研究者
J-GLOBAL ID:201801021278662239   更新日: 2021年01月08日

鈴木 隆史

スズキ タカフミ | Suzuki Takafumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/msc/msc11/index.html
研究分野 (2件): 数理物理、物性基礎 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): 相転移 ,  強相関電子系 ,  量子モンテカルロ ,  磁性 ,  統計物理学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2021 量子スピン液体実現に向けた大型スーパーコンピュータによる材料探索
  • 2016 - 2019 ボーズ系・量子スピン系におけるトポロジカル絶縁体とその端状態に対する数値的研究
  • 2013 - 2016 多成分冷却原子気体における新奇量子物性の探索
  • 2009 - 2011 勾配を持つポテンシャル中の有限温度下秩序状態
論文 (53件):
MISC (4件):
  • Hyun-Yong Lee, Takafumi Suzuki, Yong Baek Kim, Naoki Kawashima. Anisotropy as a diagnostic test for distinct tensor network wavefunctions of integer and half-integer spin Kitaev quantum spin liquids. arXiv:2008.10792. 2020
  • Youhei Yamaji, Takafumi Suzuki, Mitsuaki Kawamura. Numerical Algorithm for Exact Finite Temperature Spectra and Its Application to Frustrated Quantum Spin Systems. 2018
  • Takafumi Suzuki, Masahiro Sato. Unavoidable Gapless Boundary State and Boundary Superfluidity of Trapped Bose Mott States in Two-Dimensional Optical Lattices. 2015
  • Jie Lou, Takafumi Suzuki, Kenji Harada, Naoki Kawashima. Study of the Shastry Sutherland Model Using Multi-scale Entanglement Renormalization Ansatz. arXiv:1212.1999. 2012
講演・口頭発表等 (18件):
  • 蜂の巣格子上の$K-\Gamma$モデルの基底状態相図
    (日本物理学会2020年秋季大会 2020)
  • 蜂の巣格子Heisenberg-Γ模型の基底状態
    (日本物理学会2020年秋季大会 2020)
  • 蜂の巣格子拡張キタエフ模型の基底状態相図2
    (日本物理学会第75回年次大会 2020)
  • Quantized excitation spectra in quasi-one-dimensional S=1 spin chains
    (International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019 (SCES '19) 2019)
  • 磁場中イジングスピン鎖における量子化された\Delta S=2励起スペクトル
    (日本物理学会 2019年秋季大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2005 大阪大学 応用物理学専攻 博士後期課程
  • 2002 - 2004 大阪大学 応用物理学専攻 博士前期課程
  • 1998 - 2002 大阪大学 応用自然科学科
経歴 (2件):
  • 2011/04 - 現在 兵庫県立大学 大学院 工学研究科 准教授
  • 2005/11 - 2011/03 東京大学 物性研究所 助教
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る