研究者
J-GLOBAL ID:201801021223483335   更新日: 2019年10月09日

河原幸江

カワハラユキエ | Kawahara Yukie
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/pharm/
研究分野 (2件): 外科系歯学 ,  薬理学一般
研究キーワード (5件): マイクロダイアリシス ,  中枢神経系 ,  モノアミン ,  認知 ,  情動
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2018 - 2021 精神疾患への静脈内鎮静法の安全性の検証と新たな歯科治療ストレス軽減法の開発
  • 2018 - 2021 依存症はうつ状態の有無で病態メカニズムが異なる!その治療法の開発と分子機構の解明
  • 2018 - 2021 肥満者や2型糖尿病患者に見られる意志力低下とそのメカニズムの解明
  • 2017 - 2019 認知症ならびにうつ病患者への静脈内鎮静法の安全性の検証と新規ストレス軽減法の開発
  • 2016 - 2019 複数のエピジェネティクス解析を用いたコカイン感受性亢進責任遺伝子の同定
全件表示
論文 (22件):
  • Takahide Shuto, Mahomi Kuroiwa, Naoki Sotogaku, Yukie Kawahara, Yong-Seok Oh, Jin-Hyeok Jang, Chang-Hoon Shin3 ● Yoshinori N. Ohnishi, Yuuki Hanada, Tsuyoshi Miyakawa, Yong Kim, Paul Greengard, Akinori Nishi. Obligatory roles of dopamine D1 receptors in the dentate gyrus in antidepressant actions of a selective serotonin reuptake inhibitor, fluoxetine. Molecular Psychiatry. 2018
  • Hanada Y, Kawahara Y, Ohnishi YN, Shuto T, Kuroiwa M, Sotogaku N, Greengard P, Sagi Y, Nishi A. p11 in Cholinergic Interneurons of the Nucleus Accumbens Is Essential for Dopamine Responses to Rewarding Stimuli. eNeuro. 2018. 5. 5
  • Kaneko F, Kawahara Y, Kishikawa Y, Hanada Y, Yamada M, Kakuma T, Kawahara H, Nishi A. Long-Term Citalopram Treatment Alters the Stress Responses of the Cortical Dopamine and Noradrenaline Systems: the Role of Cortical 5-HT1A Receptors. The international journal of neuropsychopharmacology. 2016. 19. 8
  • Kishikawa Y, Kawahara Y, Yamada M, Kaneko F, Kawahara H, Nishi A. The spontaneously hypertensive rat/Izm (SHR/Izm) shows attention deficit/hyperactivity disorder-like behaviors but without impulsive behavior: therapeutic implications of low-dose methylphenidate. Behavioural brain research. 2014. 274. 235-242
  • Yamada M, Kawahara Y, Kaneko F, Kishikawa Y, Sotogaku N, Poppinga WJ, Folgering JH, Dremencov E, Kawahara H, Nishi A. Upregulation of the dorsal raphe nucleus-prefrontal cortex serotonin system by chronic treatment with escitalopram in hyposerotonergic Wistar-Kyoto rats. Neuropharmacology. 2013. 72. 169-178
もっと見る
MISC (31件):
  • 田尻 祐司, 坂井 勇介, 河原 幸江, 西 昭徳, 児島 将康, 御船 弘治. 運動環境下のラットにおける高脂肪食に対する嗜好性について. 日本体質医学会雑誌. 2018. 80. 2. 170-171
  • 河原 幸江, 大西 克典, 石橋 正敏, 河原 博, 西 昭徳. コカイン誘発性の行動感作と場所嗜好における前頭前野ドーパミン放出とD1受容体の役割(Involvement of conical dopamine release and D1 receptors in cocaine-induced sensitization and place preference). 日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2017. 39回・47回. 160-160
  • 田尻祐司, 坂井勇介, 河原幸江, 西昭徳, 児島将康, 御船弘治. 運動環境下のラットにおける高脂肪食に対する嗜好性について. 日本体質医学会雑誌. 2017. 79. 3. 203-203
  • 御船弘治, 坂井勇介, 河原幸江, 原健人, 田尻祐司, 児島将康. グレリンのドーパミン報酬系を介した自発運動の動機付けについて. 日本内分泌学会雑誌. 2017. 93. 1. 291-291
  • 田尻 祐司, 坂井 勇介, 河原 幸江, 御船 弘治, 児島 将康, 山田 研太郎. 運動環境下のラットにおける高脂肪食に対する嗜好性について. 糖尿病. 2017. 60. 2. 198-199
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (2件):
  • ストレス科学辞典
    実務教育出版 2011
  • 分子のささやきを聴く マイクロダイアリシス研究のあゆみと展開-マイクロダイアリシス研究会25周年記念誌
    応用編:第7章 情動系に関する研究について 2014
講演・口頭発表等 (4件):
  • 脳内モノアミン神経系を介する情動の発現機構:マイクロダイアリシスを用いた研究
    (久留米大学医学部動物実験センター創立40周年記念誌 2008)
  • Bimodal effect of peripherally-administered ghrelin on the mesolimbic dopamine system is dependent on the food consumption
    (2) Monitoring Molecules in Neuroscience 2008)
  • フロキセチン慢性投与は海馬歯状回ドーパミンD1受容体シグナル増強によりストレス誘発性セロトニン応答を抑制する.
    (第68回日本薬理学会西南部会 2015)
  • こころの動きと脳のはたらき ~喜びと不安~
    (第15回市民公開講座「Do You 脳? 知っていますか脳のこと」 2017)
学歴 (2件):
  • 1985 - 1991 九州歯科大学 歯学部 歯学科
  • 1991 - 1995 九州歯科大学 大学院歯学研究科
学位 (1件):
  • 歯学博士 (九州歯科大学)
経歴 (3件):
  • 2003/04 - 2008/03 久留米大学 助手 (2005年より助教に名称改訂)
  • 2007/11 - 2016/03 久留米大学 講師
  • 2016/04 - 現在 久留米大学 准教授
委員歴 (2件):
  • 2012/11 - 現在 日本神経精神薬理学会 学術評議委員
  • 2004/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
所属学会 (4件):
日本歯科麻酔学会 ,  日本脳科学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る