuke Meguriya, Takahisa Matsuzaki, Teruki Sugiyama, Hiroshi Y. Yoshikawa, Miyo Terao Morita, Masatsugu Toyota. Micromanipulation of amyloplasts with optical tweezers in Arabidopsis stems. Plant Biotechnology. 2020. 37. 4. 405-415
  • Naritaka Kobayashi, Shodai Togo, Takahisa Matsuzaki, Kaede Hashiseko, Ryuzo Kawamura, Masami Suganuma, Seiichiro Nakabayashi, Yosuke Yoneyama, Rie Ouchi, Takanori Takebe, et al. Stiffness distribution analysis in indentation depth direction reveals clear mechanical features of cells and organoids by using AFM. Applied Physics Express. 2020. 13. 097001
  • Suganuma Masami, Rawangkan Anchalee, Wongsirisin Pattama, Kobayashi Naritaka, Matsuzaki Takahisa, Yoshikawa Hiroshi Y., Watanabe Tatsuro. Stiffening of Cancer Cell Membranes Is a Key Biophysical Mechanism of Primary and Tertiary Cancer Prevention with Green Tea Polyphenols. CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 2020. 68. 12. 1123-1130
  • Takahisa Matsuzaki, Shinya Matsumoto, Toshiharu Kasai, Emi Yoshizawa, Satoshi Okamoto, Hiroshi Y. Yoshikawa, Hideki Taniguchi, Takanori Takebe. Defining Lineage-Specific Membrane Fluidity Signatures that Regulate Adhesion Kinetics. STEM CELL REPORTS. 2018. 11. 4. 852-860
もっと見る
MISC (6件):
特許 (2件):
  • 複合体、複合体の製造方法および化合物
  • 細胞選別法
講演・口頭発表等 (37件):
  • 水溶性歪みジイン化合物を用いた細胞表面修飾法の開発
    (日本化学会 第101春季年会(2021) 2021)
  • Click反応による細胞接着の化学的制御〜高次の組織形成を目指して〜*ポスター賞最終選考に選抜*
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • Mechanics of extracellular matrix and cell membrane defines life phenomena
    (International Workshop on Emergence of Life-Nano-Bio Science 2021)
  • 細胞接着界面の膜分子配列性の評価:がん細胞と正常細胞の比較
    (第58回日本生物物理学会年会 † 2020)
  • Evaluation of molecular packing of cancer cell membrane at cell substrate interface by fluorescence and interference reflection mi
    (第58回日本生物物理学会年会 2020)
もっと見る
学歴 (5件):
  • - 2016 埼玉大学
  • - 2013 埼玉大学
  • - 2011 埼玉大学
  • - 2011 埼玉大学
  • - 2007 栃木県立 宇都宮高等学校 3月1日
経歴 (12件):
  • 2021/08 - 現在 大阪大学 大学院 工学研究科 物理学系専攻 応用物理学コース 助教
  • 2019/07 - 2021/07 埼玉大学 大学院理工学研究科戦略的研究部門 助教
  • 2019/05 - 2020/03 東京医科歯科大学 統合研究機構 非常勤講師
  • 2019 - 2019 埼玉大学 非常勤研究員(2ヶ月)
  • 2019 - 2019 東京医科歯科大学 統合研究機構 特任研究員(1ヶ月間)
全件表示
受賞 (2件):
  • 2021/06 - JST創発的研究事業 田中パネル 第1回創発の場(Zoomパネル会議) Best Question Award
  • 2019/03 - Prof. Dr. Motomu Tanakaが主催するKyoto Winter School “Quantifying Dynamics of Life”, Kyoto university Discussion award
所属学会 (3件):
高分子学会 ,  生物物理学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る